古賀雷四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古賀 雷四郎(こが らいしろう、1915年12月23日 - 2008年6月13日)は、日本政治家。元自由民主党参議院議員(3期)。連続当選3回。佐賀県鳥栖市出身。

来歴・人物[編集]

九州帝国大学工学部卒業後、建設省に入省し、河川局長、建設技監などを経て、退官。1971年6月27日投票の第9回参議院議員通常選挙全国区から出馬し、23位で初当選。自由民主党では佐藤栄作派(周山会)→田中角栄派(木曜クラブ)→竹下登派(経世会)に属した。

1977年7月10日投票の第11回参議院議員通常選挙に全国区から出馬し、12位で2回目の当選。1983年6月26日投票の第13回参議院議員通常選挙比例区から出馬し、26位で3回目の当選。1985年12月から1986年7月まで第2次中曽根内閣北海道開発庁長官沖縄開発庁長官を務めた。

1989年第15回参議院議員通常選挙には出馬せず、政界引退。

2008年6月13日、老衰のため死去。92歳。