上塚司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上塚司
うえつか つかさ
生年月日 1890年5月1日
出生地 熊本県下益城郡城南町
没年月日 (1978-10-22) 1978年10月22日(88歳没)
出身校 神戸高等商業学校
前職 南満州鉄道社員
所属政党 立憲政友会→)
(無所属→)
日本自由党→)
自由党
称号 勲二等瑞宝章

日本の旗 衆議院議員
当選回数 7回
テンプレートを表示

上塚 司(うえつか つかさ、1890年明治23年)5月1日[1] - 1978年10月22日)は、日本の政治家衆議院議員(7期)。正五位。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『揚子江を中心として』(織田書店、1925年)
  • 『理想的農業國デンマーク土産』(泰文館書店、1929年)
  • 「特別通信:ブラジル、アマゾーナス新植民地」(凌霜(凌霜会) 41号(1931年1月30日))
  • 『世界資源地としてのアマゾン [講演]』(資源科學諸學會聯盟、1941年)
  • 『是清翁一代記 / 高橋是清口述 ; 上塚司著作』(朝日新聞社、1929-1930年)

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、33頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年11月)
  • 武田知己「上塚司」『近現代日本人物史料情報辞典』第3巻(吉川弘文館、2007)
  • 石井光次郎他「アマゾン開拓の父 上塚司君逝く」(凌霜(凌霜会) 262号(1979年2月1日))石井光次郎は上塚司の神戸高等商業学校時代の同期生である。
  • 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ、84頁)

外部リンク[編集]