牧島かれん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
牧島 かれん
まきしま かれん
生年月日 (1976-11-01) 1976年11月1日(40歳)
出生地 神奈川県横須賀市
出身校 国際基督教大学教養学部社会科学科卒業
ジョージ・ワシントン大学ポリティカル・マネージメント大学院修了
国際基督教大学大学院行政学研究科博士後期課程修了
前職 横浜薬科大学客員教授
所属政党 自由民主党麻生派
称号 博士(学術)(国際基督教大学・2008年)
親族 父・牧島 功(神奈川県議会議員)
公式サイト 牧島かれん 公式ホームページ

選挙区 神奈川17区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月19日[1] - 現職
テンプレートを表示

牧島 かれん (まきしま かれん、1976年11月1日 - ) は、日本政治家政治学者自由民主党所属の衆議院議員(2期)、元内閣府大臣政務官

人物[編集]

小学校から高等学校までの12年間を、自宅から横浜雙葉に通う。 父親の牧島功は小泉純也小泉純一郎衆議院議員の秘書、横須賀市議会議員神奈川県議会議員を務めた後、1998年第18回参議院議員通常選挙神奈川県選挙区から自由民主党公認で立候補したが落選。この時に選挙対策本部長を務めたのは河野洋平であった[2]。当時大学3年生だったかれんは、この時の経験から政治学を学ぶ決心をし、ジョージ・ワシントン大学大学院で政治学を学び修士号を取得した[2]アメリカ留学中にはNHKワシントン支局でNHK-BSのドキュメンタリー番組のコーディネーターを務めた。また、ワシントン滞在中に9.11の同時多発テロに遭遇している。

帰国後、桐蔭横浜大学東京純心女子大学等で教鞭をとるかたわら、テレビ神奈川の番組「教育はてな?」やFMブルー湘南で情報番組のパーソナリティを務める。2008年「レトリカル・リーダーシップとアメリカ大統領 : 政治的コミュニケーションとその制度化」により、国際基督教大学より博士(学術)を取得[3]

早稲田大学公共政策研究所の「河野洋平特別プロジェクト~戦後内閣の軌跡」を担当したことをきっかけに、引退する河野洋平より神奈川17区の後継指名を受けた[2]麻生太郎政権では政策スタッフを一時務めた[4]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、安倍晋三首相秘書官を務めた井上義行無所属で出馬して[5][6][7][8]保守分裂選挙となり[9][10]民主党新人の神山洋介に敗れ[4]比例復活も出来ずに落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙で再度神奈川17区から出馬し[11]みんなの党に入党した井上や、前回敗れた神山を破り初当選した[12]

2014年第47回衆議院議員総選挙において98,019票(得票率38.8%)で再当選。テレビ東京系列池上彰司会の選挙速報番組では、当確の情報が流れた際に、罠猟の資格を持ち自らイノシシを解体することから「永田町のハイジ」と呼ばれていると紹介された。[要出典]

2015年10月、内閣府大臣政務官に就任。

2016年5月2日、酒井庸行内閣府大臣政務官に代わり、熊本県で発生した熊本地震の現地対策本部長に就任し[13]、5月8日まで務めた[14]

略歴[編集]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年(2012年)12月19日神奈川県選挙管理委員会告示第119号(衆議院小選挙区選出議員選挙において当選人と決定した者の住所及び氏名並びに当該当選人に係る候補者届出政党の名称)
  2. ^ a b c 阿部重夫 (2008年9月22日). “河野洋平の“後継者”牧島かれんとは――地盤継承の新しいカタチ”. FACTA. 2010年12月27日閲覧。
  3. ^ レトリカル・リーダーシップとアメリカ大統領 : 政治的コミュニケーションとその制度化 牧島かれん”. 国立国会図書館. 2012年8月15日閲覧。
  4. ^ a b 湯河原中出身、国政へ”. タウンニュース (2009年9月11日). 2010年12月27日閲覧。
  5. ^ 次期衆院選、安倍×河野の代理戦争に?神奈川17区 河野神通力に衰え?落下傘の牧島氏に不満も”. ZAKZAK (2009年1月9日). 2010年12月27日閲覧。
  6. ^ 新人4氏での争い”. タウンニュース (2009年8月1日). 2010年12月27日閲覧。
  7. ^ 神奈川17区で公開討論会 河野氏引退で激戦予想”. 産経新聞 (2009年7月24日). 2010年12月27日閲覧。
  8. ^ 神奈川17区 揺れる「河野王国」 新人同士が激戦”. 産経新聞 (2009年8月25日). 2010年12月27日閲覧。
  9. ^ 安倍氏の首相秘書官が出馬へ 神奈川17区”. 日本テレビ放送網 (2009年1月8日). 2010年12月27日閲覧。
  10. ^ 衆院17区 100年続いた『王国』の票動向 河野支持者 誰に『一票』?”. 東京新聞 (2009年8月16日). 2010年12月27日閲覧。
  11. ^ a b c “衆小17選告示第3号” (PDF). 神奈川県公報 (号外89). (2012年12月6日). http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/01/0115/kouhou/pdf/201212/G89.pdf 2012年12月18日閲覧。 
  12. ^ a b 第46回衆議院議員総選挙 投・開票速報 衆議院小選挙区選出議員選挙”. 神奈川県選挙管理委員会. 2012年12月18日閲覧。
  13. ^ 熊本地震の現地対策本部長に牧島氏 日本経済新聞 2016年5月2日
  14. ^ 現地対策本部に松本氏復帰=熊本地震 時事通信 2016年5月8日
  15. ^ a b 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート 神奈川17区 牧島かれん
  16. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]