高木正明 (国会議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高木 正明(たかぎ まさあき、1929年5月13日 - 2006年1月4日[1])は、日本の政治家自民党参議院議員

来歴・人物[編集]

北海道札幌市出身。中央大学法学部中退。道議会議員などを経て、1980年第12回参議院議員通常選挙北海道選挙区から自民党公認で出馬し、宏池会新人岩本政光と共に初当選。1998年まで3期18年務めた(98年も公認決定していたが出馬断念し道議会の後輩中川義雄が出馬)。1995年8月、村山改造内閣北海道開発庁長官・沖縄開発庁長官として初入閣。1996年1月まで務めた。中川派田中派竹下派、後の小渕派に所属。1999年、勲一等瑞宝章受章。

2006年1月4日、肺炎のため札幌市内の病院で死去。76歳没[1]

略歴[編集]

  • 1980年 参議院議員選挙当選
  • 1986年 参議院農林水産委員長
  • 1993年 参議院議院運営委員長
  • 1995年 8月8日、北海道開発庁長官兼沖縄開発庁長官(村山改造内閣)
  • 1996年 1月11日、内閣総辞職
  • 1998年 政界引退
  • 1999年 11月3日、勲一等瑞宝章

参考文献[編集]

  1. ^ a b 高木正明氏死去 元北海道、沖縄開発庁長官”. 47News (2006年1月4日). 2013年8月25日閲覧。


議会
先代:
井上孝
日本の旗 参議院議院運営委員長
1993年
次代:
前田勲男
先代:
成相善十
日本の旗 参議院農林水産委員長
1986年 - 1987年
次代:
岡部三郎
公職
先代:
小沢潔
日本の旗 北海道開発庁長官
1995年 - 1996年
次代:
岡部三郎
先代:
小沢潔
日本の旗 沖縄開発庁長官
1995年 - 1996年
次代:
岡部三郎