青柳陽一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青柳 陽一郎
あおやぎ よういちろう
生年月日 (1969-08-29) 1969年8月29日(48歳)
出生地 日本の旗 東京都中野区
出身校 日本大学法学部
早稲田大学大学院公共経営研究科
現職 安全保障委員会
決算行政監視委員会
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(理事)
所属政党 みんなの党→)
結いの党→)
維新の党→)
民進党江田グループ)→)
立憲民主党
称号 公共経営修士(専門職)
公式サイト 青柳陽一郎(あおやぎよういちろう)公式ホームページ

選挙区 比例南関東ブロック神奈川6区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

青柳 陽一郎(あおやぎ よういちろう、1969年昭和44年)8月29日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

東京都中野区に生まれ、小学校3年のときに神奈川県横浜市保土ヶ谷区に転居。横浜市立常盤台小学校、横浜市立保土ヶ谷中学校、日本大学高等学校日本大学法学部政治経済学科卒業。1993年松田岩夫衆議院議員事務所に入所し、私設秘書を務める。1998年公設秘書に就任。2005年、松田岩夫の内閣府特命担当大臣就任に伴い、大臣秘書官を務める[1]

2011年早稲田大学大学院公共経営研究科に入学[1]2012年第46回衆議院議員総選挙みんなの党公認で神奈川6区から出馬し、選挙区では公明党上田勇に敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活当選した。

2013年12月9日、みんなの党へ離党届を提出し、同月、結いの党結成に加わる[1]

2014年9月、結いの党と日本維新の会の合流により、維新の党所属となる[1]

2014年10月26日、維新の党神奈川県総支部を設立し代表に就任(党所属国会議員はほかに江田憲司(総支部最高顧問に就任)、椎名毅(総支部副代表に就任))[2][3]。同年12月、第47回衆議院議員総選挙に神奈川6区から出馬し、選挙区では再び上田に敗れたが、比例復活で再選。

2016年3月、民進党の結党に参画。9月から次の内閣にてネクスト防衛大臣を務める。

2017年9月、前原誠司民進党代表の次の内閣でネクスト行革担当大臣に横滑り。

同年10月6日、第48回衆議院議員総選挙に向けて、連合神奈川は青柳の支持を決定[4]。10月8日、青柳は立憲民主党公認で立候補する意向を表明した[5][6]

政策[編集]

所属議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]