上條勝久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上條 勝久(かみじょう かつひさ、1910年(明治43年)8月29日 - 2011年(平成23年)12月27日)は、日本内務官僚建設官僚、政治家参議院議員(2期)を務めた。

来歴[ソースを編集]

宮崎県児湯郡高鍋町出身。旧制高鍋中学校卒。1936年に宮崎県庁に入り、1941年に内務省に転じる。1945年、内務省国土局内務理事官。1957年国土地理院総務部長になる。建設省大臣官房福利厚生課長を経て、1965年建設大学校校長。退官後、全国建設研修センター理事長、日本道路公団顧問を経て、1974年の参院選で宮崎県地方区から自由民主党公認で立候補して当選。2期務めた。この間、1977年から1978年まで科学技術政務次官、1981年から1982年まで参議院地方行政委員長に就任。1986年の参院選でも立候補したが、無所属上杉光弘に敗れた。

2006年、「町民の安全な暮らしや交通網の発達に大きな功績をあげた」として高鍋町名誉町民に推載された[1]2011年死去[2]

エピソード[ソースを編集]

宮崎県職員時代、当時木城町にあった武者小路実篤の「新しき村」の場所にダム建設が行われることになり、上條は土地収用の交渉に当たった。村に20日間通いつめ、労働を手伝い、夜は文学を語り、当初ダム建設に絶対反対だった実篤に気に入られ、ついに判を押させたという[3]

出典・脚注[ソースを編集]

  1. ^ 高鍋の人物”. 高鍋町. 2012年1月29日閲覧。
  2. ^ 高鍋町名誉町民 上條勝久様がお亡くなりになりました”. 高鍋町. 2012年1月29日閲覧。
  3. ^ 朝日新聞社編『新人国記5』(1983年)pp.20

参考文献[ソースを編集]

  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。