坂元親男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂元 親男(さかもと ちかお、1911年2月2日 - 1998年4月17日)は、日本政治家衆議院議員参議院議員宮崎県北諸県郡高崎町(現都城市)出身。

来歴・人物[編集]

1932年京都高等蚕糸学校(現京都工芸繊維大学)卒業[1]宮崎県議会議員を5期務めた後、1969年の衆院選に自由民主党公認で出馬し初当選(当選同期に小沢一郎羽田孜梶山静六林義郎渡部恒三奥田敬和綿貫民輔塩崎潤森喜朗村田敬次郎松永光江藤隆美中山正暉浜田幸一など)。1972年の衆院選で落選。1976年の参議院議員補選に宮崎県選挙区から無所属で出馬し当選。その後自民党に復党。参議院当選3回。自民党では番町政策研究所三木武夫河本敏夫派)に所属。1988年12月から翌年の6月まで竹下内閣北海道開発庁長官沖縄開発庁長官を務めた。1989年政界引退。同年11月、勲一等瑞宝章を受章。

1998年4月17日胆嚢癌のため死去。享年88(87歳没)。

脚注[編集]