北神圭朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北神 圭朗
きたがみ けいろう
Kitagami Keirou.jpg
生年月日 (1967-02-01) 1967年2月1日(55歳)
出生地 日本の旗 東京都
出身校 京都大学法学部卒業
前職 国家公務員大蔵省財務省
所属政党民主党→)
民進党前原G国軸の会→)
希望の党→)
無所属有志の会
称号 法学士
公式サイト 北神圭朗公式サイト

選挙区比例近畿ブロック→)
京都4区→)
(比例近畿ブロック→)
京都4区
当選回数 4回
在任期間 2005年9月12日 - 2012年12月26日
2016年4月21日[1] - 2017年9月28日
2021年11月2日[2] -
テンプレートを表示

北神 圭朗(きたがみ けいろう、1967年2月1日 - )は、日本政治家大蔵財務官僚衆議院議員(4期)。

経済産業大臣政務官野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)、内閣府大臣政務官(野田第2次改造内閣)、内閣総理大臣補佐官野田第3次改造内閣)等を歴任した。

来歴[編集]

東京都出身。両親の仕事の都合により生後9ヶ月から18年間アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで過ごし[3]、週末は小学校1年から高等学校3年までの全課程、地元日本語補習授業校あさひ学園に通った。京都大学法学部(香西茂ゼミ)卒業。京大卒業後、大蔵省(現:財務省)に入省。大臣官房調査企画課[4]本省主税局総務課主任・係長、内閣官房内閣内政審議室勤務や岩手県庁農林水産部企画課への出向を経て、2002年に財務省を退官した[5][6]

2003年11月の第43回衆議院議員総選挙に、民主党公認で京都4区から出馬。同年9月に引退した野中広務の地盤を継承した自由民主党公認の田中英夫[7][8]に敗れた。2005年第44回衆議院議員総選挙では、田中が郵政民営化法案の衆議院本会議における採決で反対票を投じたために自民党の公認を得られず無所属で出馬[8]し、自民党は元八木町長の中川泰宏を擁立[8]。北神の得票数は中川、田中に次ぐ3位だったが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、初当選した。2009年第45回衆議院議員総選挙では、前回同様中川は自民党公認、田中は無所属で出馬。北神が中川に比例復活を許さない大差をつけて破り、再選された。

2011年9月、野田内閣経済産業大臣政務官に任命され、2012年7月より内閣府大臣政務官を兼務する。同年10月、野田第3次改造内閣内閣総理大臣補佐官(重要政策に関する省庁間調整等担当)に任命された。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、京都4区で自民党新人の田中英之に敗れ、比例復活も叶わず落選した[9]

2013年4月6日、同年夏の第23回参議院議員通常選挙京都府選挙区(定数2)から民主党公認で立候補[10]日本共産党新人の倉林明子に1万8千票の僅差で及ばず、次点で落選。落選後、政界からの引退を示唆した[11]2014年第47回衆議院議員総選挙に民主党公認で京都4区から出馬したが、再び自民党前職の田中英之に敗れ、重複立候補していた比例近畿ブロックでも次点で落選した[12]

2016年2月12日、自身の不倫問題の発覚により自民党の宮崎謙介が議員辞職を表明し、宮崎の辞職に伴う補欠選挙への出馬に意欲を示していた比例近畿ブロック選出の泉健太[13]4月18日、補欠選挙に立候補して自動失職したため、前回総選挙において比例近畿ブロックで次点だった北神が繰り上げ当選した[14]

