舩後靖彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
舩後 靖彦
ふなご やすひこ
舩後靖彦.jpg
生年月日 (1957-10-04) 1957年10月4日(63歳)
出生地 日本の旗 日本 岐阜県岐阜市
出身校 拓殖大学政経学部
前職 貿易会社従業員
元日本ALS協会千葉県支部運営委員
介護サービス会社副社長
現職 れいわ新選組副代表
所属政党無所属→)
れいわ新選組
配偶者 あり
子女 一女
公式サイト 舩後靖彦オフィシャルサイト

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

舩後 靖彦(ふなご やすひこ、1957年(昭和32年)10月4日 - )は、日本政治家れいわ新選組所属の参議院議員

筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 患者。「全身麻痺ギタリスト」を名乗る。

概説[編集]

岐阜県岐阜市生まれ。10歳の頃より千葉県千葉市に移り住み、千葉県立千葉南高等学校を経て、拓殖大学政経学部卒業。

大学卒業後はプロミュージシャンを目指すも断念し[1]1982年、酒田時計貿易株式会社に入社。28歳のときに結婚。

1999年夏(41歳)、突然、箸、歯ブラシ、ペンがうまく握れなくなる。2000年5月、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の告知を受ける。麻痺は全身に及び、2002年人工呼吸器胃瘻を装着。2008年、最後まで働いていた右手中指も麻痺。

人工呼吸器の装着が必要となったときには人生に絶望し、装着せずに死も選ぶことも考えたというが[2]ピアサポートに生き甲斐を見出し[1]、その後は、創作活動、講演活動を行う。湘南工科大学非常勤助手、上智大学非常勤講師などとしても活動。また、看護、介護サービス事業会社「株式会社アース」取締役副社長、サービス付高齢者向け住宅「サボテン六高台」名誉施設長として経営監視も担う。文字盤への視線動作を介助者に読み取ってもらったり、センサーを歯で噛むことでパソコンを操作し、対話や意思表示をする[3]

2014年11月16日執行の松戸市議会議員一般選挙に無所属で立候補するも落選[4]

2018年7月21日にはモラロジー研究所市川事務所で講演会を開いている[5][6]

2019年7月21日執行の第25回参議院議員通常選挙において、山本太郎が代表を務めるれいわ新選組から比例区特定枠1位として第25回参議院議員通常選挙に立候補[7]。れいわ新選組は比例区で2議席を獲得し、舩後は初当選を果たした[8][9]。ALS発症後に出馬して国政選挙に当選した人物は舩後が世界初とみられる[10]

当選5日後の7月26日、重度障害者に対する重度訪問介護サービスを経済活動中も受けられるよう、木村英子と共に参議院事務局によるヒアリングの場で要望[11]。また8月11日、議員活動にあたり円滑な意思表明を行うべく、将来的な「分身ロボット」の活用を要望した[12]

参議院議員として、文教科学委員会北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会に所属(令和2年5月10日現在)[13]

2020年8月22日の党総会において、木村英子と共にれいわ新選組の副代表に就任(任期は令和4年8月まで)[14][15]

人物[編集]

趣味はギターで、千葉で「舩後ファミリーライブ」というライブイベントを主催している。若い頃はプロを目指したこともあると言う腕前だったという。ALS発症後は作詞のみ行っていたが、湘南工科大学助手時代の2010年に学生らとともに全身麻痺の人でもギターを弾けるシステムを制作。2010年に全身麻痺ギタリストとしてステージに上がった[16]

安倍晋三とは安倍が自民党幹事長在任中の2003年以降親交があり、メールなどで連絡を取り合っている。自民党が野党だった2012年には難病患者支援について一緒に厚生労働省に陳情を行った[17]。また、2013年9月21日の「ふなごやすひこ後援会 発足記念 講演会」では安倍からのビデオメッセージが送られている[18]。舩後は自身の当選後のインタビューで安倍政権について、消費税増税については否定的な見解を述べた上で、「上司にアカと言われた岸信介の孫である安倍総理が「改革」などの左傾化した言葉をあえて使っていることは勇気のあることであり、その根底には安倍政権が野党に対して柔軟な態度で接するという思いがあるような気がします。もしそうならその点については評価致します。」と語っている[19]。舩後は安倍を「優しい人」と評価している[20]

政策・主張[編集]

オフィシャルサイトに掲載している政策は次の通り[21]

