結いの党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政党
結いの党
Unity Party
成立年月日 2013年12月18日(設立総会)
前身政党 みんなの党(一部)
解散年月日 2014年9月21日
解散理由 日本維新の会との合流
後継政党 維新の党
本部所在地
〒100-0014
東京都千代田区永田町二丁目9-6[1] 十全ビル703
政治的思想・立場 社会自由主義[2]
小さな政府[2]
地方分権[2]
平和主義[2]
中道主義[2]
テンプレートを表示

結いの党(ゆいのとう、英語: Unity Party)は、かつて存在した日本政党。略称は、結い[3]

概要[編集]

みんなの党除籍された江田憲司を代表として結成された。みんなの党に所属していた国会議員(衆議院議員9人、参議院議員6人の計15人)および地方議会議員の一部が参加した。

2013年12月18日結党。2014年9月21日、解党して日本維新の会と合併、維新の党を結成。

党名[編集]

党名は12月13日の準備会合にて、50以上の候補から絞られた「あしたの党」「新党ひびき」「正義党」「民権党」「結いの党」(五十音順)の5候補に対し、会合に出席した国会議員14人・秘書3人の計17人が2票ずつ無記名投票。その結果、「民権党」「結いの党」が各10票、「あしたの党」が7票、「新党ひびき」が5票、「正義党」が2票となり、その後、同数1位であった「民権党」と「結いの党」の2候補に対し、国会議員15人が電子メールによる決選投票を行い、「結いの党」に決定した。

「結いの党」は江田の発案によるもので、江田は「野党再編を明確にする党のため、各政党を結びつけ、束ねる結節点になり、野党連合勢力を結集していく意味合い」と説明した[4]

目標[編集]

我が国の政治状況は、自民党の「一強多弱」と評される中で、官僚主導、族議員主導が強まり、国民が置き去りにされつつある。 今こそ、政治理念と基本政策の一致を前提に野党勢力を結集し、与党・自民党に代わって、政権担当可能な一大勢力をつくらなければならない。 我が党はそのための「触媒」となり、身を捨てる覚悟で、党の発展的解消も辞さず、真の改革勢力を結集していく[5]

党史[編集]

結党[編集]

2009年8月8日に、渡辺喜美江田憲司が中心となりみんなの党が結党されたが、2013年頃になると党運営や[[日本維新の会]との合流を巡って]代表・渡辺と幹事長・江田との党内対立が激化。8月7日に幹事長を解任された江田が年内の新党旗揚げへと動き、12月9日、江田を含めた衆議院議員8人・参議院議員6人の計14人がみんなの党へ離党届を提出した。12月18日に新党設立総会を開催、12月20日に政党設立届を総務省へ提出し、受理される。結党には、12月9日にみんなの党へ離党届を提出した14人と、8月23日にみんなの党を離党していた衆議院議員・柿沢未途の計15人の国会議員が参加した。設立総会では、「結いの党」の党名も発表された。

しかし、前所属政党であるみんなの党は、江田・柿沢を除く13名の比例代表で当選した衆参議員について「みんなの党がいただいた議席なので、返していただきたい」として議員辞職を求めみんなの党院内会派からの離脱を拒否、江田は「仮に会派離脱が認められなければ、質問に立てず、全く国会活動できない」として会派離脱の許可を要求した[6]。翌2014年1月23日、衆議院においては各議員の対応について「本人の意思を尊重する」という申し合わせが成立し、みんなの党が衆議院議員運営委員長立ち会いの元で結いの党に移籍した議員7人に対し個別に事情聴取を行うことを条件にみんなの党会派離脱を認め[7][8]、衆議院では新会派結いの党が誕生した。参議院でも遅れて会派離脱が認められ[8]、2月14日に新会派結いの党が誕生した。

1月18日に結党大会を開き、野党勢力結集を目指すことを改めて表明した[9]

3月15日に藤巻幸夫が死去したため参議院の議席を1つ失った(失われた議席は藤巻が当選時に所属していたみんなの党に配分)。

地方の動き[編集]

東京都議会では2013年東京都議会議員選挙(6月23日実施)前後からみんなの党内での対立が表面化、国政よりも先に党が分裂した[10][11]。同選挙ではみんなの党は選挙前の1議席から7議席へと大幅に党勢を伸ばした。江田・柿沢に近い野上幸絵が代表となり、7月23日に都議会事務局に会派「都議会みんなの党」の結成届を提出したが、会派の幹事長職を巡り議員間で対立が起こる。25日に渡辺派4議員の会派離脱が発表されたが、4議員は「会派離脱を了承した事実はない。離脱させられた」と反発、同日夜に4議員で会派「みんなの党」(4議席、両角穣代表)が結成され、みんなの党都議団はわずか3日で分裂した。以降両会派の並立状態が続いたが、国政政党の分裂後の2014年1月、「都議会みんなの党」は会派名を「都議会結いの党」(野上代表)に変更した。

江田の地元神奈川では、2014年1月、江田に近い神奈川県議会議員3人でが結いの党系の会派「かながわの未来を結ぶ会県議団」が結成された。4月にはにはみんなの党を離党し無所属となった2議員が入党、会派に加わり5議席となり、県議会交渉会派となった[12][13]

日本維新の会との連携と合併[編集]

結いの党は結党の経緯から、日本維新の会との合流を結党当初から求めていた[14]が、維新共同代表の石原慎太郎が結いの党は「護憲政党で、手は組めない」と述べるなど、維新内部に合流反対派が存在した[15]。維新内部の対立で「回答待ち」の状態が数か月続いたものの、5月になって維新も結いとの合流賛成、反対派で分党することが決定する(石原らは次世代の党を結成)。

