小林国司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 国司(こばやし くにじ、1908年1月10日 - 1993年7月9日)は、日本政治家自由民主党参議院議員(3期)。農林官僚

経歴[編集]

鳥取県出身。1936年東京帝国大学農学部農業土木科卒。農林省に入り、建設部長、北陸農政局などを歴任し、1968年第8回参議院議員通常選挙全国区から自由民主党公認で立候補して当選した。以来連続2期務める。1980年第12回参議院議員通常選挙には立候補しなかったが、翌1981年石破二朗の死去に伴う参議院補欠選挙鳥取県選挙区から自民党公認で立候補して当選した。国会内では参議院農林水産委員長、懲罰委員長などを務め、党内では参議院自由民主党副幹事長を歴任した。1986年に引退(後継者は坂野重信)。1993年死去。

参考文献[編集]