赤池誠章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
赤池 誠章
あかいけ まさあき
生年月日 (1961-07-19) 1961年7月19日(55歳)
出生地 日本の旗 山梨県甲府市
出身校 明治大学政治経済学部
前職 日本航空総合専門学校
所属政党 自由民主党細田派
称号 法学士
公式サイト 赤池まさあき 公式Webサイト

日本の旗 参議院議員
選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 現職

選挙区 比例南関東ブロック山梨1区
当選回数 1回
在任期間 2005年9月12日 - 2009年7月21日
テンプレートを表示

赤池 誠章(あかいけ まさあき、1961年7月19日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)、参議院文教科学委員長

文部科学大臣政務官第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)、衆議院議員(1期)、自由民主党副幹事長明治大学政治経済学部客員教授等を務めた。

来歴[編集]

山梨県甲府市生まれ[1]山梨県立甲府第一高等学校明治大学政治経済学部政治学科卒業[1]。明治大学在学中は雄弁部に所属し[2]、全関東学生雄弁連盟中央執行委員長を務めた。大学卒業後、松下政経塾に入塾した[1][3]

1993年第40回衆議院議員総選挙山梨県全県区(定数5)から無所属で出馬したが、得票数7位で落選[4]。その後、1994年に結党した新進党に入党し、1995年第17回参議院議員通常選挙山梨県選挙区から出馬したが、非自民票が赤池、民主改革連合現職の磯村修に割れ、自由民主党中島真人が当選した[5]2000年第42回衆議院議員総選挙に無所属で山梨1区から出馬したが、民主党前職の小沢鋭仁自由民主党前職の中尾栄一の後塵を拝し、落選[4]

落選後は赤池総合研究所を設立し、代表を務める傍ら、2000年8月より学校法人日本航空学園に勤務し、同学園が擁する日本航空総合専門学校の学校長を務めた[1]

2005年第44回衆議院議員総選挙自由民主党公認で、5年ぶりに山梨1区から出馬。5年前も敗れた民主党前職の小沢鋭仁に再び敗北したが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、初出馬から12年目で初当選を飾った。2005年に初当選した、自民党内の保守系議員で結成された伝統と創造の会では、事務局長に就任した[1]2009年第45回衆議院議員総選挙に自民党公認で山梨1区から出馬したが、民主党前職の小沢に再び敗れ、比例復活もできず落選した。

2011年10月31日、自民党山梨県連は次期衆議院議員総選挙に向け、第22回参議院議員通常選挙山梨県選挙区から出馬し落選した宮川典子を山梨県第1区支部長に選出。これにより宮川は次期衆院選における山梨1区での党公認を得たが、県連内の赤池支持派が宮川の擁立に反発した[6]2012年9月7日第23回参議院議員通常選挙における比例区の立候補者に内定した[7]2013年7月の第23回参議院議員通常選挙において20万票あまりを獲得し、党内8位の得票数で当選[8]。6年ぶりに国政に復帰した。2014年9月4日第2次安倍改造内閣文部科学大臣政務官に任命され、第3次安倍内閣まで務めた[9]2016年9月より参議院文教科学委員長[10]

政策・主張[編集]

政治資金[編集]

2013年7月8日連合傘下の労働組合である全日本海員組合から50万円の寄附を受け取った[14]

所属団体・議員連盟[編集]

著作[編集]

  • 「2010年霞ケ関物語:日本の政治はこう変わる」(松下政経塾魁の会共著)1991年 ISBN 4890501339
  • 「UBUDAS:聡明で個性にあふれ、悪弊に染まらず改革を目指す代議士たち:自民党1年生議員83会代議士名鑑」(83会共著、メディアファクトリー)2006年 ISBN 4840115230

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 赤池まさあき Official Site - プロフィール
  2. ^ 明治大学雄弁部 - 雄弁部紹介
  3. ^ 赤池誠章プロフィール - 松下政経塾
  4. ^ a b 赤池誠章 - 衆議院議員 - 国会議員白書
  5. ^ 赤池誠章 - 参議院議員 - 国会議員白書
  6. ^ “宮川典子1区支部長決定が紛糾した自民山梨県連”. 読売新聞. (2011年11月1日). オリジナル2011年11月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111102012037/http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20111101-OYT1T00450.htm 2011年12月21日閲覧。 
  7. ^ “自民が次期参院選3人公認”. 日本経済新聞. (2012年9月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS07042_X00C12A9000000/ 2012年9月8日閲覧。 
  8. ^ “比例 自由民主党(自民党)選挙結果:参議院選挙(参院選)2013”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/kaihyou/yb001.htm 2017年4月8日閲覧。 
  9. ^ 文部科学大臣政務官 赤池 誠章(あかいけ まさあき)
  10. ^ “衆院予算委員長に浜田靖一氏 常任委員長など両院で選出”. 日本経済新聞. (2016年9月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H62_W6A920C1PP8000/ 2017年4月8日閲覧。 
  11. ^ a b c d e “2013参院選 比例代表 自民党 赤池誠章”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=C01001001001 2017年4月8日閲覧。 
  12. ^ 全面広告画像
  13. ^ “国籍法改正案が衆院で可決、自民一部議員が採決前に退席”. 読売新聞. (2008年11月18日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081118-OYT1T00543.htm 2008年11月18日閲覧。 
  14. ^ 自由民主党山梨県参議院比例区第二十四支部 - 政治資金収支報告書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
冨岡勉
上野通子
日本の旗 文部科学大臣政務官
山本朋広と共同

2014年 - 2015年
次代:
堂故茂
豊田真由子
議会
先代:
石井浩郎
日本の旗 参議院文教科学委員長
2016年 -
次代:
(現職)