後藤祐一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
後藤 祐一
ごとう ゆういち
生年月日 (1969-03-25) 1969年3月25日(48歳)
出生地 日本の旗神奈川県横浜市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員(通商産業省・経済産業省
所属政党 民主党→)
民進党旧細野グループ)→)
無所属→)
希望の党
称号 法学士
公式サイト 衆議院議員 ごとう祐一のホームページ

選挙区 神奈川16区→)
比例南関東ブロック→)
(神奈川16区→)
比例南関東ブロック
当選回数 4回
在任期間 2009年8月30日 - 現職
テンプレートを表示

後藤 祐一(ごとう ゆういち、1969年3月25日 - )は、日本政治家、元通産・経産官僚希望の党衆議院議員(4期)。

来歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ[1]相模原市立上鶴間中学校神奈川県立厚木高等学校東京大学法学部卒業。1992年、通商産業省(現:経済産業省)に入省。スタンフォード大学カナダ外務貿易省への出向を経験した後、2005年7月に経済産業省を退官した。

亀井善之の死去に伴い2006年10月に実施された衆議院神奈川16区補欠選挙に、北朝鮮拉致実行犯の親族が関係者として入っている市民の党の推薦を受け民主党公認で立候補したが、亀井善之の長男で元秘書の亀井善太郎に敗れ、落選した。2009年第45回衆議院議員総選挙では再び神奈川16区から出馬し、亀井善太郎を破り初当選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、神奈川16区から民主党公認、国民新党推薦で立候補。参議院議員を辞職して立候補した自民党の義家弘介に約8千票差で敗れたが(惜敗率91.8%)、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、再選。2014年5月、細野豪志を中心に結成された自誓会に参加[2]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、神奈川16区で自民党の義家に1,489票差で勝ち、3選。

2017年9月の民進党代表選挙後、前原誠司代表の下で民共共闘に前向きな枝野幸男代表代行や長妻昭選対委員長が執行部入りしたことを受け、「(民共共闘見直しを主張していた)前原誠司新代表が、代表選の中で言っていた主張を貫けるのか」と懸念を示し[3][4]、その後離党を検討していることが報じられた[5][6][7][8]。後藤は離党報道による混乱の責任を取るとして、10日夜に神奈川県連代表の辞表を提出し、11日夜の県連臨時役員会で受理された[9][10][11]。12日に大島敦幹事長から慰留を受け、態度を保留していたが[12][13][14][15][16]、14日に離党の意向を表明した[17][18][19][20][21]。15日には離党届を提出し[22][23]、離党理由について「今の民進党では受け皿たりえない」「中道を旨とする新しい政治勢力を目指したい」と述べ、8月に離党した細野との連携に意欲を示した[24][25][26][27][28]。民進党は「重大な反党行為」として離党届を受理せず19日付で除籍(除名)処分とした。小選挙区選出議員の離党届は原則として受理されてきたが、大島は処分理由について、代表選直後に党の結束を乱す行為であり「(比例も小選挙区も)党勢をそぐ罪の重さは同じ」と説明した[29][30][31][32]

離党後、前述の通り細野の新党結成に帯同。9月27日に行われた希望の党設立会見に結党メンバーとなる国会議員14人の一人として参加した[33]。同年10月の第48回衆議院議員総選挙では連合神奈川の推薦は得られなかった[34]。神奈川16区で自民党の義家に敗れるも、比例復活で4選[35]

政策・主張[編集]

自身の政策として以下の3つを上げ、具体策として5つの方針を打ち出している[36]

基本理念[編集]

具体策[編集]

  • 結婚できる社会
  • 議員定数削減
  • ムダ全廃
  • 脱原発(安易な再稼働反対)
  • 透明な政府(オープンガバメント)

主張[編集]

不祥事[編集]

泥酔で醜態[編集]

2015年6月3日午前2時頃、港区赤坂議員宿舎タクシーで帰宅した際、泥酔状態でタクシーから下車しようとせず、運転手は警察に通報した。警察官や、議員宿舎から出てきた国会議員らが後藤を下車させようとしたが拒み、転倒。頭や顔に全治1週間の軽傷を負った[42]。後藤は民主党の高木義明国会対策委員長から口頭で厳重注意を受け、安住淳国会対策委員長代理から1年間の禁酒を命じられた[43]6月5日記者会見を開き「(タクシーの)運転手の方に大変失礼があった。昨日、運転手の方本人にお会いしてお詫び申し上げた。その際、暴力行為はなかったということ、きちんとタクシー料金を支払っていたことを確認した」「この度は私の不適切な行動で、いろんな方にご迷惑をかけてしまい申し訳ございませんでした」と釈明した[44]。この後、6月5日の衆議院本会議を欠席したが、10日の衆議院我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会で質問に立ち、約1週間ぶりに国会に復帰した[45]

