小泉昭男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小泉 昭男
こいずみ あきお
生年月日 (1945-10-06) 1945年10月6日(72歳)
出生地 神奈川県川崎市
出身校 東京都立園芸高等学校
前職 川崎市議会議員
参議院議員
現職

国土交通部会副部会長
国土建設関係団体副委員長
運輸交通関係団

体副委員長
所属政党 自由民主党山崎派→無派)
称号 旭日重光章

選挙区 神奈川県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2004年7月26日 - 2016年7月25日

当選回数 5回
在任期間 1987年 - 2004年
テンプレートを表示

小泉 昭男(こいずみ あきお、1945年10月6日 - )は、日本政治家自由民主党所属の前参議院議員(2期)。

参議院決算委員長農林水産副大臣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)、財務大臣政務官第1次安倍改造内閣)、川崎市議会議員(5期)、同議長を歴任。

略歴[編集]

東京都立園芸高等学校卒業。1987年川崎市議会議員選挙に出馬し当選。市議会議長も務めた。

2004年第20回参議院議員通常選挙神奈川県選挙区(定数3)から出馬し、神道政治連盟の支援を受け初当選。2007年に発足した第1次安倍改造内閣では、財務大臣政務官に就任。選挙前に古巣の山崎派を離脱し無所属となる[要出典]2010年第22回参議院議員通常選挙では神奈川県選挙区で再選。同年10月に参議院国土交通委員長に就任。 自転車活用推進議員連盟幹事[1]

2014年9月3日第2次安倍改造内閣農林水産副大臣に就任。

2015年6月、2016年7月の第24回参議院議員通常選挙の候補者として自民党神奈川県連に公認を申請したが、同年8月これを取り下げ、「後進に道を譲る」との理由から任期限りで引退することを表明した[2]。議員引退後も党活動・政治活動は続けるという。

2016年1月、参議院決算委員長に就任。同年11月、旭日重光章を受章。

不祥事[編集]

  • 2004年に提出した資産報告書において、3300万円の貸付金の未記載が判明し、訂正を行った[3]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自転車活用推進議員連盟メンバーリスト
  2. ^ 三原じゅん子氏を公認申請…小泉参院議員引退へ 読売新聞 2015年8月14日
  3. ^ 日本経済新聞 2007年9月7日
  4. ^ 毎日新聞2010年参院選候補者アンケート
  5. ^ [1]
  6. ^ 超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ Archived 2011年4月15日, at the Wayback Machine.
  7. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会[リンク切れ]
  8. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
議会
先代:
小坂憲次
日本の旗 参議院決算委員長
2016年
次代:
石井正弘
先代:
徳永久志
日本の旗 参議院北朝鮮による拉致
問題等に関する特別委員長

2013年 - 2014年
次代:
中曽根弘文
先代:
牧野京夫
日本の旗 参議院国土交通委員長
2010年 - 2011年
次代:
岡田直樹
公職
先代:
江藤拓
吉川貴盛
日本の旗 農林水産副大臣
阿部俊子と共同
2014年 - 2015年
次代:
伊東良孝
齋藤健
先代:
江崎洋一郎
椎名一保
日本の旗 財務大臣政務官
宮下一郎と共同
2007年 - 2008年
次代:
三ツ矢憲生
末松信介