西村尚治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西村 尚治(にしむら しょうじ、1911年2月1日 - 1997年10月15日)は、日本の郵政官僚政治家参議院議員総理府総務長官沖縄開発庁長官

来歴・人物[編集]

鳥取県東伯郡大栄町(現:北栄町)出身。第六高等学校を経て、1936年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年10月、高等試験行政科試験に合格し逓信省に入省。戦後は郵政省で簡易保険局長、郵務局長などを経て、1962年5月、郵政事務次官に就任した。1964年に退官。

1965年7月、第7回参議院議員通常選挙全国区自由民主党から出馬し初当選。その後、第9回第11回参議院議員通常選挙でも再選された。1983年6月の第13回参議院議員通常選挙では鳥取県選挙区に転じて再選され連続4期務めたが、1989年7月の第15回参議院議員通常選挙では落選し、政界を引退。自民党では佐藤栄作田中角栄竹下登派に所属した。

参議院議員としては、内閣委員長予算委員長沖縄北方特別委員長自由民主党政務調査会副会長、自民党参議院議員副会長などを務める。また、1976年9月、三木内閣の総理府総務長官兼沖縄開発庁長官に就任した。

その他、全国特定郵便局長会顧問などを務めた。

1989年11月、勲一等瑞宝章を受章。

1997年10月15日死去。享年86。

参考文献[編集]