外山斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
外山 斎
とやま いつき
生年月日 ( 1976-04-23) 1976年4月23日(41歳)
出生地 日本の旗宮崎県日南市
出身校 宮崎県立日南高等学校
エセックス大学社会学部(中退)
所属政党 民主党→)
無所属→)
(民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
生活の党→)
(無所属→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会→)
希望の党
公式サイト 外山イツキ(外山斎)公式サイト

選挙区 宮崎県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年 - 2012年12月4日
テンプレートを表示

外山 斎(とやま いつき、1976年4月23日 - )は、日本政治家。元参議院議員(1期)。選挙活動などでは外山イツキの表記も使用している。

経歴[編集]

宮崎県日南市生まれ。宮崎県立日南高等学校卒業後、イギリスエセックス大学社会学部に留学した(卒業論文のテーマは日本の部落差別[1]

2005年、大学に籍を置いたまま帰国し、第44回衆議院議員総選挙民主党公認で宮崎3区から出馬するが、無所属古川禎久郵政民営化法案の採決で反対票を投じたため自由民主党の公認を得られず)、自民党公認の持永哲志に敗れ、得票数最下位で落選。その後大学を中退し、2006年に非議員ながら民主党宮崎県連副代表・青年局長に就任[2][3]

2007年7月の第21回参議院議員通常選挙では、直前に民主党を離党し[4]、民主・社民国民新3党の推薦を受け無所属宮崎県選挙区から出馬。自民党現職の小斉平敏文らを破って初当選した。当選後は、参議院院内会派「民主党・新緑風会」に所属[5]2008年国籍法改正案の採決では、反対票を投じる[6]2009年10月20日民主党幹事長(当時)・小沢一郎の要請を受け、民主党へ復党した[7]

2012年、野田内閣の消費増税方針に反発し、7月2日に民主党に離党届を提出し[8][9][10]、7月3日に受理された[11][12]。同月11日の国民の生活が第一の結党に参加した[13]

同年の衆議院解散を受けて、12月16日投開票の第46回衆議院議員総選挙に、国民の生活が第一が合流した日本未来の党公認候補として、宮崎1区から立候補することが内定。12月4日の公示を受けて立候補を届け出たため、公職選挙法の規定により、参議院議員を退職(失職)し、衆院選に挑戦するも落選。日本未来の党分裂後は、生活の党に所属。

2013年6月20日、7月21日の第23回参議院議員通常選挙後に生活の党を離党する意向を表明し[14]、無所属となった。

2014年11月12日、翌月の第47回衆議院議員総選挙に宮崎1区から立候補する意向を表明し[15]、11月21日に維新の党の公認を受けたが[16]、落選し、後に維新の党宮崎県総支部代表代行に就任した。

2015年10月の維新分裂騒動では維新の党解党を支持[17]。10月24日、維新の党の特別党員として、維新の党の大阪系議員主導による臨時党大会に参加し[18]、10月31日、臨時党大会に参加した議員の多くとおおさか維新の会結党大会に参加した[19]。12月7日、みやざき維新の会(おおさか維新の会宮崎県総支部)を設立する方針を明らかにし[20]、12月21日、宮崎県庁記者会見を開いて維新の党宮崎県総支部の解散とみやざき維新の会の設立を宮崎県選挙管理委員会に届け出ると発表した[21]

2016年1月13日付でみやざき維新の会設立の届け出が受理されると代表代行に就任し[22]、2月9日におおさか維新の会衆院宮崎1区支部長就任が発表された[23][24]

2017年9月に希望の党からの出馬打診を受け維新を離党。希望の党からは当初宮崎3区からの鞍替えを打診された為に無所属での宮崎1区からの出馬も検討していたものの[25]、宮崎1区の1次公認を受けた道休誠一郎が辞退したことにより2次公認を受けた[26]。この選挙(第48回衆議院議員総選挙)で外山は宮崎1区で自民党前職の武井俊輔に惨敗し、比例復活も果たせず落選した[27]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入にどちらかといえば反対[28]
  • 憲法改正で自衛隊の役割や限界を明記し、緊急事態条項を定めることに賛成[29]
  • 集団的自衛権の行使を認める閣議決定をどちらかと言えば評価しない。
  • 女性宮家創設に賛成[29]
  • 原発は日本に不要[29]。原発再稼働に反対[30]
  • アベノミクスを評価しない[29]
  • いわゆる慰安婦の強制連行を事実上認めた河野談話や安倍政権による日韓慰安婦合意に反対。日韓合意は「日本側の完敗」「売国ではないかとさえ思える」と評価[31]