女性官僚にパワハラ[編集]

2017年2月16日、防衛省の官僚数人が南スーダンでの自衛隊の日報問題を説明するために後藤の事務所を訪ねた際、後藤は30代の女性官僚に対し資料の不備などについて声を荒らげ「上司に言ってお前の人事評価を下げてやる」など、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超え、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させるパワーハラスメント(パワハラ)発言を行った。これに防衛省幹部が抗議し、後藤は「厳しい口調になってしまった」など、自らのパワハラ行為について謝罪した[46]

発言・活動[編集]

ブログ「実現男」[編集]

2006年の衆議院神奈川16区補欠選挙出馬に際し、自身のブログにおいて、実現してほしい「公約」を読者から募集し、毎週1つ実現すると宣言。「公約」といっても、「世界一臭い食べ物を完食」「新宿でゴミを1000個拾う」といった内容であった。この模様は2006年3月9日放送のTBSイブニング・ファイブ」や「週刊ポスト」(小学館)2006年5月26日号に取り上げられた。

アベノミクスの「3本の矢」への批判[編集]

2013年2月12日衆議院予算委員会の質疑において安倍晋三首相に対し「(アベノミクスで安倍が主張している)3本の矢は、元々は我々民主党が言い出たもので、3本を一体でやっていこうと主張しているが、安倍首相は『1本目の矢の金融緩和は勝手に日銀がやってくれ。我々政府は知らない』と言っている。3本の矢で行こうというのが日銀と民主党の考え方、1本の矢で行こうというのが安倍首相の考え方であり、食い違いがある」、「人口減少と、デフレギャップおよびデフレは密接に関係している」「2%の物価安定目標の達成に向けて安倍首相は政府は全く責任を取らないと主張している。本音は(2013年7月の)参院選が気になっているだけだ。安倍首相のマクロ経済に対する考え方は私は大変疑問だ」と発言した[47][48]

これに対し、安倍は「そもそも3本の矢と言い始めたのはあなた(後藤祐一)でも日銀でもなく私であり、総裁選を通じて申し上げてきたもの。単に金融緩和をやるのではなく、それと共に有効需要を作っていき実質経済を成長させ、そして地域が活性化し雇用賃金に反映させる時差を短くし、景気回復の実感を持って頂く。そのために2本目の矢の財政政策が必要であると主張している。しかしこれは何度も打てないので3本目の矢の成長戦略をしっかり打つ。これを同時に打ち込み、以前から言ってきた経済3団体への賃上げ協力要請[49]も本日行う。私が全く言っていない事について、言った事として批判されても本当に困る」「山本幸三議員が先程のヤジで指摘した通り、アメリカは日本より遥かにデフレギャップが大きいのにデフレに陥っていない。人口が減少している国の中でデフレ脱却していない国は日本だけ」と反論した[47][48]

その他[編集]

北朝鮮拉致実行犯の親族が参与している市民の党との関係[編集]

北朝鮮拉致実行犯の親族が関係し、菅直人らへの献金で問題となった政治団体市民の党から支援を受け、2006年10月に実施の衆議院神奈川16区補欠選挙に民主党公認で立候補している(結果は落選)。後藤は「どのような団体か全く知らぬまま(中略)ポスターを貼ってもらうなどの応援を頂いたのは事実」「衆院補選以降、市民の党とは一切の関係を絶っております」とメールマガジンで釈明している[50]

安保法制に関して[編集]

2015年5月28日、衆院安保特別委員会での総括質疑において、 ホルムズ海峡機雷で封鎖された場合、日本へ石油を運ぶタンカーが通れなくなり、自国の存立に関わるという話の最中に、「つまり石油を求めて戦争してもいいと、この法案では定義しているのだと考えます。この法案は石油を求めて戦争を可能にする法案でしょうか」と、発言した[51]。またこの発言を捏造して、「石油は燃やすとあったかいものです!そんな燃やすとあったかいだけの石油なんかのために戦争するなんて、世界に対して恥ずかしいと思わないんですかーーーッ!」と発言したとする2ちゃんねるデマTwitterなどで拡散され、誹謗中傷される被害を受けた[52]

北朝鮮のミサイル発射について[編集]

2017年8月30日、衆院安全保障委員会にて、安倍晋三首相が同年8月中(計30日間)に総理大臣公邸に宿泊したのはわずか2日間で、その翌日にいずれも北朝鮮からミサイルが発射されていたため、安倍晋三首相がミサイル発射を事前察知しているのではないかとの見方を披露。「兆候を把握しているのは良いこと」としつつ、「バレバレじゃないですか」「普段からもうちょっと、公邸に泊まることを推薦します」と発言した[53][54][55][56][57]

脚注[編集]