Ⅰ 教育

  • 1、学校における合理的配慮の不提供をなくす
  • 2、高校の定員内不合格をなくす
  • 3、障害のある人の高等教育生涯教育の保障、合理的配慮の提供
  • 4、学校のバリアフリー化を進める
  • 5、共生社会構築の基礎であるインクルーシブ教育・保育への制度転換
  • 6、障害のある教職員の養成課程・教員採用試験・就労現場での合理的配慮の提供、採用・異動・昇進等における差別の禁止
  • 7、その他(病児教育、通級制度の改善・充実等)

Ⅱ 地域生活

  • 1、すべての障害者がより利用しやすい介助制度の構築、必要な医療を受けられる体制の整備
  • 2、就学前の障害児、特に医療的ケアの必要な障害児とその家族が地域で暮らし続けるための社会資源の充実。医療と福祉のネットワークづくり
  • 3、重い障害をもっていても、医療的ケアが必要な人も、安心して自立生活ができるインクルーシブな地域社会づくり
  • 4、様々なコミュニケーション手段・支援の充実。オリヒメ(分身ロボット)活用だけではなく、言語・知的・聴覚・視覚障害者などへの情報アクセスを保障するための人的保障、技術革新への支援を行う

Ⅲ 脱施設、施設・病院内の虐待防止・権利擁護

  • 1、施設・病院内での虐待防止と入所者の有効な権利擁護のしくみつくり
  • 2、施設内の権利擁護活動から退所・退院支援につなげる

Ⅳ 誰もが尊厳や生きがいをもって人生を全うできる社会づくり

  • 1、尊厳ある生を生きられるためのサポートや制度、医療資源の充実
  • 2、生まれ育った環境などによって選択肢が奪われないための制度づくり
  • 3、尊厳死法制化に反対する取り組み

Ⅴ 災害時要配慮者等を置き去りにしないインクルーシブ防災の推進

  • 1、「災害時要配慮者」への対応強化、個別計画の充実。平時から防災研修・避難訓練への当事者参加を進め、事前避難体制の整備底
  • 2、医療的ケアを必要とする人やLGBTの方々について、避難計画段階から、固有ニーズやプライバシーに配慮した計画策定を進める

Ⅵ 障害者の政治参加推進

  • 1、障害や難病などのある人が参加しやすい選挙制度、選挙活動・投票における合理的配慮を実現し、国会・地方議会等で当事者が活躍する機会を増やす
  • 2、庁舎等におけるハード面のバリアフリー化、環境整備。質問準備、質疑、採決、視察、調査等における個々の障害の状態に応じた合理的配慮(特に当事者の希望を尊重した介助者、意思疎通支援者)の提供
  • 3、障害や難病のある議員だけでなく、妊娠中や高齢の議員などを含め、誰もが安心して議事に参加できるよう遠隔出席を認める

Ⅶ バリアフリー

  • 1、地方、小規模店舗、学校におけるバリアフリーの徹底
  • 2、公共交通機関などにおけるソフト(乗務員や会社)面、意識改革

Ⅷ 障害者雇用、福祉的就労に代わる制度設計

  • 1、障害、病気等があっても社会参加し、働きがいのある人間らしい仕事に就き、経済的な自立を図れるよう職場環境の整備や合理的配慮の実現
  • 2、いわゆる「福祉的就労」(就労継続支援B型)の場で働く障害者(利用者)の現状改善のための法制度の整備

Ⅸ 上記の課題を解決するための基盤である法整備

  • 1、障害者権利条約完全実施
  • 2、障害者基本法改正
  • 3、障害者差別解消法改正
  • 4、障害者虐待防止法改正
  • 5、障害者総合支援法の改正
    • 重度訪問介護の対象者を、障害種別を問わず日常生活全般に常時の支援を要するすべての障害者が利用できるようにする。利用目的に制限を設けないシームレスに利用できる制度に
    • ②地域生活支援事業の移動支援、コミュニケーション支援を自立支援給付に
    • ③障害の定義を障害者基本法に合わせ、制度の谷間をなくす
    • 成年後見制度の代行決定ではなく、支援付き意思決定に→日常生活における意思決定支援と密接に関わる支援であるパーソナルアシスタンス制度を実現
    • 精神科病院の長期入院者の退院促進・地域移行支援を進める
    • ⑥65歳以上の障害者に対する介護保険優先政策の転換

その他[編集]

