荻野六郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荻野六郎

荻野 六郎(おぎの ろくろう、1867年4月1日(慶応3年2月27日[1])- 1923年大正12年)2月6日[1][2])は、明治時代実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

武蔵国榛沢郡横瀬村(のち埼玉県大里郡豊里村、現深谷市)で、名主・荻野竹五郎の長男として生まれる[1]1887年埼玉県師範学校を卒業した[1][2]

1896年、大里郡会議員補欠選挙で当選し、同参事会員も務めた[1][2]1897年進歩党所属で埼玉県会議員に当選した[1]1894年9月、第4回衆議院議員総選挙で埼玉県第五区から選出された原善三郎が、1897年 9月29日、貴族院多額納税者議員に就任したため[3]、その補欠選挙に出馬して当選し[4]、衆議院議員を一期務めた[1][2]

その他、下谷商業銀行頭取、深谷銀行専務取締役、吾妻馬車鉄道株式会社社長、赤坂湖泉株式会社取締役、深川電灯株式会社社長、大日本生命保険株式会社取締役、中央商業銀行監査役、日本商業興信所評議員などを務めた[5]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『埼玉人物事典』210頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』152頁。
  3. ^ 『官報』第4275号、明治30年9月30日。
  4. ^ 『官報』第4303号、明治30年11月2日。
  5. ^ 『日本現今人名辞典 第3版』を52頁。
  6. ^ 『官報』第3160号「彙報」1894年1月13日。

参考文献[編集]

  • 埼玉県教育委員会編『埼玉人物事典』埼玉県、1998年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『日本現今人名辞典 第3版』日本現今人名辞典発行所、1903年。