高井美穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
高井 美穂
たかい みほ
生年月日 ( 1971-11-30) 1971年11月30日(45歳)
出生地 日本の旗 徳島県三好市
出身校 早稲田大学第一文学部
前職 ダイエー従業員
所属政党 民主党→)
民進党
称号 文学士
公式サイト 高井美穂オフィシャルサイト

選挙区 三好第1選挙区
当選回数 1回
在任期間 2015年4月30日 - 現職

選挙区 比例四国ブロック→)
徳島2区
当選回数 3回
在任期間 2003年11月10日 - 2005年8月8日
2005年12月21日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

高井 美穂(たかい みほ、1971年11月30日 - )は、日本政治家民進党所属の徳島県議会議員(1期)。

文部科学副大臣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)、文部科学大臣政務官鳩山由紀夫内閣菅内閣)、衆議院議員(3期)等を務めた。

来歴[編集]

徳島県三好市生まれ。三好市立芝生小学校、三好市立三野中学校、徳島県立脇町高等学校早稲田大学第一文学部英文科卒業[1]1994年ダイエーに入社し、社長室秘書部に配属された[1]1998年からアメリカ合衆国ワシントン大学に1年間留学し、1999年よりダイエー業務室配属[1]。同年9月、ダイエーを退社[1]

2000年民主党の候補者公募に合格する。同年の第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で徳島2区から出馬したが、自由民主党山口俊一に敗れ、落選した。2003年第43回衆議院議員総選挙に徳島2区から出馬し、再び山口に敗れるが、重複立候補していた比例四国ブロックで復活し、初当選した。2005年、第2子出産のため通常国会に欠席届を提出し、国会議員では珍しい産休を取得した[2]。同年7月の郵政国会での郵政民営化法の採決にも欠席。第44回衆議院議員総選挙では、徳島2区選出の自民党議員だった山口俊一が郵政民営化に反対し、採決で造反したため、自民党の公認を得られないまま、無所属で出馬[3]。自民党は七条明を徳島2区で公認し[3]日本共産党の新人を含めた4人で議席を争ったが、無所属で出馬した山口が当選し、高井は次点で落選した(次々点の七条は比例復活)。同年12月13日、比例四国ブロック選出の民主党衆議院議員五島正規政策担当秘書公職選挙法違反に伴い、五島が衆院議員を辞職[4]。五島の辞職により、比例四国ブロックで次点だった高井が繰り上げ当選した[4]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、2006年に自民党に復党し同党公認で出馬した山口俊一を徳島2区で下し、初めて選挙区で当選した(山口も比例復活)。選挙後に発足した鳩山由紀夫内閣文部科学大臣政務官に任命される[1]2010年1月、山形県で行われた日本教職員組合の教育研究全国集会に出席[5][6]文部科学省の政務三役が日教組の集会に来賓で出席するのは2001年の同省発足以来初めてで、文部省時代を含めても1951年に当時の文部政務次官が出席して以来、59年ぶりである[5]

2012年4月6日野田第1次改造内閣文部科学副大臣に任命され、野田第2次改造内閣まで務める。同年の第46回衆議院議員総選挙では、徳島2区で自民党の山口に敗れ、比例復活もできず、落選した。第47回衆議院議員総選挙においても徳島2区で公認を受けていたが、2014年9月14日徳島県議会議員選挙への出馬を表明し、徳島2区での公認を辞退した[7][8](民主党は同年の衆院選で徳島2区に候補を擁立せず)。2015年4月、徳島県議会議員選挙に三好第1選挙区から出馬し[9] 、当選した[10]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 高井美穂オフィシャルサイト - プロフィール
  2. ^ “民主党:高井衆院議員、出産前に「産休」取得”. 毎日新聞. (2005年3月18日). http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050318k0000m010135000c.html 2005年3月18日閲覧。 
  3. ^ a b “【徳島】「造反処分」に反発強く”. 朝日新聞. (2005年8月25日). http://www.asahi.com/senkyo2005/local_news/tokushima/OSK200508250035.html 2017年4月16日閲覧。 
  4. ^ a b “五島衆院議員が辞職/選挙違反事件で引責”. 四国新聞. (2005年12月13日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/political/20051213000221 2017年4月16日閲覧。 
  5. ^ a b “日教組教研集会に文科省政務官出席へ 政権交代を反映”. 朝日新聞. (2010年1月21日). http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY201001210538.html 2017年4月16日閲覧。 
  6. ^ “日教組の教研集会が開幕 茨城県で24日まで”. 日本経済新聞. (2011年1月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG21037_R20C11A1CR0000/ 2017年4月16日閲覧。 
  7. ^ “選挙:県議選 高井前衆院議員、出馬へ 民主県連了承、徳島2区白紙に/徳島”. 毎日新聞. (2014年9月14日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20140914ddlk36010421000c.html 2014年9月14日閲覧。 
  8. ^ “高井氏が県議選出馬へ 民主県連代表、三好1区の意向”. 徳島新聞. (2014年9月14日). http://www.topics.or.jp/election/2014/09/14105766260065.html 2017年4月16日閲覧。 
  9. ^ “県議選、高井氏が立候補表明 三好第1選挙区”. 徳島新聞. (2014年9月19日). http://www.topics.or.jp/election/2014/09/14111137396976.html 2014年9月14日閲覧。 
  10. ^ “徳島県議選三好第一選挙区は高井、来代氏”. 徳島新聞. (2015年4月14日). http://www.topics.or.jp/election/2015/04/14288488634712.html 2017年4月16日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f “2012衆院選 徳島2区 高井 美穂”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A36002003003 2017年4月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
奥村展三森裕子
日本の旗 文部科学副大臣
奥村展三と共同

2012年
次代:
笠浩史松本大輔
先代:
井之上智子萩生田光一
日本の旗 文部科学大臣政務官
後藤斎と共同

2009年 - 2010年
次代:
笠浩史林久美子