島尻安伊子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
島尻 安伊子
しまじり あいこ
島尻安伊子プロフィール写真.gif
生年月日 (1965-03-04) 1965年3月4日(52歳)
出生地 日本の旗 宮城県仙台市
出身校 上智大学文学部新聞学科
前職 シアーソン・リーマン証券日本法人(現リーマン・ブラザーズ)従業員
現職 内閣府大臣補佐官
所属政党 民主党→)
無所属→)
自由民主党額賀派
称号 文学士
配偶者
子女 3男1女
公式サイト 参議院議員島尻安伊子(しまじりあいこ)オフィシャルサイト

選挙区 沖縄県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月27日[1] - 2016年7月25日

内閣 第3次安倍第1次改造内閣
在任期間 2015年10月7日 - 2016年8月3日

Flag of Naha, Okinawa.svg 那覇市議会議員
当選回数 2回
在任期間 2004年 - 2007年
テンプレートを表示

島尻 安伊子(しまじり あいこ、1965年昭和40年3月4日 - )は、日本政治家内閣府大臣補佐官沖縄振興・子どもの貧困緊急対策担当)。

第3次安倍第1次改造内閣内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策科学技術政策宇宙政策)を務めたほか、内閣府大臣政務官復興大臣政務官第2次安倍内閣)、参議院環境委員長自由民主党女性局長、参議院議員(2期)、那覇市議会議員(2期)等を歴任した。

来歴[編集]

宮城県仙台市生まれ[2]聖ウルスラ学院高等学校上智大学文学部新聞学科卒業[2]。高校在学中、アメリカ合衆国カリフォルニア州ハンティングトンビーチハイスクールに留学した[2]。大学卒業後、1988年にシェアソンリーマン証券日本法人(現リーマン・ブラザーズ)に入社。その後、沖縄ビジネス外語専門学校講師やJSL日本アカデミー副理事長を務めた[3]

2004年那覇市議会議員補欠選挙民主党公認で出馬し[4]、初当選した[5]2005年、那覇市議に再選を果たすが、再選後に民主党を離党[4]2007年沖縄県選挙区選出の糸数慶子参議院議員沖縄県知事選挙に立候補するため辞職し、それに伴う補欠選挙政治団体「アイ・ラブ沖縄!かがやく県民の会」公認(自由民主党公明党推薦)で出馬[6]。参院補選で当選後、自由民主党に入党し[4]平成研究会に入会した[6]

2010年第22回参議院議員通常選挙では、選挙対策本部長に沖縄県知事仲井眞弘多を迎え、自民党公認で沖縄県選挙区から出馬。前年の第45回衆議院議員総選挙では自民党が大敗し、衆議院の4つの小選挙区では全て民主党が議席を獲得していたため、島尻は沖縄県選出の唯一の国会議員だった。普天間飛行場名護市辺野古への移設について、総選挙後は容認の立場だったが[7]、2010年の参院選に際しては、民主党が既に事実上断念していた県外移設を主張した[8]。沖縄県選挙区で社会民主党推薦の山城博治らを破り、再選。

2012年第2次安倍内閣内閣府大臣政務官及び復興大臣政務官に任命された。2013年2月、島根県主催の「竹島の日」記念式典に出席した。政府関係者がこの式典に出席したのは初めてである[9]2014年9月、参議院環境委員長に就任[3]

2015年10月7日第3次安倍第1次改造内閣内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策科学技術政策宇宙政策)に任命され、初入閣した[10]。沖縄県出身の閣僚は、島尻で史上4人目だった[3]

2016年第24回参議院議員通常選挙に3選を目指して沖縄県選挙区から自民党公認で出馬したが、元宜野湾市長の伊波洋一に敗れ、落選した[11]。島尻の落選により、沖縄県の選挙区から選出された自民党国会議員はいなくなった[11]。参院議員に落選したものの、選挙後、当面大臣は続投する方針が政府から示され、翌月の内閣改造まで閣僚の職に留まった[12]

2016年8月、後任の鶴保庸介沖縄及び北方対策担当大臣により、沖縄振興及び子どもの貧困対策を担当する大臣補佐官に任命される[13]2017年8月、鶴保の後任の江崎鐵磨大臣の下でも大臣補佐官に再任された[14]

政策・主張[編集]

