島尻安伊子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗参議院議員 島尻 安伊子
島尻安伊子プロフィール写真.gif
生年月日 1965年3月4日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 宮城県仙台市
出身校 上智大学文学部新聞学科
学位・資格 文学士
前職 参議院議員
世襲
選出選挙区 沖縄県選挙区
当選回数 2回
所属党派 民主党→)
無所属→)
自由民主党額賀派
党役職 沖縄県支部連合会常任顧問
会館部屋番号 参議院議員会館405号室
ウェブサイト 参議院議員 島尻あい子
テンプレートを表示

島尻 安伊子(しまじり あいこ、1965年3月4日 - )は、日本政治家自由民主党所属の前参議院議員(2期)、沖縄・北方担当大臣科学技術政策担当大臣宇宙政策担当大臣

第2次安倍内閣において内閣府大臣政務官復興大臣政務官を務めた。

略歴[編集]

  • 1980年 聖ウルスラ学院高等学校入学
  • 同校在学中米国カリフォルニア州ハンティングトンビーチハイスクール留学[1]
  • 1988年 上智大学文学部新聞学科卒業、シェアソンリーマン証券に勤務
  • 2004年 那覇市議会議員補欠選挙で初当選[2]
  • 2005年 那覇市議会議員選挙で再選
  • 2007年 参議院議員沖縄選挙区補欠選挙で初当選[2]
  • 2010年 第22回参議院議員通常選挙で再選[2]
  • 2012年 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官
  • 2014年 参議院・環境委員長就任
  • 2015年 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策)海洋政策・領土問題担当、情報通信技術(IT)政策担当、クールジャパン戦略担当
  • 2016年 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、クールジャパン戦略、知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策)海洋政策・領土問題担当、情報通信技術(IT)政策担当[3]
  • 2016年 第24回参議院議員通常選挙で落選

概要[編集]

宮城県仙台市生まれ[2]聖ウルスラ学院高等学校[2]上智大学文学部新聞学科卒業[2]。高校在学中、アメリカ合衆国カリフォルニア州ハンティングトンビーチハイスクールに留学[4]。上智大卒業後、シアーソン・リーマン証券日本法人(現リーマン・ブラザーズ)に入社[5]

2004年那覇市議会議員補欠選挙に出馬し、初当選。那覇市議会では民主党系会派の「アイ・ラブ沖縄!かがやく県民の会」[要出典]に所属し、2期務める。2007年、那覇市議を2期目の任期途中で辞職。沖縄県選挙区選出の参議院議員糸数慶子沖縄県知事選挙出馬に伴う補欠選挙に、民主党を離党して「アイ・ラブ沖縄!かがやく県民の会」公認[要出典]自由民主党公明党推薦[2])で出馬し当選。当選後に自民党に入党[2]し、平成研究会に所属[6]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、野党は在日米軍海兵隊普天間基地宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対しており、自民党は辺野古への移設を推進する立場を取っていたが、民主・社民国民新共産などの野党は県外、国外移設を主張。結果、沖縄県の全小選挙区で県外、国外移設を主張する野党系候補が当選し、県内移設に賛成する与党系候補は全員落選した。島尻はこの時点では県内移設を容認しており、総選挙後しばらくは沖縄県選出の国会議員で唯一の県内移設容認派であった[7]。(第22回参議院議員通常選挙では県外移設を主張[8]し、2013年に撤回した。[9]

2010年6月の第22回参議院議員通常選挙では、選挙対策本部長に沖縄県知事仲井眞弘多を据え、沖縄県選挙区から自民党公認で出馬し、再選。選挙戦では、普天間基地の県内移設反対へ転換した自民党沖縄県連の方針に沿って県外移設を主張した[10]。また、消費税増税について、所属政党公約であるにもかかわらず、反対した[10]。なおこの参院選に際し、同年4月に結党したたちあがれ日本から推薦の打診を受けたものの断っている[11]

