飯島忠義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯島 忠義(いいじま ただよし、1945年6月9日 - )は日本政治家、元衆議院議員

略歴[編集]

1968年早稲田大学教育学部卒業。富士ゼロックスアメリカンファミリーでの会社員生活を経て1979年統一地方選挙戸塚区選出横浜市議(新自由クラブ)。1986年に戸塚区南部が分離して栄区が誕生すると栄区選挙区に移り、1995年まで4期16年。自民党横浜市栄区支部長を務めた。

衆院の小選挙区比例代表並立制導入に伴い神奈川4区が新設された1996年第41回衆議院議員総選挙で当時争点のひとつであった消費税について撤廃論・凍結論ばかりの中、全国でただ一人「敢えてお願いします。5%」と公報に掲げ、新進党公認の浅尾慶一郎長島一由らを破り初当選。派閥清和政策研究会に所属した。

2000年第42回衆議院議員総選挙民主党大石尚子に敗北し比例復活出来ず落選した。

属していた団体[編集]

関連項目[編集]