  • 当事者の立場に立った「合理的配慮」を実現し、困難を持つ人々が尊厳と楽しみをもって生きていける社会にしたいと話す。また施設においてネグレクトを受けた経験から、日本国憲法第14条25条に規定される施策を充実させたいと話し、自民党改憲案における国家緊急権の創設等については「社会的弱者の排除につながりかねない」と懸念を示す。国民生活を底上げするという意味で、政権選択選挙においてはれいわ新選組の経済政策である、消費税廃止・減税を野党統一公約に入れ込むべきと主張する[23]

評価[編集]

ジャーナリスト岩上安身は、2018年7月に舩後がモラロジー研究所で講演したことに関して、モラロジー研究所は、日本会議に連なる極右思想団体で「歴史修正主義を唱える団体であり、舩後の「日本が弱体化するために GHQが導入した教育や文化」という文言には、歴史修正主義的な思想が投影されていると批判している[6]

著書[編集]

書籍[編集]

  • 生きる力―神経難病ALS患者たちからのメッセージ(2006/11/28、岩波書店、ISBN 978-4000093897 ) 編:「生きる力」編集委員会(共著)
    • “アロパジャ” 僕と同じ身体障害者への応援歌 舩後靖彦[24]
    • ALSの患者達が,日本で初めて体験記を募集して編集した本。心に響き元気をもらえる珠玉のエッセイ集。
  • しあわせの王様―全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦(2008/8/5、小学館ISBN 978-4093877206寮美千子との共著
    • 増補新装版(2016/6/27、ロクリン社、ISBN 978-4907542276)寮美千子との共著
    • 「治療法がない」「全身麻痺」「呼吸停止」「余命三年」過酷な宣告に絶望し、どん底に落ちた舩後は、同病の友を支える「ピアサポート」をきっかけに大きく立ち直る。
  • 三つ子になった雲―難病とたたかった子どもの物語(2012/7/9、日本地域社会研究所、ISBN 978-4890221103)絵:金子礼
    • 異染性白質ジストロフィー(MLD)という難病に苦しみながら、治療法が開発されないまま亡くなった少女とその家族をモデルに、似たような筋萎縮性側索硬化症(ALS)という不治の病とたたかう筆者が口でパソコンを操作して書いた物語。
  • 死ぬ意味と生きる意味-難病の現場から見る終末医療と命のあり方(上智大学新書)(2013/10/7、ぎょうせい、ISBN 978-4324096772)編:浅見昇吾(共著)
    • 第一章 社会組織に於ける障害者論(序説)―その立場と実証― 舩後 靖彦
    • 難病や障がいを抱える当事者・関係者の話から、命の紡ぎ方について考える
  • 「終活」を考えるー自分らしい生と死の探求 (上智大学新書) (2017/4/14、ぎょうせい、ISBN 978-4324102350)編:浅見昇吾(共著)
    • 第一章 終活、それは幸せで満足ある死を迎えるために行う/舩後 靖彦
    • 自分らしい終末を迎えるために、いま何ができ、どのように生きるか。様々な立場で「いのち」に向き合ってきた執筆陣が、幅広い視点から終活を考察する。
  • #あなたを幸せにしたいんだ 山本太郎とれいわ新選組(2019/12/13、ISBN 978-4087808940)集英社 著:山本太郎(一部掲載)
    • 舩後靖彦 ベストスピーチ・インタビュー「全難病患者・障害者が幸せな社会は、みんなが生きやすい社会です」
    • 「今の日本が抱える課題の当事者」として参院選に立候補した“れいわメンバー”全員のベストスピーチとロングインタビューを収録。彼らの戦いはこれからが本番だ。この一冊で“れいわ旋風”のすべてがわかる!
  • れいわ一揆 製作ノート( 2020/8/31[25]ISBN 978-4774407265)皓星社 著:原一男+風狂映画舎(一部掲載)
    • れいわ新選組 オリジナルメンバーインタビュー(ふなごやすひこ)
  • 全身マヒのALS議員 車いすで国会へ(2021/1/14、子どもの未来社、ISBN 978-4864121859)加藤悦子、堀切リエとの共著
    • 全身マヒの舩後靖彦さんはなぜ国会議員をめざしたのでしょう。その生い立ちや出会った人々との交流、日々の暮らし、議員活動などを写真で追い、誰もが安心して生き生きと暮らせる社会をつくるにはどうしたらよいかを考えます。

雑誌[編集]

