川上義博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
川上義博
かわかみ よしひろ
生年月日 1950年10月26日(65歳)
出生地 鳥取県東伯郡琴浦町
出身校 青山学院大学経営学部
前職 相沢英之衆議院議員秘書
民主党所属参議院議員
所属政党 自由民主党→)
無所属→)
グループ改革→)
(自由民主党→)
(無所属→)
民主党→)
無所属(自民党二階派
称号 経営学士
公式サイト 川上義博HP

日本の旗 内閣総理大臣補佐官
(政治主導による政策運営及び国会対策担当)
内閣 野田内閣 (第3次改造)
在任期間 2012年10月2日 - 2012年12月26日

選挙区 鳥取県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年7月30日 - 2013年7月28日

選挙区 鳥取2区
当選回数 1回
在任期間 2003年11月11日 - 2005年8月8日

選挙区 東伯郡選挙区
当選回数 2回
在任期間 1995年4月23日 - 2003年4月22日
テンプレートを表示

川上 義博(かわかみ よしひろ、1950年10月26日 - )は、日本の元政治家

内閣総理大臣補佐官野田第三次改造内閣)、参議院議員(1期)、衆議院議員(1期)、鳥取県議会議員(2期)を歴任。

概要[編集]

略歴[編集]

鳥取県東伯郡琴浦町農家に生まれる。

鳥取県立由良育英高等学校青山学院大学経営学部経営学科卒業。大学卒業後、衆議院議員相澤英之の秘書を務める。相澤が経済企画庁長官に就任した際は、大臣秘書官も務めた。

1995年鳥取県議会議員選挙に出馬し、初当選。鳥取県議時代は自由民主党に所属していた。県議を2期務めた後、2003年第43回衆議院議員総選挙鳥取2区から無所属で出馬し、かつて仕えた相澤英之らを破り当選する。保守無所属の新人議員5人で院内会派グループ改革」を結成し代表に就任したが、2004年12月に自民党に復党し、亀井派に入会。

2005年7月、郵政民営化法案の採決で反対票を投じたため、9月の第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認を得られず、無所属で出馬したが、自民党公認の赤沢亮正に敗れ、落選した。総選挙後、自民党党紀委員会から離党勧告を受け、再び自民党を離党。

2006年民主党に入党。郵政造反組で民主党に鞍替えしたのは川上が初めてである(後に松宮勲小林興起らも民主党に入党)。2007年第21回参議院議員通常選挙に民主党公認で鳥取県選挙区から出馬。公共事業に抑制的な党本部の方針に逆らい、選挙戦では地方への公共事業の必要性を説き、自民党の常田享詳を破り当選した。

2008年3月、日本銀行総裁国会同意人事において、武藤敏郎総裁案の採決で棄権した。

2010年第22回参議院議員通常選挙では、「鳥取を悪くしたのは自民党」と、自民党を批判する選挙運動を展開[1] したが、民主党が擁立した坂野真理は自民党公認の浜田和幸に惨敗し、川上は鳥取県連代表を辞任した。

2012年9月民主党代表選挙では「女性宰相を誕生させる会」を発足させ、田中真紀子を総理大臣にしようとするが[2]、田中が民主党代表選挙への出馬を拒否したため頓挫した。

2012年10月第3次野田改造内閣内閣総理大臣補佐官に就任。

2013年7月21日第23回参議院議員通常選挙では、その前に民主党を離党した議員を『民主党では戦えない』と自己保身に走っただけと批判し、「民主党の復活・再生をこの手でなし遂げたい」と気勢を挙げた[3]が、民主党への逆風から「政党より個人」と方針を転向。民主党やその支持母体の労働組合を冷遇したことから関係が悪化した上、無党派からの支持も取り込めずに、自民党新人の舞立昇治に破れ、落選した[4]。同年12月、民主党を離党した[5]

2016年2月4日、自由民主党の二階派に入会。2016年2月21日米子市の新年会で自由民主党にリベラル派の議員がいなくなったことを理由に、党内でリベラル派議員として活動するために、自由民主党への復党を目指すと表明した。また、復党の条件として比例代表として擁立することを要求したが第24回参議院議員通常選挙では公認も得られず出馬していない。[6]

政策・主張[編集]

鳥取県のための経済成長戦略[編集]

