吉田達男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉田 達男(よしだ たつお、1935年7月5日 - 1998年1月16日)は、日本政治家参議院議員(1期)。

来歴[編集]

鳥取県出身。1959年中央大学法学部卒。鳥取大学農学部林政研究室勤務の後、岩美町商工会を設立、経営指導員や事務局長を経て、1967年鳥取県議会議員に5選。この間に農民運動や労働者福祉運動などで活動し、小田川流域土地改良区理事長や商工協会役員等を歴任した。1989年第15回参議院議員通常選挙で鳥取選挙区から無所属で立候補して当選。のち、共同会派「日本社会党・護憲共同」入りした。1995年第17回参議院議員通常選挙では落選した。1996年、岩美町長に当選。1997年に病気のため辞職。翌1998年に死去。

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。