  • まるごと山本太郎 れいわ新選組 (週刊金曜日 2019年11/28臨時増刊号)(2019/11/28、ASIN B07Z75PQ8K[26]週刊金曜日
    • 木村英子、舩後靖彦両参議院議員が初登院 メディアの心のバリアフリーが必要だ 薄井崇友
    • 舩後靖彦参議院議員 当選の舞台裏 人間の可能性に限界がないことを示す議員の誕生 雨宮処凛

専門誌[編集]

  • 難病と在宅ケア「特集 難病地域支援の実状」(2004/1)
    • 生き甲斐を体現する : 病院・施設の役割についての「患者の体感的一考察」舩後 靖彦[27]
  • 難病と在宅ケア(2012/12)
    • 患者の声 最悪から最高に至るまで経験をした : 逆転の真 舩後 靖彦[28]
  • 難病と在宅ケア「特集 人工呼吸器使用者の安全な入浴のために」(2012/12)
    • お風呂での<ふー>についての一考察 舩後 靖彦
  • 立正大学人文科学研究所年報 別冊「メディア情報空間を活用した体験授業プログラムの研究」(2014)
    • 難病を生きる 共鳴しあう創発的な社会へ : 他者が期待する、私という障害者の社会的役割 舩後 靖彦[29]
    • 難病を生きる 繋がりによる生の豊穣 : 線維筋痛症の画家は何のエクリチュールを選択し生きているのか 舩後 靖彦[30]
    • 難病を生きる 主治医 : I医師と私の11年 舩後 靖彦[31]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

