津島文治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
津島文治
つしま ぶんじ
生年月日 1898年1月20日
出生地 青森県北津軽郡金木村
没年月日 (1973-05-06) 1973年5月6日(満75歳没)
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科[1]
所属政党 立憲政友会進歩党自由民主党
親族 津島雄二(義理の甥)
田澤吉郎(娘婿)
津島恭一(大甥)
津島淳(大甥)

当選回数 3回
在任期間 1947年 - 1956年
テンプレートを表示

津島 文治(つしま ぶんじ、1898年明治31年)1月20日1973年昭和48年)5月6日)は、日本の実業家、政治家地主[1]金木銀行頭取。衆議院議員。参議院議員。青森県知事。青森県多額納税者[2]。陸奥銀行・津軽鉄道・津軽酒造各取締役[1]農業[2]

作家の太宰治(津島修治)は弟、俳優津島康一は長男。元衆議院議員の津島雄二は、義理の甥にあたる。

来歴・人物[編集]

大地主で銀行家の津島源右衛門旧姓松木)とタ子(たね)の三男として青森県北津軽郡金木村(現在の五所川原市)に生まれた。

金木第一尋常小学校から五所川原農学校(現青森県立五所川原農林高等学校)を卒業後上京し、早稲田大学政治経済学部に入学。早稲田大学文学部の同期入学者に井伏鱒二がいた(井伏は学生時代から津島が津軽の大地主の息子であることを噂に聞いていた)。当初は政治評論家を志望。大学時代、長唄の稽古に通う。太宰治『思ひ出』『兄たち』によれば演劇を勉強しており、雑誌に『奪ひ合ひ』という戯曲を発表したこともある。書棚にはイプセンなどの戯曲集を揃えていた。大学在学中の1922年12月に結婚。

1923年、大学を卒業した[1]。翌日に父が急死したため、津島家の家督を継ぐ。1925年金木町長に選ばれ、2年間務める。1927年、青森県議選で最高位当選を果たし、最年少の県議となり、2期を務める。

1930年11月、弟修治(太宰)がカフェ女給田部シメ子心中未遂事件を起こし自殺幇助容疑で鎌倉警察署逮捕された時には、担当刑事が金木出身で津島家の小作の息子だったことや、管轄の横浜地裁の所長が黒石市出身で父源右衛門の姻戚だったことを利用し、自らの政治的影響力を行使して、修治を起訴猶予処分に持ち込んだ。

1937年4月30日立憲政友会から衆議院議員選挙に初めて立候補。その若さや家柄から「青森県近衛公」と呼ばれ、将来を嘱望される。5月1日に開票、第2位で当選するも、5月4日選挙違反の容疑で五所川原警察署に逮捕される。留置場から衆院議員当選不承諾届と県議辞任届を提出、さらに金木銀行頭取、西北畜産利用組合長、北津軽郡青年団長、神社の氏子総代などの公職をことごとく辞任。のち、公判にて罰金2000円および10年間の公民権停止を言い渡された。以後、第二次世界大戦中は自邸の書斎にこもる日々が続く。

1945年7月、疎開先の甲府で空襲にあった修治の一家を自邸に迎える。

1946年進歩党から戦後初の衆院選に立候補。修治も背広リュックサック姿で選挙運動に協力。同年4月10日の選挙において、全県一区(大選挙区制)定員7名中6位で当選。公務のため上京し、東京に住む。

1947年青森県知事に就任(初代民選知事)。以後、3期(9年余)を務めた。十和田湖湖畔の裸婦像(「乙女の像」)は、津島が高村光太郎に依頼して制作されたものである。1948年、弟・修治が自殺。

1958年から衆議院議員として2期を務め、1965年から参議院議員として2期半余を務めた。なお、その間は自由民主党に所属していた。

1973年5月6日死去。享年75。

私生活では弟・修治(太宰治)の型破りな性格のために衝突をしばしば繰り返した。そのため、弟の自殺後にその名声が高まって文豪に加えられていく世間の状況には困惑していたという。

1965年、芦野公園に太宰の文学碑が建立され、除幕式に津島美知子井伏鱒二らと出席したが、野原一夫によれば、愛想のいい好々爺になっていたという[3]

親族[編集]

長男康一に子供はないので直系は絶えた。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
津島美知子
 
太宰治
 
(文治の
弟)
 
 
 
津島文治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
津島佑子
 
 
 
(文治の
甥)
 
津島康一
 
(文治の
娘)
 
田澤吉郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
津島恭一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太田静子
 
太宰治
 
津島美知子
 
津島文治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太田治子
 
津島佑子
 
(治の
長女)
 
津島雄二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
津島淳
 
 


  • ここでは津島文治の親族に該当する者を中心に図示した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』ツ549頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月18日閲覧。
  2. ^ a b 『人事興信録 第13版下』ツ3頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月17日閲覧。
  3. ^ 野原一夫 『太宰治 生涯と文学』 ちくま文庫、1998年、12-17頁。

参考文献[編集]

  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録 昭和15年版』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版下』人事興信所、1941年。

関連項目[編集]