内政[編集]

外交姿勢・活動[編集]

  • 2008年2月27日、韓国ソウルで行われた大統領・李明博の就任式に白眞勲と共に参加。「李大統領は地方参政権実現へ強い熱意がある。皆さんの長年の思いに応えることはもちろん、韓日関係の成熟化と相互発展のために、ぜひ実現にこぎつけたい」と発言した[10]
  • 2009年9月17日、在日本大韓民国民団の大阪本部が主催する当選祝賀懇親会に白眞勲と共に参加。「皆さんに約束し、ウソをついたら、ウソ政党になってしまう」と強い決意を表明した[11]


  • 2009年10月29日、在日本大韓民国婦人会中央本部創立60周年記念式典に参加し、「地方参政権について、きのう山岡国会対策委員長と小沢幹事長が話し合い、来年の通常国会では必ず成立させるということだった。早期実現にがんばりたい」と発言した[12]


  • 2009年11月26日、韓国汝矣島で開催された第3回韓日国会議員フォーラムに参加。「日本は単一民族と主張する人がいるが、多民族、多文化に向けた社会を構築する必要性がある」 とし「在日同胞を含めた在日永住外国人に対する地方参政権を推進している」と述べた[13]


  • 2010年1月8日、民主党国会対策委員長の山岡賢次は、鳥取市内で開かれた会合で「外国人参政権付与の実現に向けて小沢一郎幹事長を動かしている。川上さんは「平成の坂本龍馬」なんて言われている」と評価した[14]。2010年3月19日、山岡謙次と一緒に韓国大使館を訪問し、韓国大使の権哲賢に外国人参政権法案の成立が困難な状況であることを報告した[15]。2010年4月2日に川上から議員立法として「永住外国人への地方参政権付与法案」を成立させるように求められた際、小沢は「無理だ」と拒否し今国会への提出を認めなかった[16]


  • 2010年5月、中国の環球時報によるインタビューに対し、「靖国神社の戦犯を痛罵したい。」「北朝鮮に対して経済制裁をした場合、北朝鮮はとても誇り高い国なので、自力で立ち直り、自給自足を始めるでしょう」と述べ、北朝鮮への経済制裁には効果がないとの見解を表明した[17]


  • 2009年11月21日、川崎市内で開催された慰安婦集会に千葉景子法務大臣と共に祝電を打った。同集会は、9月に韓国富川市で『日本軍慰安婦問題解決を促す決議』を推進した市議を招いて開催されたもの[18]



中国建国61周年を祝うレセプションに出席が判明した政党所属の50名は次の通り。  

菅内閣閣僚・副大臣】 細川律夫厚生労働相、松本龍環境相、大畠章宏経済産業相、平岡秀夫総務副大臣
【他の民主党議員】辻元清美柳田和己藤井裕久江端貴子前田武志田城郁大泉博子稲見哲男今野東古賀一成江田五月首藤信彦大島九州男奥村展三山本剛正川上義博岩本司藤田一枝矢崎公二石毛えい子川越孝洋
【自民党】 二階俊博加藤紘一野田毅村田吉隆茂木敏充 らと野中広務元衆議院議員
【公明党】神崎武法元衆議院議員、山口那津男代表、東順治井上義久石井啓一遠藤乙彦斉藤鉄夫石田祝稔大口善徳高木陽介遠山清彦魚住裕一郎松あきら渡辺孝男
【共産党】 井上哲士
【社民党】 福島瑞穂重野安正照屋寛徳服部良一
【みんなの党】 松田公太[20]

2012年12月22日、尖閣諸島周辺での中国機による領空侵犯に関して記者会見を開き、「中国政府高官」から「日本が領有権問題の存在を認めないことが原因であること」や「日中間の係争を前提に問題を棚上げする『新しい共通認識』の提案を拒否すれば危険なことになる」などの説明を受けたと発表した。ただし、「中国政府高官」については肩書も氏名も明らかにしなかった[21]

歴史認識[編集]

