牧島かれん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
牧島 かれん
まきしま かれん
Karen Makishima 20211008.png
デジタル庁より公表された肖像
(2021年 撮影)
生年月日 (1976-11-01) 1976年11月1日(46歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
出身校 国際基督教大学教養学部社会科学科卒業
ジョージ・ワシントン大学ポリティカル・マネージメント大学院修了
国際基督教大学大学院行政学研究科博士後期課程修了
前職 横浜薬科大学客員教授
所属政党 自由民主党麻生派
称号 博士(学術)(国際基督教大学・2008年)
親族 牧島功(神奈川県議会議員)
公式サイト 牧島かれん 公式ホームページ

内閣 第1次岸田内閣
第2次岸田内閣    
在任期間 2021年10月4日 - 2022年8月10日

選挙区 神奈川17区
当選回数 4回
在任期間 2012年12月16日[1] - 現職
テンプレートを表示

牧島 かれん (まきしま かれん、1976年昭和51年〉11月1日 - ) は、日本政治家政治学者自由民主党所属の衆議院議員(4期)。

デジタル大臣(第2・3代)、内閣府特命担当大臣(規制改革)自由民主党青年局長内閣府大臣政務官を歴任した。

来歴[編集]

神奈川県横須賀市出身[2]。小学校から高等学校までの12年間、横須賀の自宅から横浜雙葉へ通学する。父親の牧島功は、小泉純也小泉純一郎それぞれの衆議院議員秘書、横須賀市議会議員神奈川県議会議員を務めたのち、1998年第18回参議院議員通常選挙神奈川県選挙区から、河野洋平を選挙対策本部長[3]自由民主党公認で立候補するも落選となる。国際基督教大学3年時で父の落選にあたり政治学を志し、ジョージ・ワシントン大学大学院で政治学修士[3]を修める。留学中に、NHKワシントン支局でNHK-BSドキュメンタリー番組のコーディネーターを務め、アメリカ同時多発テロに遭遇する。

帰国後は、桐蔭横浜大学東京純心女子大学で指導するほかテレビ神奈川の番組「教育はてな?」やFMブルー湘南で情報番組のパーソナリティを務める。2008年に「レトリカル・リーダーシップとアメリカ大統領: 政治的コミュニケーションとその制度化」を表して国際基督教大学で博士(学術)[4]を修める。

早稲田大学公共政策研究所「河野洋平特別プロジェクト~戦後内閣の軌跡」の担当を機に、引退する河野洋平から神奈川17区の後継を指名される[3]麻生太郎政権で政策スタッフを経験した[5]

2009年第45回衆議院議員総選挙で神奈川17区から立候補するも、安倍晋三首相秘書官を務めた井上義行無所属で立候補して[6][7][8][9]保守分裂選挙となり[10][11]民主党新人の神山洋介に敗れ[5]て比例区でも復活せずに落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙で再び神奈川17区から立候補[12]し、神山やみんなの党に入党した井上を破り初当選した[13]

2014年第47回衆議院議員総選挙で再選。

2015年10月に内閣府大臣政務官に就く。

2016年4月14日、16日に熊本県で発生した熊本地震の現地対策本部長[14]を、酒井庸行内閣府大臣政務官に代わり5月2日から5月8日まで務めた[15]

2017年第48回衆議院議員総選挙で3選。

2020年9月に、菅義偉自民党総裁から女性として初めて自由民主党青年局長に起用される。

2021年10月4日岸田内閣デジタル大臣内閣府特命担当大臣(規制改革)行政改革担当大臣として初入閣[16]。2021年10月7日、過去にNTTから1人5万円の高額接待を受けていたと週刊誌で報道される[17]

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で4選。

人物[編集]

わな猟の狩猟免許を取得し、神奈川県猟友会小田原支部に所属している[18]

自民党の通称「ジビエ議連」に所属し「永田町のハイジ」というあだ名があるという報道がある[19]