4月25日、参議院で統一会派「日本維新の会・結いの党」を結成、7月9日には維新合流派の橋下徹共同代表が率いるグループと衆議院でも統一会派「日本維新の会・結いの党」を結成。上述の東京都・神奈川県議会でも、それぞれ2月に統一会派「都議会結いと維新」、5月に「結いの党・日本維新の会県議団」を結成した[16]

9月19日、日本維新の会との合併、維新の党の結党が発表された。21日に結いの党は解散[17]、維新の党へ合流する。

政策[編集]

「改革」や「反既得権益」を党の主軸としつつ自由主義平和主義的な理念が目立つ。

理念[編集]

  1. 「保守vsリベラル」(55年体制)を超えた政治を目指す。イデオロギーではなく国民本位に、内政、外交とも常に政策ごとに判断する。
  2. 「自由」(フリー)で「公正」(フェアー)で「開かれた」(オープン)社会を目指す。
  3. 「政治は社会的弱者のためにある」を旨とする。
  4. 課題を次世代に先送りせず、将来に向けた持続可能な制度・仕組みを構築する。
  5. 日本の旧き良き「伝統」は守り、豊かな自然と多様な文化の源である地域を育み、悪しき「因習」「既得権益」は打破する。
  6. 自律的な外交と安全保障で諸外国との平和的共存を図り、決して戦争への道は歩まない。
  7. 戦後、日本国憲法が果たしてきた役割を正当に評価するとともに、時代の要請に応じて不断の見直しを行う[5]

使命(ミッション)[編集]

【脱官僚】(民間が主役)、 【脱中央集権】(地域が主役)、 【脱しがらみ・利権】(生活者が主役)、 で「この国のかたち」を変える![5]

役職[編集]

歴代役員[編集]

代表 副代表 幹事長 政策調査会長 衆議院国会対策委員長 参議院国会対策委員長 就任年月
江田憲司 寺田典城 小野次郎 柿沢未途 畠中光成 柴田巧 2013年12月

党勢[編集]

所属国会議員[編集]

※2014年3月16日現在の状況 衆議院議員9名、参議院議員5名

衆議院議員
江田憲司
神奈川8区、衆4
柿沢未途
東京15区、衆2
林宙紀
比例東北、衆1
青柳陽一郎
比例南関東、衆1
椎名毅
比例南関東、衆1
井出庸生
比例北陸信越、衆1
小池政就
比例東海、衆1
井坂信彦
比例近畿、衆1
畠中光成
比例近畿、衆1
参議院議員
2016年改選 小野次郎
比例代表、衆1参1
柴田巧
比例代表、参1
寺田典城
比例代表、参1
真山勇一
比例代表、参1
2019年改選 川田龍平
比例代表、参2

地方議会の勢力[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2014年(平成26年)1月28日総務省告示第14号「政治資金規正法の規定による政治団体の届出事項の異動の届出があったので公表する件」
  2. ^ a b c d e “党の理念” (プレスリリース), 結いの党, オリジナルの2014年9月23日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20140923150841/http://yuinotoh.jp/philosophy/ 
  3. ^ 2014年(平成26年)1月31日中央選挙管理委員会告示第2号「衆議院比例代表選出議員の選挙における政党その他の政治団体の名称、略称等について届出があった件」
  4. ^ 江田新党の名称は「結いの党」に…あす旗揚げ 読売新聞 2013年12月17日閲覧
  5. ^ a b c 結いの党公式サイト 党の理念 2014年5月閲覧
  6. ^ 結いの党が旗揚げ=江田氏ら、14年秋までに野党勢力結集 時事ドットコム 2013年12月18日
  7. ^ <結いの党>衆院で新会派…みんな、比例7人の離脱容認毎日新聞 2014年1月23日(木)配信
  8. ^ a b みんな、会派離脱を容認 伊吹議長、水面下で動く 参院は否定 産経新聞 2014年1月23日
  9. ^ 江田氏「維新と早期合流へ政策協議」 結いが結党大会朝日新聞 2014年1月18日配信
  10. ^ “みんなの党 会派結成3日目で分裂 都議会 人事などをめぐり確執 「離脱は本人も了承」 「了承の事実ない」”. しんぶん赤旗. (2013年7月27日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-27/2013072704_02_1.html 2013年11月28日閲覧。 
  11. ^ “分裂危機のみんなの党 都議会の会派も渡辺派と江田派に分裂”. 週刊ポスト. (2013年8月5日). http://www.news-postseven.com/archives/20130805_203742.html 2013年11月28日閲覧。 
  12. ^ “「結い」県議会の交渉会派に みんな2氏は10日に合流”. カナロコ. (2014年4月10日). http://www.kanaloco.jp/article/69359/cms_id/74538 2014年5月28日閲覧。 
  13. ^ “みんなの党の2県議が離団 党籍も結いの党へ 神奈川県議会”. MSN産経ニュース. (2014年4月10日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/140410/kng14041016580003-n1.htm 2014年5月28日閲覧。 
  14. ^ 「維新と結い、15日から政策協議」時事通信 1月7日19時37分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000153-jij-pol
  15. ^ 維新・石原氏、結いとの合流否定「統一選への野党再編は卑しい願望」産経新聞 1月9日(木)23時14分配信
  16. ^ “結いと維新、統一会派を結成 神奈川県議会”. MSN産経ニュース. (2014年5月15日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/140515/kng14051521190009-n1.htm 2014年5月28日閲覧。 
  17. ^ 2014年(平成26年)11月27日総務省告示第413号「政党助成法第二十一条第一項の規定による政党の解散等の届出があったので公表する件」

外部リンク[編集]