西村尚治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西村 尚治(にしむら しょうじ、1911年明治44年)2月1日[1] - 1997年平成9年)10月15日[2])は、日本の郵政官僚政治家参議院議員[3]。国務大臣総理府総務長官沖縄開発庁長官[2]

来歴・人物[編集]

鳥取県東伯郡大栄町(現・北栄町)出身[1]第六高等学校を経て、1936年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年10月、高等試験行政科試験に合格し逓信省に入省。中野郵便局[4]。戦後は郵政省に移り簡易保険局長、郵務局長などを経て、1962年、郵政事務次官に就任した[1]1964年に退官[1]

1965年7月、第7回参議院議員通常選挙全国区自由民主党から出馬し初当選。その後、第9回第11回参議院議員通常選挙でも再選された。この間、特定郵便局関係者の支援を受けており、第9回の選挙では関係者13人が逮捕されている[5]

1983年6月の第13回参議院議員通常選挙では鳥取県選挙区に転じて再選され連続4期務めたが、1989年7月の第15回参議院議員通常選挙では落選し、政界を引退。自民党では佐藤栄作田中角栄竹下登派に所属した。

参議院議員としては、内閣委員長予算委員長沖縄北方特別委員長自由民主党政務調査会副会長、自民党参議院議員副会長などを務める。また、1976年9月、三木内閣の総理府総務長官兼沖縄開発庁長官に就任した。

その他、全国特定郵便局長会顧問などを務めた。

1997年10月15日死去。享年86。住所は鳥取県倉吉市山根、東京都目黒区八雲3丁目[3]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 西村 尚治とはコトバンク。2021年5月18日閲覧。
  2. ^ a b c 北栄町名誉町民北栄町公式サイト。2021年5月18日閲覧。
  3. ^ a b 『政治家人名事典』397頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、322頁
  5. ^ 「元官僚派の違反目立つ」『中國新聞』昭和46年7月8日7面
  6. ^ 「秋の叙勲 受章者4492人 隠れた功労積み重ねた人にも光」『読売新聞』1989年11月3日朝刊。

参考文献[編集]

  • 『政治家人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056