2017年10月3日に希望の党に公認申請していたが、3区前職の泉健太、6区前職の山井和則と共に府内の申請者が全て公認された。そのため、京都府内の民進党出身者の中では枝野幸男議員を代表とする新党「立憲民主党」に参加する前議員はいなかった[15]。同月の第48回衆議院議員総選挙では、再び自民党前職の田中英之に敗れ、比例復活も叶わず落選した[16]。その後希望の党が民進党と再合流した際は新党の国民民主党に参加せず無所属となった[17]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙では、無所属で立候補し国政復帰を果たした。11月4日、衆院選で当選した他の無所属議員4人と共に衆院会派「有志の会」を結成した[18]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成28年(2016年)4月21日中央選挙管理会告示第14号(平成二十六年十二月十四日執行の衆議院比例代表選出議員選挙近畿選挙区における名簿届出政党等に係る欠員による繰上補充による当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ 令和3年(2021年)11月2日京都府選挙管理委員会告示第63号(衆議院小選挙区選出議員選挙において当選した当選人の住所及び氏名並びに当該当選人に係る候補者届出政党の名称)
  3. ^ プロフィール - 北神けいろう公式サイト
  4. ^ 国会議員情報 時事ドットコム
  5. ^ 内閣総理大臣補佐官 北神 圭朗(きたがみ けいろう)
  6. ^ プロフィール 東洋経済
  7. ^ “野中氏、今期限りで政界引退「反小泉の戦い、退路断つ」”. 朝日新聞. (2003年9月9日). http://www.asahi.com/special/seikyoku/TKY200309090191.html 2016年5月1日閲覧。 
  8. ^ a b c “〈追跡・政界流動〉反小泉 執念の野中氏”. asahi.com (朝日新聞社). (2005年8月25日). http://www.asahi.com/senkyo2005/local_news/kyoto/TKY200508250099.html 2017年9月20日閲覧。 
  9. ^ “【衆院選2012 京都】比例復活 民・自・共3氏 民主は明暗分ける”. 産経新聞. (2012年12月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121218/elc12121802280050-n1.htm 2016年5月1日閲覧。 
  10. ^ “民主、参院選京都に北神氏擁立”. 日本経済新聞. (2013年4月5日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS0501X_V00C13A4PP8000 2013年4月5日閲覧。 
  11. ^ “【参院選京都】激戦から一夜明け明暗 民主・北神氏は引退示唆 共産・倉林氏は「勝因は民意」”. 産経新聞. (2013年7月22日). https://www.sankei.com/smp/west/news/130722/wst1307220064-s1.html 2016年5月1日閲覧。 
  12. ^ 京都 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  13. ^ “【不倫・宮崎議員辞職表明】民主、泉健太氏が京都3区補選出馬に意欲”. 産経新聞. (2013年7月22日). https://www.sankei.com/smp/west/news/160212/wst1602120092-s1.html 2016年5月1日閲覧。 
  14. ^ “北神氏が繰り上げ当選 衆院比例近畿”. 朝日新聞. (2016年4月20日). http://www.asahi.com/articles/ASJ4N5JLSJ4NUTFK026.html 2016年5月1日閲覧。 
  15. ^ “希望の党 府内では5人を公認”. NHK. (2017年10月3日). オリジナルの2017年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/UXJ6E 
  16. ^ 京都-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  17. ^ “京都の民進系議員、進路悩む 「国民民主党」7日結成”. 京都新聞. (2018年4月30日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180429000118 2018年5月7日閲覧。 
  18. ^ 無所属5人が衆院新会派「有志の会」届け出”. 産経新聞 (2021年11月4日). 2021年11月4日閲覧。
  19. ^ a b c d e “2014衆院選 京都4区 北神 圭朗”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A26004001001&st=tk 2014年12月19日閲覧。 
  20. ^ a b “2012衆院選 京都4区 北神 圭朗”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A26004001001 2014年12月19日閲覧。 
  21. ^ 11人の内訳は、長島昭久、吉良州司、石関貴史、北神圭朗、鷲尾英一郎網屋信介勝又恒一郎杉本和巳長尾敬山本剛正金子洋一
  22. ^ 吉良州司 『菅総理の即時退陣を求めるの議』 国益を考える会 平成23年7月13日
  23. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  24. ^ 尖閣問題で感じた、我ら日本人のビビり根性 首相補佐官として見た、尖閣問題の真実 東洋経済オンライン (2013年03月18日) 2017年9月3日閲覧。
  25. ^ 3月, 2010”. 衆議院 京都4区 『北神けいろう』公式サイト (2010年3月23日). 2021年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
日本の旗 内閣総理大臣補佐官
(重要政策に関する省庁間調整担当)

2012年
次代:
先代:
田嶋要
中山義活
日本の旗 経済産業大臣政務官
柳澤光美と共同
中根康浩と共同

2011年 - 2012年
次代:
岸本周平
本多平直
先代:
郡和子
大串博志
園田康博
日本の旗 内閣府大臣政務官
園田康博
郡和子
大串博志
稲見哲男と共同

2012年
次代:
加賀谷健
郡和子
金子恵美
稲見哲男
岸本周平
大野元裕
本多平直
高山智司