仲原善一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仲原 善一(なかはら ぜんいち、1905年明治38年)11月6日[1] - 1980年昭和55年)4月4日[1][2][3])は、日本の農林技官政治家参議院議員

経歴[編集]

鳥取県出身[1][2]。1932年(昭和7年)京都帝国大学農学部農林経済学科を卒業した[1][2][3]

農林省小作官、農林技師、海軍技師、鳥取県農地部長、同農林部長、同経済部長などを歴任[2]太平洋戦争初頭に海軍民政府要員として南方に派遣された[2]

1956年(昭和31年)7月の第4回参議院議員通常選挙鳥取地方区から自由民主党所属で出馬して当選[1][2][3]第6回通常選挙でも当選し、参議院議員を2期務めた[1][2][3]。この間、自民党鳥取県連会長、同党政務調査会農林部会副部会長、参議院自民党副幹事長、同国会対策副委員長、第1次池田内閣北海道開発政務次官、参議院農林水産委員長、同地方行政委員長などを務めた[1][2][3]

その他、鳥取県農業協同組合中央会会長、運輸審議会会長なども務めた[2]

1980年4月、パーキンソン病で治療中に、心不全により鳥取県東伯郡の自宅で死去した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典』444頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』373頁。
  3. ^ a b c d e f 『現代物故者事典 1980〜1982』233頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 1980〜1982』日外アソシエーツ、1983年。
議会
先代
藤野繁雄
日本の旗 参議院農林水産委員長 次代
梶原茂嘉
先代
岸田幸雄
日本の旗 参議院地方行政委員長 次代
津島文治