  1. ^ 公式プロフィール
  2. ^ “細野派に笠、後藤氏 民主「自民に代わる選択肢に」”. 神奈川新聞. (2014年5月27日). http://www.kanaloco.jp/article/65477 2014年12月27日閲覧。 
  3. ^ “支持率回復「厳しい」 民進役員人事に後藤・神奈川県連代表”. 神奈川新聞. (2017年9月7日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00020393-kana-l14 
  4. ^ “民進県連:共産との関係で新執行部に懸念 代表 /神奈川”. 毎日新聞. (2017年9月7日). https://mainichi.jp/articles/20170907/ddl/k14/010/149000c 
  5. ^ “独自 民進党から離党 続出へ”. テレビ東京. (2017年9月8日). http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_140116 
  6. ^ “民進衆院議員5人、離党へ 来週にも 細野・若狭氏と連携か”. 産経新聞. (2017年9月9日). http://www.sankei.com/politics/news/170909/plt1709090011-n1.html 
  7. ^ “後藤代表の離党検討 県連内に嘆きと怒り”. 神奈川新聞. (2017年9月10日). http://www.kanaloco.jp/article/276671 
  8. ^ “民進3議員が離党検討、細野氏らと合流か”. 読売新聞. (2017年9月10日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00050142-yom-pol 
  9. ^ “民進党県連 後藤祐一氏が神奈川県連の代表を辞任”. テレビ神奈川. (2017年9月12日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00010002-tvkv-soci 
  10. ^ “細野元環境相のグループ議員 民進党 離党届け提出を検討”. NHK. (2017年9月12日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170912/k10011135811000.html 
  11. ^ “民進、離党調整の5人聴取へ 神奈川県連、後藤氏が代表辞任”. 産経新聞. (2017年9月12日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000088-san-pol 
  12. ^ “民進 大島幹事長 離党検討議員から意見聴取”. NHK. (2017年9月12日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170912/k10011136401000.html 
  13. ^ “民進、離党検討議員へ慰留続く 説得は難航”. 共同通信. (2017年9月12日). https://this.kiji.is/280253295749398537 
  14. ^ “民進・後藤氏が離党検討、幹事長は慰留”. 日本経済新聞. (2017年9月12日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS12H2S_S7A910C1PP8000/ 
  15. ^ “民進「離党予備軍」、慰留も鈴木氏「意思固い」”. 読売新聞. (2017年9月13日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00050045-yom-pol 
  16. ^ “民進:離党予備軍巡り綱引き 細野氏らと攻防”. 毎日新聞. (2017年9月13日). https://mainichi.jp/articles/20170913/k00/00m/010/155000c 
  17. ^ “民進党の笠浩史、後藤祐一衆院議員、15日に離党へ”. 産経新聞. (2017年9月14日). http://www.sankei.com/politics/news/170914/plt1709140024-n1.html 
  18. ^ “民進 笠氏と後藤氏 15日離党届提出へ”. NHK. (2017年9月14日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170914/k10011139431000.html 
  19. ^ “民進党:笠氏と後藤氏、15日に離党届提出へ”. 毎日新聞. (2017年9月14日). http://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00m/010/083000c 
  20. ^ “民進、さらに2人が離党届提出へ 笠、後藤氏が15日昼に”. 共同通信. (2017年9月14日). https://this.kiji.is/281005498760152161 
  21. ^ “民進・笠氏と後藤氏、離党へ 前原代表、収拾急ぐ”. 朝日新聞. (2017年9月14日). http://www.asahi.com/articles/ASK9G66JXK9GUTFK00Y.html 
  22. ^ “民進の笠、後藤氏が離党届提出 新党へ細野氏らと連携”. 共同通信. (2017年9月15日). https://this.kiji.is/281271881464595553 
  23. ^ “笠氏・後藤氏が民進離党 細野氏らとの新党結成に参画か”. 朝日新聞. (2017年9月15日). http://www.asahi.com/articles/ASK9H2V2XK9HUTFK007.html 
  24. ^ “笠、後藤氏が離党届=前原氏苦境に―民進”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年9月15日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000067-jij-pol 
  25. ^ “民進・笠浩史、後藤祐一両氏が離党届を提出”. 産経新聞. (2017年9月15日). http://www.sankei.com/politics/news/170915/plt1709150052-n1.html 
  26. ^ “笠氏・後藤氏、民進党の2議員が離党届提出”. TBSテレビ. (2017年9月15日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3158156.html 
  27. ^ “笠議員、後藤議員が離党届 細野氏と連携へ”. 日本テレビ. (2017年9月15日). http://www.news24.jp/articles/2017/09/15/04372608.html 
  28. ^ “民進 笠氏と後藤氏が離党届提出 細野氏と連携へ”. NHK. (2017年9月15日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011140751000.html 
  29. ^ “民進、笠氏ら3人除籍=刺客検討も共倒れ懸念”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年9月19日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000060-jij-pol 
  30. ^ “離党届提出の3議員を除籍、対抗馬も検討…民進”. 読売新聞. (2017年9月19日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00050090-yom-pol 
