久次米健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久次米健太郎
くじめ けんたろう
生年月日 1908年8月26日
出生地 徳島県板野郡藍住町
没年月日 (1980-07-02) 1980年7月2日(71歳没)
出身校 中央大学中退
所属政党 自由民主党

選挙区 徳島県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1968年7月9日 - 1980年7月2日

選挙区 板野郡選挙区
当選回数 4回
在任期間 1955年4月 - 1968年6月
テンプレートを表示

久次米 健太郎(くじめ けんたろう、1908年8月26日 - 1980年7月2日)は日本の政治家。元参議院議員(2期)。徳島県板野郡藍住町生まれ。

人物[編集]

中央大学中退後、家業である染め物屋を継ぐ。1947年、藍園村長に就任。その後、板野郡町村会長、徳島県議会議員(4期)、同議長、全国販売農業協同組合連合会理事などを歴任。

1968年、第8回参議院議員通常選挙徳島県選挙区に立候補をして当選。三木派に所属し、三木武夫の城代家老と呼ばれた。1974年の第10回参議院議員通常選挙では田中角栄首相は1人区の徳島県選挙区で内閣官房副長官であった後藤田正晴を自民党公認候補とし、現職の久次米は非公認となってしまう。久次米非公認により、三木派と田中派との間は完全に険悪化してしまい、徳島県選挙区は田中派と三木派の「三角代理戦争」と呼ばれた。結果は、久次米19万6210票で後藤田15万3388票を破って当選した。このことは三木と田中の不和を招き、三木の副総理辞任につながり、さらに福田赳夫と三木の田中内閣倒閣に向けての連携へとつながった。また、その後の徳島での保守分裂(阿波戦争)にもつながった。

1980年7月死去。

関連項目[編集]


議会
先代:
鈴木省吾
日本の旗 参議院農林水産委員長
1978年 - 1979年
次代:
青井政美
先代:
玉置猛夫
日本の旗 参議院地方行政委員長
1972年 - 1973年
次代:
久保田藤麿