親族[編集]

公式ホームページによると、祖母の父が笹尾源之丞(第一駆逐艦隊司令・殉職・海軍大佐)、高祖父は伊東祐麿(すけまろ)海軍中将貴族院議員・子爵。祐麿の弟、初代連合艦隊司令長官伊東祐亨(すけゆき)海軍大将元帥・伯爵は高祖叔父にあたる[32]

活動[編集]

河野洋平の参考人招致要求[編集]

慰安婦問題に関する「河野談話」に関して、国民の生活が第一時代に外山は「私は、この河野談話が歴史を歪め、そしてさらに言えば、今日の日韓の関係を間違った方向に導いたのではないかというふうに感じております。」「どうして証拠も無いのに、この河野談話というものを野田内閣は踏襲されるのか」「無いけど、まあ、韓国側の従軍慰安婦と言われる方々の証言だけを元に日本政府はこの河野談話を発表した。私はこれは大変問題だというふうに思っています。」「この談話の中には、「甘言、強圧によるなど本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、さらに官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった」っていうふうに書かれているんです。要はこれは強制連行を示しているというふうに思いますが、この文言だけで、もう私は否定するべきだと思います」と述べて、河野洋平参考人招致を要求した[33]。これに対して、予算委員長は「後刻理事会で協議を致します。」と回答、理事会で同じ党の森裕子が改めて参考人招致を主張した[34]。また、当時内閣総理大臣であった野田佳彦が答弁で河野談話踏襲を明言している[35]

これについて、韓国の中央日報は外山斎を「極右政治家」と名指しで批判し、さらに国家公安委員会委員長(当時)の松原仁がこの談話について「閣内で議論を深めていきたい」などと河野談話撤回に含みを持たせた答弁を行って、慰安婦の強制連行の証拠が存在しなかったとする外山の発言を否定しなかったこと等から[36]、「日本政界の極右政治家に続き、首相や閣僚までが日本軍従軍慰安婦の強制性を否認する発言に合流」「『証拠はないが談話は継承する』という態度は07年の安倍内閣以降の日本政府の基本立場だが、首相が公式的な席で明らかにしたのは異例だ。」「慰安婦問題“妄言リレー”」と激しく非難した[37]