Web記事[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b しあわせの王様 全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦/舩後靖彦/著 寮美千子/著 本・コミック”. オンライン書店e-hon. 2019年7月22日閲覧。
  2. ^ “[大弦小弦]変わる国会 社会は変わるか”. 沖縄タイムス+プラス. (2019年7月22日). https://web.archive.org/web/20191016172603/https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/448329 2019年7月22日閲覧。 
  3. ^ “東京新聞:<参院選>ALS患者ら国政へ れいわ、2議席獲得:社会(TOKYO Web)”. 中日新聞. (2019年7月22日). https://web.archive.org/web/20191012202759/https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019072202000188.html 2019年8月16日閲覧。 
  4. ^ 平成26年11月16日執行 松戸市議会議員一般選挙”. 松戸市. 2019年7月22日閲覧。
  5. ^ https://www.facebook.com/yasuhiko.funago/posts/788992974631297
  6. ^ a b 日刊IWJガイド2019.8.18日号~No.2530号~
  7. ^ 村上幸将 (2019年7月3日). “山本太郎氏が難病ギタリスト61歳副社長の擁立発表”. 日刊スポーツ. https://web.archive.org/web/20190818202940/https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201907030000487.html 2019年7月4日閲覧。 
  8. ^ “ALSのれいわ舩後さん初当選「障害者も健常者もない社会を」車椅子包む拍手と歓声”. 毎日新聞. (2019年7月21日). https://web.archive.org/web/20200204164153/https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190721/k00/00m/010/416000c 2019年7月22日閲覧。 
  9. ^ 渡辺聖子 (2019年7月22日). “<参院選>ALS患者ら国政へ れいわ、2議席獲得”. 東京新聞. https://web.archive.org/web/20191012202759/https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019072202000188.html 2019年7月24日閲覧。 
  10. ^ “れいわ新選組、議席を獲得 山本太郎代表「奇跡」 特定枠でALS患者の舩後靖彦氏が当選”. スポーツ報知. (2019年7月22日). https://hochi.news/articles/20190722-OHT1T50073.html 2019年7月22日閲覧。 
  11. ^ “議員活動にも介護支援を=れいわ2氏、参院などに要請:時事ドットコム”. 時事通信. (2019年7月26日). https://web.archive.org/web/20200204164251/https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072601213&g=pol 2019年8月16日閲覧。 
  12. ^ “議員活動に「分身ロボット」要望 参院、れいわ新選組の舩後氏 | 共同通信”. 時事通信. (2019年8月11日). https://web.archive.org/web/20191223025326/https://this.kiji.is/533171801485460577 2019年8月16日閲覧。 
  13. ^ 舩後 靖彦(ふなご やすひこ):参議院”. www.sangiin.go.jp. 参議院 (2020年5月10日). 2020年5月10日閲覧。
  14. ^ https://twitter.com/reiwashinsen/status/1297140334246293504” (日本語). Twitter. れいわ新選組. 2020年8月25日閲覧。 “れいわ新選組は本日臨時総会を開催し、 綱領及び規約の一部改正を行いました。 また、副代表として参議院議員の、 舩後靖彦・木村英子が就任致しました。”
  15. ^ 決意(綱領)・規約”. reiwa-shinsengumi.com. れいわ新選組 (2020年8月22日). 2020年8月25日閲覧。
  16. ^ ギター製作発表会無事終了 ! ありがとうございました。 : 舩後ファミリーライブ ブログ”. 舩後靖彦 (2019年7月22日). 2019年7月26日閲覧。
  17. ^ “安倍首相、れいわ舩後氏を激励=16年前から交流”. 時事ドットコム. (2019年9月4日). https://web.archive.org/web/20200204164730/https://www.jiji.com/jc/article?k=2019090400880&g=pol 2019年9月5日閲覧。 
  18. ^ (日本語) 舩後さんへの安倍内閣総理大臣からのビデオレター, https://www.youtube.com/watch?v=UfS2arFpc14 2019年8月23日閲覧。 
  19. ^ 【インタビュー全文字起こし&音声配信】特集「重度障害者の「れいわ新選組」・木村英子議員、舩後靖彦議員に聞く」▼2019年8月14日(水)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)”. TBSラジオ FM90.5 + AM954~聞けば、見えてくる~. 2019年8月23日閲覧。
  20. ^ ALS舩後さん、首相と十数年前の絆「優しい人だった」朝日新聞2019年8月2日 10時56分
  21. ^ 政策” (日本語). 舩後靖彦 Official Site. 2020年9月7日閲覧。
  22. ^ 【インタビュー全文字起こし&音声配信】特集「重度障害者の「れいわ新選組」・木村英子議員、舩後靖彦議員に聞く」▼2019年8月14日(水)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)”. 荻上チキ・Session-22 (2019年7月26日). 2019年8月14日閲覧。
  23. ^ 東京新聞:<国会バリアフリー>立候補 自分の意志◆自民改憲案に反対 れいわ・舩後議員一問一答:政治(TOKYO Web)”. 東京新聞 (2019年8月27日). 2019年8月28日閲覧。
  24. ^ 生きる力 - 岩波書店”. web.archive.org (2020年1月31日). 2020年1月31日閲覧。
  25. ^ https://twitter.com/koseisha_edit/status/1293504828925079552” (日本語). Twitter. 皓星社. 2020年8月12日閲覧。 “長らくお待たせしておりました『れいわ一揆 製作ノート』8月31日刊行です。色校正を束見本に巻きました。”
  26. ^ 週刊金曜日 臨時増刊号 (2019年11月28日発売) | Fujisan.co.jpの雑誌・定期購読”. web.archive.org (2020年1月31日). 2020年1月31日閲覧。
  27. ^ 靖彦, 舩後 (2004-01). “生き甲斐を体現する : 病院・施設の役割についての「患者の体感的一考察」”. 難病と在宅ケア 10: 27–30. https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I025042947-00. 
  28. ^ 靖彦, 舩後 (2012-12). “患者の声 最悪から最高に至るまで経験をした : 逆転の真”. 難病と在宅ケア 9: 36–38. https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I024111142-00. 
  29. ^ 靖彦, 舩後 (2014). “難病を生きる 共鳴しあう創発的な社会へ : 他者が期待する、私という障害者の社会的役割”. 立正大学人文科学研究所年報. 別冊 19: 72–84. https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I026672777-00. 
  30. ^ 靖彦, 舩後 (2014). “難病を生きる 繋がりによる生の豊穣 : 線維筋痛症の画家は何のエクリチュールを選択し生きているのか”. 立正大学人文科学研究所年報. 別冊 19: 62–71. https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I026672739-00. 
  31. ^ 靖彦, 舩後 (2014). “難病を生きる 主治医 : I医師と私の11年”. 立正大学人文科学研究所年報. 別冊 19: 57–61. https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I026672709-00. 
  32. ^ ALSと闘いながら… 「みんなを笑顔に」難病患者と看護師 TOKYO MX NEWS” (日本語). MX NEWS. 2020年2月4日閲覧。
  33. ^ 【インタビュー全文字起こし&音声配信】特集「重度障害者の「れいわ新選組」・木村英子議員、舩後靖彦議員に聞く」▼2019年8月14日(水)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)”. web.archive.org (2019年11月30日). 2020年2月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]