  31. ^ “民進、離党届提出の笠氏ら3人を除籍処分”. TBSニュース. (2017年9月19日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3162991.html 
  32. ^ “民進、離党届提出の笠氏ら3人除名処分”. フジテレビ. (2017年9月19日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00370929.html 
  33. ^ “希望の党 小池代表が会見 「日本をリセットする」”. NHK. (2017年9月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170927/k10011158011000.html 
  34. ^ “【神奈川】<衆院選 注目区を歩く>(上)16区 前職2人と共産 激戦に拍車”. 東京新聞. (2017年10月18日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201710/CK2017101802000179.html 2017年11月14日閲覧。 
  35. ^ 神奈川-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  36. ^ 政策
  37. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  38. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  39. ^ “2014衆院選 神奈川16区 後藤 祐一”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A14016001001&st=tk 2014年4月8日閲覧。 
  40. ^ “橋下氏にバッサリ切られた海江田氏 “野党第一党死守”も足元バラバラ”. 産経新聞. (2014年6月7日). http://www.sankei.com/politics/news/140607/plt1406070014-n1.html 2014年6月10日閲覧。 
  41. ^ “前原氏ら集団的自衛権を限定容認…海江田おろし”. 読売新聞. (2014年6月5日). オリジナル2014年6月8日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20140608111959/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140605-00050031-yom-pol 2014年6月10日閲覧。 
  42. ^ “民主の安保特委員、酔ってタクシー降りず「法的根拠は」”. 朝日新聞. (2015年6月4日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00000045-asahi-pol&pos=2 2015年6月14日閲覧。 
  43. ^ “民主・後藤祐一氏に禁酒令 「釣り銭受け取る法的根拠は何か!」泥酔してタクシー運転手に難癖、警察沙汰に”. 産経新聞. (2015年6月4日). http://www.sankei.com/politics/news/150604/plt1506040020-n1.html 2014年6月14日閲覧。 
  44. ^ “泥酔・禁酒令の民主党・後藤祐一衆院議員が釈明会見 「飲み過ぎてはっきり覚えてないが…」「1年の禁酒は必ず実現する」”. 産経新聞. (2015年6月6日). http://www.sankei.com/politics/news/150606/plt1506060006-n1.html 2014年6月14日閲覧。 
  45. ^ “泥酔騒動の民主・後藤氏、1週間ぶり復帰、謝罪も…「通告ないし早口」と中谷防衛相苦言”. 産経新聞. (2015年6月10日). http://www.sankei.com/politics/news/150610/plt1506100025-n1.html 2014年6月14日閲覧。 
  46. ^ “民進・後藤祐一議員が女性官僚にパワハラ”. 日本テレビ放送網. (2017年2月21日). http://www.news24.jp/articles/2017/02/21/04354694.html 2017年2月21日閲覧。 
  47. ^ a b 2013年2月12日(火) 予算委員会”. 衆議院インターネット審議中継 (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  48. ^ a b H25/2/12 衆院予算委員会・後藤祐一【三本の矢を言い出したのは私です】” (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  49. ^ 首相、賃上げ要請 経団連会長「賞与に反映」 日本経済新聞 2013年2月12日
  50. ^ 衆議院議員後藤祐一メルマガ「総理の本音を聞きました」2011年7月20日発行号
  51. ^ “2015年5月28日(木) 平和安全特別委員会”. 衆議院インターネット審議中継”. http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=44940&media_type= 
  52. ^ 熟議を尽くすべき時に出る安易なデマの危うさ ハーバー・ビジネス・オンライン 2015年5月31日
  53. ^ “安倍首相公邸泊、ミサイル把握か=野党が指摘―衆院委”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年8月30日). オリジナル2017年8月31日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170831214633/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000084-jij-pol 
  54. ^ “ミサイル発射、首相把握? 前日に公邸宿泊、民進指摘”. 朝日新聞. (2017年8月30日). オリジナル2017年8月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170830191107/http://www.asahi.com/articles/ASK8Z5H5RK8ZUTFK01D.html 
  55. ^ “安倍首相「察知バレバレ」ですよ ミサイル対応で民進・後藤氏が注文”. 神奈川新聞. (2017年8月31日). オリジナル2017年9月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170901103742/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00020248-kana-l14 
  56. ^ “首相の公邸宿泊「発射前日だけ」 北朝鮮ミサイルで民進”. 日本経済新聞. (2017年8月31日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20578090R30C17A8PP8000/ 
  57. ^ “安倍氏、発射“前日”の公邸宿泊で事前に北ミサイル兆候察知か”. 夕刊フジ. (2017年9月1日). http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170901/soc1709010011-n1.html 

外部リンク[編集]