  • 沖縄県宜野湾市普天間飛行場の移設について、1期目は容認の立場を取っていたが[7]2009年に発足した鳩山由紀夫内閣は県外移設もしくは国外移設を表明し、その後事実上断念する。島尻は2009年から辺野古への移設反対・県外移設を主張するようになり[8]2010年6月22日に開かれた第22回参議院議員通常選挙の公開討論会において、「普天間飛行場の移設先についての島尻と自民党の主張(県内移設容認)に矛盾がある」と指摘されたが、「鳩山政権下での日米合意には「地元沖縄との合意」はない。そんな合意は有効であるはずがない。無効を訴える」と反論した[15]。しかし、2012年内閣府大臣政務官就任後、辺野古への移設を容認する立場に転じ、県外移設を主張していた自由民主党沖縄県連の方向性を「辺野古容認」にシフトさせる動きを先導した[4]。また、自民党沖縄県連会長在任中の2015年には、名護市辺野古への新基地建設に反対する市民運動について、「責任のない市民運動だと思っている。私たちは政治として対峙する」と発言した[16]
  • 日本国憲法改正に賛成だが、日本国憲法第9条改正の賛否は明らかにしていない[17]
  • 原子力発電日本に必要[17]
  • 日本核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている[17]
  • 参議院議員在職中はみんなで靖国神社に参拝する国会議員の会に所属しており、2013年4月・8月は現職の大臣政務官ながら、靖国神社を参拝した[6]
  • 2010年、第173回国会で選択的夫婦別姓を認める民法の改正に反対する請願を提出したが[18]朝日新聞2016年に実施した調査では、選択的夫婦別姓制度の導入に対する賛否を明らかにしなかった[19]

不祥事[編集]

北方領土に関する発言[編集]

2016年2月9日の閣議後の記者会見において、千島歯舞諸島居住者連盟主催の北方領土ネット検定を紹介するペーパーを読む際に「千島、はぼ、ええっと、なんだっけ」と言葉に詰まり、傍にいた秘書官が「歯舞諸島(はぼまいしょとう)」とささやいたことから、朝日新聞は、島尻が北方領土問題の担当大臣でありながら「歯舞(はぼまい)群島」の「歯舞」を読めなかった」と報じた[20]。なお、島尻は2月10日衆議院予算委員会で、「元北方領土住民の団体名を略称の「千島連盟」でなく正式名称の「千島歯舞諸島居住者連盟」で読もうとして言葉に詰まった」と釈明した[21]

顔写真・名前入りのカレンダーの配布[編集]

2015年10月、5年前の2010年第22回参議院議員通常選挙前、自身の顔写真や名前を掲載したカレンダーを配布していたことが報じられ[22]、カレンダーの配布について政治資金収支報告書に記載していなかったことを、神戸市内の大学教授ら30人に刑事告発された[23]。島尻は2009年7月、自らのブログで顔写真入りのカレンダーを掲載して「欲しい方は連絡下さい」と呼びかけており、寄付行為を禁じた公職選挙法に抵触する可能性が報じられたが、島尻は、「後援会の支持者に無料で配布している。ただちに公職選挙法の問題になるということではない」と釈明した[22]

政治資金[編集]

  • 2013年6月、島尻が代表を務める自由民主党沖縄県参院選挙区第2支部が、取材のため出張中だった毎日放送(TBS)記者のホテル宿泊費を政治資金から支出していたことが報じられた[24]。島尻事務所は「記者の宿泊費の精算を失念していた。今年の報告書に記載して報告したい」と釈明した[24]
  • 大臣に就任した直後の2015年10月9日、島尻が代表を務める政治団体「ちゅらの会」と「自由民主党沖縄県参議院選挙区第2支部」が、2011年から2013年までに提出した政治資金収支報告書に経費の二重計上や記載ミスがあったとして訂正した[25]

人物[編集]

