足鹿覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
足鹿 覚
あしか かく
生年月日 1904年12月28日
出生地 鳥取県米子市
没年月日 (1988-05-16) 1988年5月16日(83歳没)
出身校 東京帝国大学セツルメント労働学校
前職 農民運動、労働運動
所属政党 社会党
称号 勲二等旭日重光章、米子市名誉市民

日本の旗 衆議院議員
当選回数 7回
在任期間 1949年 -

日本の旗 参議院議員
当選回数 1回
在任期間 1968年 -
テンプレートを表示

足鹿 覚(あしか かく、1904年(明治37年)12月28日1988年(昭和63年)5月16日)は、日本政治家。元衆議院議員参議院議員。元全日本農民組合連合会長。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

鳥取県米子市出身[1]

生家は半家計は苦しく、そうした環境が彼に労働者としての自覚を促した[2]

農民運動[編集]

東京帝国大学セツルメント労働学校を終えた後、帰郷して農民運動をする[1]1926年(大正15年)労働農民党の創立に参加し、労働組合運動にも参加[1]

政治家として[編集]

1931年(昭和6年)米子市議、1935年(昭和10年)鳥取県議を経て、戦後は社会党に入り、1949年(昭和24年)から衆議院議員に7期当選[1]1968年(昭和43年)から参議院議員1期[1]。農政を中心とする思想・見識は国民の共感を得た[2]

1955年(昭和30年)秋、ソ連訪問、欧州各国を視察、1957年(昭和32年)日本農業技術団副団長として新中国を訪問、両国の国交調整を図った[3]

1975年(昭和50年)から1984年(昭和59年)まで全日農会長をつとめた[1]

人物像[編集]

趣味は盆栽[3]

受賞[編集]

勲二等旭日重光章[1]、米子市名誉市民[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)14頁
  2. ^ a b 近代史を飾った 西部人物伝
  3. ^ a b 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 ア…55頁。

外部リンク[編集]