所属していた団体・議員連盟[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “衆院選候補者はこんな人 3区(届け出順)”. 西日本新聞. (2005年9月3日). オリジナル2007年9月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070912231141/http://www.nishinippon.co.jp/news/2005/shuuin/miyazaki/kiji/0903.html 
  2. ^ “第21回参議院議員通常選挙候補者名簿 外山 斎” (プレスリリース), 社会民主党, (2007年7月5日), オリジナル2009年9月7日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090907074030/http://www5.sdp.or.jp/central/topics/07sanin/kouho/toyama.html 
  3. ^ 参議院議員 外山イツキ(外山斎)公式サイト|宮崎県選出 - プロフィール - 外山イツキプロフィール”. 2012年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月4日閲覧。
  4. ^ “社民、宮崎で前民主県連副代表を推薦”. 読売新聞. (2007年6月22日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/news/20070622ia03.htm 
  5. ^ “外山斎氏、民主党会派入りへ 宮崎選挙区で初当選”. 朝日新聞. (2007年8月3日). http://www.asahi.com/senkyo2007/news/SEB200708030001.html 
  6. ^ 本会議投票結果
  7. ^ “外山参院議員が民主入党、社民宮崎「極めて遺憾」”. 読売新聞. (2009年10月21日). オリジナル2009年10月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20091024071953/http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/politics/20091021-OYS1T00501.htm 
  8. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  9. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  10. ^ “離党届を提出した衆参議員一覧…小沢ガールズも”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120705002041/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000620-yom-pol 
  11. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  12. ^ “「造反事実ない」と参院12人の離党届を受理”. 読売新聞. (2012年7月4日). オリジナル2012年7月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120710020547/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00000135-yom-pol 
  13. ^ “「国民の生活が第一」所属議員と役職一覧”. 読売新聞. (2012年7月12日). オリジナル2012年7月15日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20120715063253/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120712-OYT1T00364.htm 
  14. ^ 外山斎オフィシャルブログ「これから」より(2013-06-20閲覧)
  15. ^ “外山氏立候補に意欲 衆院選宮崎1区”. 宮崎日日新聞. (2014年11月13日). http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_9221.html 
  16. ^ “「短期決戦の構図」 宮崎1区 「野党競合」で本番へ”. 西日本新聞. (2014年11月27日). http://www.nishinippon.co.jp/feature/representatives_election_2014_miyazaki/article/129609 
  17. ^ 外山斎オフィシャルブログ「維新の党解党」より(2015-10-20閲覧)
  18. ^ itsuki.toyamaの投稿 (725328714240107) - Facebook
  19. ^ itsuki.toyamaの投稿 (727633027343009) - Facebook
  20. ^ “みやざき維新の会設立 外山氏方針”. 宮崎日日新聞. (2015年12月8日). http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_16150.html 
  21. ^ “維新の党県総支部:「みやざき維新の会」を設立へ /宮崎”. 毎日新聞. (2015年12月22日). https://mainichi.jp/articles/20151222/ddl/k45/010/295000c 
  22. ^ “おおさか維新の会が宮崎に総支部 参院選候補者擁立へ”. 産経新聞. (2016年1月15日). http://www.sankei.com/region/news/160115/rgn1601150029-n1.html 
  23. ^ “おおさか維新の会衆議院支部長選任者リスト” (プレスリリース), おおさか維新の会, (2016年2月9日), https://o-ishin.jp/news/2016/images/3c22506e8e6c1312652f8fcbf6047ff861507e31.pdf 
  24. ^ “外山氏、立候補へ 次期衆院選宮崎1区”. 宮崎日日新聞. (2016年2月10日). http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_17237.html 
  25. ^ 外山斎オフィシャルブログ「改革保守と偽物」より(2017-10-02閲覧)
  26. ^ “民進宮崎「希望」に泣く 擁立の2氏が相次ぎ出馬断念 保守系中山氏と相いれず”. 西日本新聞. (2017年10月5日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/representatives_election_2017_miyazaki/article/363711/ 
  27. ^ “【衆院選(衆議院選挙)】:衆議院選挙2017:開票結果・速報(小選挙区・宮崎県):選挙:読売新聞 : 読売新聞”. 読売新聞. (2017年10月23日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/kaihyou/ya45.html#k001 2017年10月25日閲覧。 
  28. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  29. ^ a b c d 毎日新聞候補者アンケート
  30. ^ 「原発再稼働と火力発電所停止」
  31. ^ 「慰安婦問題 日韓外相会談」
  32. ^ 外山斎プロフィール
  33. ^ “河野元官房長官の招致要求=生活”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年8月27日). オリジナル2012年8月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120830010334/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000050-jij-pol 
  34. ^ “思わぬ「李明博効果」 河野談話見直し論噴出”. 産経新聞. (2012年8月28日). オリジナル2012年8月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120828204822/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120828/plc12082801250003-n2.htm 
  35. ^ “慰安婦問題再燃 首相「竹島と結びつける話ではない」”. 産経新聞. (2012年8月27日). オリジナルの2012-08-278時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120827221800/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120828/plc12082801210002-n1.htm 
  36. ^ “野田首相、慰安婦と竹島は別問題=松原氏「河野談話見直し提起も」”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年8月27日). オリジナル2012年8月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120830001833/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000032-jij-pol 
  37. ^ “野田内閣の慰安婦問題“妄言リレー””. 中央日報. (2012年8月28日). http://japanese.joins.com/article/325/158325.html?servcode=A00&sectcode=A10 

外部リンク[編集]