原陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原陽子
はら ようこ
生年月日 (1975-02-10) 1975年2月10日(44歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県裾野市
出身校 桜美林大学国際学部
所属政党社会民主党→)
無所属

選挙区 比例南関東ブロック
当選回数 1回
在任期間 2000年6月26日 - 2003年11月9日
テンプレートを表示

原 陽子(はら ようこ、1975年(昭和50年)2月10日 - )は、日本女性政治家。元衆議院議員(1期)。静岡県裾野市出身。

プロフィール[編集]

1994年3月、静岡県立沼津西高等学校卒業。在学中、姉妹都市交換留学生としてオーストラリア留学1998年3月、桜美林大学国際学部卒業。2000年3月、桜美林大学大学院国際学研究科修士課程修了。この間、社会主義インターナショナル青年大会などに参加。

2000年6月、桜美林大学大学院国際学研究科に科目等履修生として在学中、衆議院選挙社会民主党公認候補として神奈川14区より比例代表と共に重複立候補し、小選挙区では落選したが(当選者は藤井裕久)、比例南関東ブロックで初当選。25歳4ヶ月での当選により、憲政史上最年少の国会議員となった。衆議院議員在職中は商工委員会・青少年特別委員会に所属していた[要出典]当時はその容姿から「国会のヒロスエ」或いは「よっきゅん」とも呼ばれた[誰によって?]2009年鳩山内閣において設置された行政刷新会議事業仕分けメンバーに選定された政野淳子は、当時の原の政策担当秘書である。

2003年11月、再選を目指して第43回衆議院議員総選挙に再度神奈川14区より立候補したが、前回と同じ比例での復活当選もならず3位で落選(当選者は藤井裕久)。

2004年5月、静岡県議会議員の補欠選挙に無所属(民主党静岡県連推薦)で立候補したが次点で落選。社民党に離党届を出し民主党県連推薦を受けたことから、「政党鞍替えを画策した」として立候補届け出直前に社民党から除名された。

その後、裾野市臨時職員や専門学生を経て、現在は社会福祉士の資格を活かして、障害者向けの人材紹介会社に勤務している[要出典]

政治的主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入を支持。「夫婦が同姓であるべきとも別姓であるべきとも考えず、どちらでもよいと考える。重要なのは、姓を選択できるということである。時代の流れと共に家族というものの考え方も変わってきている。家庭の崩壊のおそれから、夫婦別姓制度に反対する人もいるが、第三者が家庭の崩壊について口を出すのはおかしい」と述べている[1]
  • 2003年静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている[2]
  • 2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件の際、自サイトで「今回のテロだってアメリカの外交政策の失敗??なのでは」「『ざまーみろっ』と思っている国だってきっとある、と思いませんか」と書き[3]、非難を浴びて即座に撤回している[4]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院会議録情報 第154回国会 憲法調査会基本的人権の保障に関する調査小委員会 第3号 「それを選択する人物とはかかわりのない人たち」で検索し、参照されたい。
  2. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ
  3. ^ 今村守之 『問題発言』 新潮新書 446 ISBN 978-4106104466、169p
  4. ^ 中宮崇 『天晴れ! 筑紫哲也NEWS23』 文春新書 494 ISBN 4166604945、74p

関連項目[編集]

名誉職
先代:
古川元久
最年少衆議院議員
2000年 - 2003年
次代:
寺田学