  • 2013年5月15日の参院予算委員会で、安倍晋三総理大臣の「歴史認識は歴史家に任せる」という発言について、「ドイツのワイツゼッカー大統領演説のように各国首脳が歴史のことを直視しようと述べているが、安倍総理はすべての歴史を歴史家に任せるのか。歴史観があなたにはないのか」「近隣諸国では安倍総理はヌエみたいな人でよく分からないという評価が定着する」などの批判を行った[22]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] 民自、激しい批判合戦 参院選鳥取選挙区 - NetNihonkai-日本海新聞
  2. ^ 朝日新聞 2012年8月28日22時42分 [2]
  3. ^ 民主党ホームページ [3]
  4. ^ 山陰中央日報 2013/07/23 [4]
  5. ^ 川上元参院議員が民主離党 時事ドットコム 2013年12月11日
  6. ^ 毎日新聞 2015年2月22日 川上義博氏 自民復党意欲 「郵政解散」で離党、国政復帰目指ふ[5]
  7. ^ 鳥取県選出 5国会議員 新春座談会
    質問:人口60万人を割った鳥取県の地域経済にとって必要な成長戦略は何と考えますか。そのための政策は。
    川上 私は、なぜ地方参政権を一生懸命取り組んでいるかと言えば、今の日本は“戦後”の状況に陥り、夢も展望も見いだせないからです。ではどこに展望を見いだすか。一つは定住外国人を受け入れ、多民族多文化国家を作ることです。日本は少子化がどんどん進んでいる。そのリスクを回避するため定住外国人を受け入れて地域社会をつくることが必要です。
    定住外国人と一緒に力をあわせて新しい社会を形成する。その一里塚が地方参政権だと思っています。それは結果的に国の安全保障につながるという信念を持ってます。劇的に日韓関係は変わり、北朝鮮も含めた朝鮮半島の安定化にもつながっていくと信じています。鳥取県には遅れている道路、鉄道、通信のインフラ整備を着実に行うことが最低限必要です。その上で、この地でしかないものをつくり上げていくことでしょう。
  8. ^ 第169回国会法務委員会請願3567号
  9. ^ 環球時報2010年5月5日付記事。
  10. ^ “逆境克服へ共に尽力 民団、就任祝賀宴で誓う”. 民団新聞. (2008年2月27日). http://www.mindan.org/search_view.php?mode=news&id=9388 2010年2月9日閲覧。 
  11. ^ “<参政権>推進議員固め着実に 新人中心に念押し”. 民団新聞. (2009年10月28日). http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=3583&corner=2 2010年2月9日閲覧。 
  12. ^ [6]
  13. ^ 亜洲経済(2009-11-26) 韓日の有識人が集まり 新韓日関係を語る [7]
  14. ^ “外国人参政権「通常国会で必ず成立」 山岡氏 ”. 産経新聞. (2009年10月28日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100109/stt1001091713008-n1.htm 2010年2月9日閲覧。 
  15. ^ “外国人参政権法案の今国会提出は困難 民主・山岡氏が韓国大使に”. 産経新聞. (2010年1月13日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100319/plc1003190103000-n1.htm 2010年4月23日閲覧。 
  16. ^ “外国人参政権法案 小沢氏、議員立法での今国会提出も認めず”. 産経新聞. (2009年4月3日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100109/stt1001091713008-n1.htm 2010年7月30日閲覧。 
  17. ^ 日议员:想痛骂靖国神社战犯(日本の国会議員:私は靖国神社の戦犯を痛罵したい) 2010-05-05 環球時報 [8]中国对北朝鲜能够产生的影响是众所周知的。中国向北朝鲜提供了大量的能源和粮食,如果把这些供应停止,我想北朝鲜的生存就会发生困难。北朝鲜这个国家和民族自尊心是很强的,受到外来压力的时候,他们不会马上屈辱,而是会靠自力更生、自给自足来解决自己国家的吃饭问题。
  18. ^ 「「慰安婦」集会に祝電を打った「千葉景子」法相」(週刊新潮2009-12-03号p.38)
  19. ^ 漁船衝突ビデオ 公開先延ばし・責任押し付け…政府、国民無視の対中配慮 (2/2ページ) - MSN産経ニュース
  20. ^ 中国建国記念レセプション 日本の議員50人出席もあいさつなし - MSN産経ニュース
  21. ^ 産経新聞「尖閣提案を無視 領空侵犯の原因」中国高官 2012.12.22 08:01[9]
  22. ^ 民主党ホームページ [10]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

ウェブサイト[編集]