  • 夫は民主党沖縄県連代表を務めた島尻昇[5]。家族は夫のほか、3男1女[4]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “島尻氏に当選証書「責任の重さ改めて痛感」”. 八重山毎日新聞. (2007年4月26日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/7934 2017年8月20日閲覧。 
  2. ^ a b c プロフィール・実績 - 参議院議員島尻安伊子(しまじりあいこ)オフィシャルサイト
  3. ^ a b c “島尻安伊子氏、沖縄相に起用”. 琉球新報. (2015年10月7日). https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-250075.html 2017年8月20日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “島尻沖縄相、異色の経歴 民主から自民へ 辺野古容認を先導”. 沖縄タイムス. (2015年10月8日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/19579 2017年8月20日閲覧。 
  5. ^ a b “島尻安伊子氏プロフィル 家族の支え原動力に”. 琉球新報. (2010年7月12日). https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-164848.html 2017年8月20日閲覧。 
  6. ^ a b c “基地集中「差別でない」 島尻氏「反対運動対策」で説明”. 琉球新報. (2010年7月12日). https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-219027.html 2017年8月20日閲覧。 
  7. ^ a b “子育て支援に意欲 参院補選当選・島尻氏”. 琉球新報. (2007年4月23日). http://ryukyushimpo.jp/photo/prentry-23225.html 2017年8月20日閲覧。 
  8. ^ a b “「県内反対」党へ主張 普天間で島尻氏「県民合意なしに無理」”. 琉球新報. (2010年7月13日). http://ryukyushimpo.jp/movie/prentry-164887.html 2017年8月20日閲覧。 
  9. ^ “【竹島の日】安倍政権「最大限の配慮」も韓国に通じず (1/2ページ)”. 産経新聞. (2013年2月22日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130222/plc13022223590033-n1.htm 2013年3月17日閲覧。 
  10. ^ “島尻氏が沖縄北方担当相 辺野古推進を強調”. 琉球新報. (2015年10月8日). https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-250125.html 2017年8月20日閲覧。 
  11. ^ a b “2016参院選:沖縄、選挙区自民ゼロ 島尻氏落選、基地問題が逆風”. 毎日新聞. (2016年7月11日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20160711/ddm/012/010/187000c 2017年8月20日閲覧。 
  12. ^ “【参院選】岩城光英法相、島尻安伊子沖縄北方担当相は当面続投”. 産経新聞. (2016年7月11日). http://www.sankei.com/politics/news/160711/plt1607110045-n1.html 2013年3月17日閲覧。 
  13. ^ “政府、島尻氏を大臣補佐官に任命 沖縄子どもの貧困対策を担当”. 沖縄タイムス. (2016年8月24日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/58888 2017年8月20日閲覧。 
  14. ^ “落選の自民・島尻氏、引き続き補佐官に 次期へ布石か”. 朝日新聞. (2017年8月10日). http://www.asahi.com/articles/ASK894HS9K89TPOB004.html 2017年8月20日閲覧。 
  15. ^ “≪乱戦の構図:2≫普天間のしこり―沖縄”. 朝日新聞. (2010年6月29日). http://www.asahi.com/senkyo2010/special/TKY201006300141.html 2017年1月4日閲覧。 
  16. ^ “「責任のない市民運動」辺野古行動に島尻議員”. 沖縄タイムス. (2015年4月5日). http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=110372 2015年4月5日閲覧。 
  17. ^ a b c “2016参院選 自民 沖縄 島尻安伊子”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/24san/meikan/?mid=B47000002002 2017年8月20日閲覧。 
  18. ^ 選択的夫婦別姓を認める民法の一部改正の反対に関する請願、第173回国会、請願441号
  19. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)
  20. ^ “島尻沖縄北方担当相、歯舞「はぼ、なんだっけ」”. 朝日新聞. (2016年2月9日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2946QZJ29ULFA012.html?iref=comtop_6_04 2017年8月20日閲覧。 
  21. ^ “【衆院予算委】島尻北方担当相、歯舞読めなかった問題「一瞬これで合ってるのかなと思った」と釈明”. 産経新聞. (2016年2月10日). http://www.sankei.com/politics/news/160210/plt1602100034-n1.html 2016年7月12日閲覧。 
  22. ^ a b “島尻沖縄相「違法ではない」 2010年参院選前カレンダー配布 公選法抵触の可能性”. 沖縄タイムス. (2015年10月18日). http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=137558 2017年8月20日閲覧。 
  23. ^ “島尻安伊子沖縄相を刑事告発 「カレンダー」問題で大学教授ら30人”. 沖縄タイムス. (2015年11月24日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/21231 2017年8月20日閲覧。 
  24. ^ a b “自民支部、TBS記者の宿泊費払う 「精算を失念」”. 朝日新聞. (2014年12月25日). オリジナル2014年12月25日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/0klAU 2017年7月22日閲覧。 
  25. ^ “島尻氏の団体、政治資金報告書を訂正 沖縄相就任直後”. 琉球新報. (2015年10月31日). http://ryukyushimpo.jp/news/entry-163679.html 2016年6月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
山口俊一
日本の旗 内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策
第23代:2015年 - 2016年
次代:
鶴保庸介
先代:
山口俊一
日本の旗 内閣府特命担当大臣科学技術政策
第24代:2015年 - 2016年
次代:
鶴保庸介
先代:
山口俊一
日本の旗 内閣府特命担当大臣宇宙政策
第6代:2015年 - 2016年
次代:
鶴保庸介
先代:
加賀谷健郡和子金子恵美稲見哲男岸本周平大野元裕本多平直高山智司
日本の旗 内閣府大臣政務官
山際大志郎亀岡偉民北村茂男平将明秋野公造と共同

2012年 - 2013年
次代:
小泉進次郎亀岡偉民福岡資麿伊藤忠彦松本文明磯崎仁彦浮島とも子
先代:
加賀谷健郡和子金子恵美橋本清仁
日本の旗 復興大臣政務官
徳田毅亀岡偉民長島忠美と共同
亀岡偉民長島忠美と共同
坂井学亀岡偉民長島忠美と共同

2012年 - 2013年
次代:
坂井学福岡資麿小泉進次郎山本朋広岩井茂樹
議会
先代:
佐藤信秋
日本の旗 参議院環境委員長
2014年 -2015年
次代:
磯崎仁彦
党職
先代:
石井みどり
自由民主党女性局長
2012年
次代:
上野通子