2012年12月、第2次安倍内閣内閣府大臣政務官復興大臣政務官に任命された。2013年2月、島根県主催の「竹島の日」記念式典に出席した(この式典に政府関係者が出席するのは初めて) [12]

2015年10月、沖縄北方担当大臣に任命された[13]

2016年7月10日の第24回参議院議員通常選挙で落選したが、沖縄北方担当大臣は続投となる[14]

活動[編集]

法案提出・取りまとめ[編集]

  • 2010年9月 自民党党政務調査会に「沖縄振興に関する特別委員会」設置。自民党案「沖縄関係二法案」(議員立法)を取りまとめる[15]
  • 2012年3月「新沖縄振興特別措置法」「駐留軍用地跡地利用法」のいわゆる「沖縄関係二法」を成立させる[16]
  • 2013年8月「消費者教育の推進に関する法律」を議員立法で成立[17]

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 夫は民主党沖縄県代表・日本新党沖縄代表[21]を務めた島尻昇。二人は1989年に結婚し、4人(3男1女)の子供をもうけている[22]

発言[編集]

  • 2015年、名護市辺野古の新基地建設をめぐる市民の反対運動について「責任のない市民運動だと思っている。私たちは政治として対峙(たいじ)する」と述べている[23]
  • 2016年2月9日、北方領土問題担当の沖縄北方担当相としての閣議後記者会見において、千島歯舞諸島居住者連盟主催の北方領土ネット検定を紹介するペーパーを読む際に、「千島、はぼ、ええっと、なんだっけ」と発言した[24]。近くにいた秘書官が「はぼまいしょとう」をささやいた事から、朝日新聞では、「歯舞(はぼまい)群島」の「歯舞」を読めなかった、と報じた[24]。産経新聞によれば、島尻は翌2月10日の衆議院予算委員会で、元北方領土住民の団体名を略称の「千島連盟」でなく正式名称の「千島歯舞諸島居住者連盟」で読もうとして言葉に詰まったと主張した[25]

エピソード[編集]

  • 2010年7月の参議院選挙直前に、島尻が自身の顔写真と名前を掲載したカレンダーを配布していたことが2015年10月17日に報じられた[26][27][28]。2009年12月、自らのブログに顔写真入りのカレンダーを掲載して「欲しい方は連絡下さい」と呼び掛け、寄付行為を禁じた公職選挙法に抵触する可能性が報じられたが[26][27]、島尻は、「後援会の支持者に無料で配布している。ただちに公職選挙法の問題になるということではない」としている[26]

政治資金[編集]