略歴[編集]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “議員や首長の任期はいつからカウントするか。”. レファレンス協同データベース. (2011年6月16日). https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000087399 2021年8月18日閲覧。 
  2. ^ 国会議員情報:牧島 かれん(まきしま かれん):時事ドットコム. 2021年10月7日閲覧
  3. ^ a b c 阿部重夫 (2008年9月22日). “河野洋平の“後継者”牧島かれんとは――地盤継承の新しいカタチ”. FACTA. 2008年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月27日閲覧。
  4. ^ レトリカル・リーダーシップとアメリカ大統領 : 政治的コミュニケーションとその制度化 牧島かれん”. 国立国会図書館. 2012年8月15日閲覧。
  5. ^ a b 湯河原中出身、国政へ”. タウンニュース (2009年9月11日). 2010年12月27日閲覧。
  6. ^ 次期衆院選、安倍×河野の代理戦争に?神奈川17区 河野神通力に衰え?落下傘の牧島氏に不満も”. ZAKZAK (2009年1月9日). 2009年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月27日閲覧。
  7. ^ 新人4氏での争い”. タウンニュース (2009年8月1日). 2010年12月27日閲覧。
  8. ^ 神奈川17区で公開討論会 河野氏引退で激戦予想”. 産経新聞 (2009年7月24日). 2010年12月27日閲覧。
  9. ^ 神奈川17区 揺れる「河野王国」 新人同士が激戦”. 産経新聞 (2009年8月25日). 2010年12月27日閲覧。
  10. ^ 安倍氏の首相秘書官が出馬へ 神奈川17区”. 日本テレビ放送網 (2009年1月8日). 2010年12月27日閲覧。
  11. ^ 衆院17区 100年続いた『王国』の票動向 河野支持者 誰に『一票』?”. 東京新聞 (2009年8月16日). 2010年12月27日閲覧。
  12. ^ a b c “衆小17選告示第3号” (PDF). 神奈川県公報 (号外89). (2012年12月6日). http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/01/0115/kouhou/pdf/201212/G89.pdf 2012年12月18日閲覧。 
  13. ^ a b 第46回衆議院議員総選挙 投・開票速報 衆議院小選挙区選出議員選挙”. 神奈川県選挙管理委員会. 2012年12月18日閲覧。
  14. ^ a b 熊本地震の現地対策本部長に牧島氏 日本経済新聞 2016年5月2日
  15. ^ 現地対策本部に松本氏復帰=熊本地震 時事通信 2016年5月8日
  16. ^ “永田町のハイジ”牧島かれんデジタル大臣が本格デビュー「わなを設置して待つのではなく、自ら山の中に入っていく」. FNNプライムオンライン. 2021年10月6日記事. 2021年10月9日閲覧
  17. ^ 牧島かれんデジタル相、就任前2回のNTT幹部からの接待を公表 「議員として政治活動」:東京新聞 TOKYO Web. 2021年10月8日記事. 2021年10月9日閲覧
  18. ^ 実は凄腕ハンター!のジビエランチ | 永田町・霞が関のサラめし | NHK政治マガジン. 2019年6月10日記事. 2021年10月7日閲覧
  19. ^ “「永田町のハイジ」牧島氏、デジタル・行政改革に「自ら山の中へ」”. 朝日新聞. (2021年10月5日). https://www.asahi.com/articles/ASPB55QL4PB5ULFA00M.html 2021年10月5日閲覧。 
  20. ^ 青年局長に牧島氏、初の女性 自民:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年9月30日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i 2017衆院選 朝日東大谷口研究室調査
  22. ^ a b 2021年衆院選候補者アンケート”. ニュースZERO. 2021年10月20日閲覧。
  23. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  24. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代
平井卓也
日本の旗 デジタル大臣
第2・3代:2021年- 2022年
次代
河野太郎
先代
河野太郎
日本の旗 特命担当大臣規制改革
第24・25代:2021年 - 2022年
次代
岡田直樹
先代
越智隆雄
松本洋平
小泉進次郎
大塚拓
岩井茂樹
鈴木馨祐
福山守
石川博崇
日本の旗 内閣府大臣政務官
酒井庸行
高木宏壽
古賀篤
田所嘉徳
豊田真由子
星野剛士
津島淳
白石徹
藤丸敏と共同

2015年 - 2016年
次代
武村展英
豊田俊郎
務台俊介
島田三郎
井野俊郎
田野瀬太道
井原巧
根本幸典
井林辰憲
宮澤博行
党職
先代
小林史明
自由民主党青年局長
2020年 -2021年
次代
小倉將信