武田邦太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武田 邦太郎
たけだ くにたろう
生年月日 1912年12月20日
出生地 広島県福山市
没年月日 (2012-11-15) 2012年11月15日(99歳没)
出身校 東京帝国大学文学部西洋史学科
所属政党 (日本新党→)
無所属[1]

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 1992年7月26日 - 1998年7月25日
テンプレートを表示

武田 邦太郎(たけだ くにたろう、1912年(大正元年)12月20日 - 2012年(平成24年)11月15日[2])は日本の政治家。元参議院議員(1期)。日本新党副代表。広島県福山市生まれ。晩年は1949年(昭和24年)8月15日に亡くなった石原莞爾関東軍参謀、参謀本部作戦部長、京都第十六師団長、立命館大学教授などを歴任)を看取った最後の一人として、「墓守」として山形県遊佐町に暮らした。

年譜[編集]

著書[編集]

  • 『食糧危機と日本農業の展望』
  • 『日本農業前途洋々論―農業イノベーションのすすめ』(共編)
  • 『コメは安くできる! 農家は豊かになれる―農業イノベーションの提唱』
  • 『永久平和の先駆 石原莞爾』
  • 『永久平和の使徒 石原莞爾』(編著、冬青社)など。

参照[編集]