  • 島尻が代表を務める「自民党沖縄県参院選挙区第2支部」が、2013年6月に、取材で出張中だったTBS記者のホテル宿泊代を政治資金から支出していたことについて、島袋の事務所は「記者の宿泊費の精算を失念していた。今年の報告書に記載して報告したい」と釈明したことが報じられている[29]
  • 2015年10月9日、島尻が代表を務める政治団体「ちゅらの会」と「自民党沖縄県参議院選挙区第二支部」が、2011年から2013年までに提出した政治資金収支報告書に経費の二重計上や記載ミスがあったとして、訂正をおこなった[30]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国会議員情報時事ドットコム
  2. ^ a b c d e f g h 島尻安伊子氏プロフィール 琉球新報
  3. ^ 首相官邸 公式ホームページ
  4. ^ 議員情報参議院ホームページ
  5. ^ 国会議員情報時事ドットコム
  6. ^ 基地集中「差別でない」 島尻氏「反対運動対策」で説明琉球新報
  7. ^ 子育て支援に意欲 参院補選当選・島尻氏琉球新報
  8. ^ 「県内反対」党へ主張 普天間で島尻氏「県民合意なしに無理」琉球新報
  9. ^ a b 島尻氏も「県外」撤回 辺野古移設「沖縄の取るべき道」琉球新報
  10. ^ a b 島尻安伊子「怒りの代弁者」競う=民主不戦敗、尾を引く普天間-沖縄・参院選 時事ドットコム2010/07/01-16:27
  11. ^ 琉球新報・沖縄タイムス2010年6月25日。
  12. ^ “【竹島の日】安倍政権「最大限の配慮」も韓国に通じず (1/2ページ)”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2013年2月22日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130222/plc13022223590033-n1.htm 2013年3月17日閲覧。 
  13. ^ 「1億総活躍担当相に加藤氏 経済産業相に林氏、農水相に森山氏 丸川、島尻両氏も入閣」産経新聞、2015年10月7日
  14. ^ 岩城光英法相、島尻安伊子沖縄北方担当相は当面続投、産経新聞、2016年7月11日、2016年7月11日閲覧。
  15. ^ 沖縄タイムス2012年4月3日より
  16. ^ 沖縄タイムス2012年4月3日より
  17. ^ NICEニュースレター「消費者教育」No155より
  18. ^ a b c “2010参院選 自民党・比例代表 候補者アンケートの回答”. 毎日新聞社
  19. ^ 選択的夫婦別姓を認める民法の一部改正の反対に関する請願、第173回国会、請願441号
  20. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧)
  21. ^ 2005年8月31日読売新聞朝刊
  22. ^ 島尻安伊子氏プロフィール 琉球新報
  23. ^ 「『責任のない市民運動』辺野古行動に島尻議員」、沖縄タイムス、2015年4月5日
  24. ^ a b 「島尻沖縄北方担当相、歯舞『はぼ、なんだっけ』」、朝日新聞、2016年2月9日
  25. ^ “【衆院予算委】島尻北方担当相、歯舞読めなかった問題「一瞬これで合ってるのかなと思った」と釈明”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年2月10日). http://www.sankei.com/politics/news/160210/plt1602100034-n1.html 2016年7月12日閲覧。 
  26. ^ a b c 「島尻沖縄相『違法ではない』 2010年参院選前カレンダー配布 公選法抵触の可能性」、2015年10月18日
  27. ^ a b 「『カレンダー配布』に島尻大臣『何ら問題ない』」、テレ朝ニュース、2015年10月19日
  28. ^ 「島尻安伊子沖縄相を刑事告発 「カレンダー」問題で大学教授ら30人」、沖縄タイムズ、2015年11月24日
  29. ^ 「自民支部、TBS記者の宿泊費払う 『精算を失念』」、朝日新聞、2014年12月25日
  30. ^ “島尻氏の団体、政治資金報告書を訂正 沖縄相就任直後”. 琉球新報. (2015年10月31日). http://ryukyushimpo.jp/news/entry-163679.html 2016年6月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
山口俊一
日本の旗 特命担当大臣沖縄及び北方対策
第23代:2015年 -
次代:
現職
先代:
山口俊一
日本の旗 特命担当大臣科学技術政策
第24代:2015年 -
次代:
現職
先代:
山口俊一
日本の旗 特命担当大臣宇宙政策
第6代:2015年 -
次代:
現職
先代:
加賀谷健郡和子金子恵美稲見哲男
岸本周平大野元裕本多平直高山智司
日本の旗 内閣府大臣政務官
山際大志郎亀岡偉民北村茂男
平将明秋野公造と共同

2012年 - 2013年
次代:
小泉進次郎・亀岡偉民・福岡資麿伊藤忠彦
松本文明磯崎仁彦浮島とも子
先代:
加賀谷健・郡和子・金子恵美・橋本清仁
日本の旗 復興大臣政務官
徳田毅坂井学
亀岡偉民・長島忠美と共同

2012年 - 2013年
次代:
坂井学・福岡資麿・小泉進次郎・
山本朋広岩井茂樹
議会
先代:
佐藤信秋
日本の旗 参議院環境委員長
2014年 -2015年
次代:
磯崎仁彦
党職
先代:
石井みどり
自由民主党女性局長
2012年
次代:
上野通子