岡島一正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
岡島 一正
おかじま かずまさ
生年月日 (1957-11-03) 1957年11月3日(59歳)
出生地 日本の旗 千葉県
出身校 早稲田大学社会科学部卒業
前職 日本放送協会報道局
映像取材番組担当副部長
所属政党 自由党→)
民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
(生活の党→)
生活の党と山本太郎となかまたち
称号 学士(早稲田大学・1981年
親族 岡島正之
公式サイト 岡島一正ネットウェイブ

選挙区 千葉3区
当選回数 2回
在任期間 2003年 - 2005年8月8日
2009年 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

岡島 一正(おかじま かずまさ、1957年11月3日 - )は、日本政治家カメラマン生活の党と山本太郎となかまたち千葉県第3区総支部長。

衆議院議員(2期)、民主党陳情要請対応本部副本部長、衆議院決算行政監視委員会筆頭理事、国民の生活が第一総務委員長などを歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

市原市立姉崎小学校、市原市立姉崎中学校を経て、千葉県立木更津高等学校を卒業した[1]早稲田大学社会科学部に入学し、その後1981年に卒業した[1]

報道カメラマンとして[編集]

1981年に日本放送協会(NHK)に報道カメラマンとして入局する[1]福岡放送局沖縄放送局を経て、報道局の映像取材部や特報部に在籍する[1]。その後、バンコク特派員を経て、報道局にてアジアセンターニュースデスク担当や映像取材ニュース総合デスクを務めた[1]。また、在ペルー日本大使公邸占拠事件の際には、現地デスクとしてペルーに5か月駐在した[1]2000年に報道局の映像取材番組担当副部長に就任し、主として『NHKスペシャル』などの番組の製作にて、映像取材の統括を担当した[1]

政治家として[編集]

2001年7月29日第19回参議院議員通常選挙では、自由党公認で立候補するものの次点で落選した。その後、民主党と自由党との合併にともない、民主党に所属する。2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙では、民主党公認で千葉3区から出馬し、自由民主党の前職松野博一を破り初当選した。

党内では保守系の議員の一人ではあるが、イラク日本人人質事件が発生した直後の2004年4月10日生方幸夫小林千代美らとともに民主党衆参27名の署名を集め、イラクから自衛隊を撤退させるよう声明を出した。また、署名はしなかったものの、小沢一郎横路孝弘も賛同していることを明らかにした。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙では、千葉3区から出馬するも敗れ落選した。2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙にて、千葉3区から出馬し当選した。2009年7月21日、小沢一郎の政治団体「陸山会」より500万円の寄附を受けた。また、2010年9月民主党代表選挙では、小沢に一票を投じた[2]樋高剛佐藤公治松木謙公と並ぶ「小沢側近四天王」の一人[3]

2012年内閣総理大臣野田佳彦消費税増税などを含む社会保障・税一体改革関連法案の提出を表明した際には、法案の内容を批判した[4]衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では、反対票を投じた。同年7月2日に離党届を提出するも受理されず、7月9日に除籍処分が確定した[5]。同年7月11日国民の生活が第一結党に参加した[6]。国民の生活が第一では、党本部の総務委員長に就任した。また、国民の生活が第一が千葉県総支部連合会を設立すると、その代表に就任した[7]。同年の第46回衆議院議員総選挙日本未来の党公認で千葉3区から出馬するも、落選。その後は生活の党に参画し、2013年5月に千葉県総支部連合会が設立されると、その代表に就任した[8]。2014年の第47回衆議院議員総選挙に生活の党公認で千葉3区から出馬するも、落選。その後、生活の党と山本太郎となかまたち千葉県第3区総支部長に就任した。

政策[編集]

家族・親族[編集]

である岡島正之は、競輪選手を経て政治家となり、厚生政務次官衆議院労働委員長などを務めた。

略歴[編集]

取材を担当した作品[編集]

  • ドキュメンタリー「国籍法改正施行 日本人になった日」
  • おはようジャーナル「米兵に嫁いだ女たち」
  • ドキュメンタリー「琉台航路 謎の運び屋たち」
  • NHKスペシャル「社会主義の20世紀 ベトナム戦争15年目の真実」
  • 「戦争を記録した男達 ファインダーの中のベトナム戦争」
  • NHKスペシャル「アジアハイウェー 現代史が駆け抜けた道」
  • クローズアップ現代「ベトナム戦争終結20年」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 「プロフィール」『岡島一正ネットウェイブ/プロフィール』ネットウェイブ。
  2. ^ YOMIURI ONLINE:民主6衆院議員陸山会から寄付
  3. ^ 菅バラバラ“時限爆弾”炸裂か! 小沢派、原口分派会合に集合ZAKZAK 2011年2月24日
  4. ^ 岡島一正「『増税の前にすべき事がある!』」『岡島一正ネットウェイブ』ネットウェイブ、2012年6月25日
  5. ^ 鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会 - 産経ニュース 2012年7月9日
  6. ^ 新党の参加議員 - 時事ドットコム 2012年7月11日
  7. ^ 「新党『国民の生活が第一』千葉県連を設立――『きづなと合流も』」『新党「国民の生活が第一」千葉県連を設立 「きづなと合流も」 - MSN産経ニュース産経デジタル2012年8月31日
  8. ^ 田中裕之「選挙:参院選・千葉選挙区――生活、太田氏を擁立――衆院福島2区から転出/千葉」『選挙:参院選・千葉選挙区 生活、太田氏を擁立 衆院福島2区から転出 /千葉- 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2013年5月30日
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

党職
先代:
(新設)
生活の党
千葉県総支部連合会代表

初代:2013年 - 2014年
次代:
(廃止)
先代:
(新設)
国民の生活が第一
総務委員長

初代:2012年
次代:
(廃止)
先代:
(新設)
国民の生活が第一
千葉県総支部連合会代表

初代:2012年
次代:
(廃止)