和田鶴一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和田 鶴一
わだ つるいち
生年月日 1912年3月27日
出生地 和歌山県東牟婁郡串本町
没年月日 (1973-06-01) 1973年6月1日(61歳没)
死没地 和歌山県和歌山市
出身校 日本大学法文学部卒業
前職 地方公務員和歌山県
所属政党 自由民主党

選挙区 和歌山地方区
当選回数 2回
在任期間 1964年6月21日 - 1971年7月3日

選挙区 西牟婁郡選挙区
当選回数 4回
在任期間 1951年4月 - 1964年5月
テンプレートを表示

和田 鶴一(わだ つるいち、1912年明治45年)3月27日 - 1973年昭和48年)6月1日)は、日本政治家参議院議員(2期)。

生涯[編集]

和田今之助の次男として和歌山県西牟婁郡串本町(現・東牟婁郡串本町)で生まれる。和歌山県師範学校を経て、日本大学法文学部を卒業。

1932年(昭和7年)から和歌山県や東京府小学校教員として勤務し、1945年(昭和20年)に帰郷して和歌山県立串本商業学校教諭となった。1947年(昭和22年)、和歌山県水産会総務部長に就任し、1949年(昭和24年)に和歌山県水産振興対策委員会副委員長、串本漁業協同組合理事となり、翌1950年(昭和25年)には推されて和歌山県漁業協同組合連合会長に就任した。

1951年(昭和26年)4月の和歌山県議会議員選挙に西牟婁郡より選出され、以後4回連続当選。農林委員長や文教委員長、土木委員長、監査委員、所属会派の自民クラブ幹事長などを歴任した。

1964年(昭和39年)5月に県議会議員を辞職し、野村吉三郎の死去に伴う同年6月21日参議院議員補欠選挙自由民主党公認で出馬して当選を果たす。翌1965年(昭和40年)の第7回参院選で再選され、農林水産委員長決算委員会理事を務めた。1971年(昭和46年)の第9回参院選には出馬せず政界を引退した。

1973年(昭和48年)6月1日10時10分頃、和歌山市友田町三丁目の知人宅2階の部屋(4畳半)で死んでいるのを訪ねてきた友人が発見し、和歌山東警察署に通報した。部屋のガス管布団の中に引き込んで死んでおり、高血圧に悩んでいたことから自殺と判断された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞』1973年6月1日付夕刊、2版、11面。

参考文献[編集]

  • 和歌山県議会事務局編 『和歌山県議会歴代議員名鑑』 和歌山県議会、1969年、481-482頁。

関連項目[編集]