林健太郎 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
林 健太郎
人物情報
生誕 (1913-01-02) 1913年1月2日
日本の旗 日本東京都
死没 2004年8月10日(2004-08-10)(91歳)
出身校 東京大学
学問
研究分野 歴史学(近代ドイツ史)
研究機関 東京大学
テンプレートを表示

林 健太郎(はやし けんたろう、1913年1月2日[1] - 2004年8月10日[1])は、昭和期に活動した日本歴史学者(近代ドイツ史専攻)、評論家東京大学教授文学部長・総長を務めた。参議院議員を1期務めている。

経歴[編集]

1913年、東京府生まれ。父親は海兵32期の林季樹(旧姓・香取)[2]で、ワシントン軍縮条約での減員対象となり、大佐昇進と同時に予備役編入となり、中学の国語漢文の教師となった。『近藤真琴先生伝』(攻玉社、1937年)を編纂している。戦時中は志願して現役復帰し、済州島の航空司令を務めた[3]。健太郎は1944年、31歳の時に徴兵され、大日本帝国海軍一等水兵となるも、父親のコネで、非常に優遇された軍隊生活だったとの回想が残る[4]。父の予備役編入は、健太郎の東京府立第六中学校(現東京都立新宿高等学校)在学時代であった。

旧制第一高等学校を経て、1935年に東京帝国大学文学部西洋史学科を卒業[5]。卒業後は、旧制一高教授、東京大学文学部助教授を経て、1954年より教授[1]。戦時中は反ファシズム論を展開していた。1943年に『独逸近世史研究』を出版し、近代ドイツ政治・社会の特質を解明した。

戦後はマルクス主義から転向し、竹山道雄高坂正顕らと「日本文化フォーラム」を結成した。その後の評論活動は現実主義の立場から時流を批判する立場を貫き、マルクス主義や進歩的文化人を批判し、左派からはタカ派と称された。『中央公論』1956年11月に「国民的利益と階級的利益」を発表。

1968年の東大紛争では、文学部長として全共闘の学生に8日間にわたってカンヅメ状態にされ、学生側と団交を行ったが、学生の要求を全部拒否し、剛直な姿勢を貫き通した(林健太郎監禁事件)。当時の加藤一郎総長代行(のち総長に就任)を支え、後任として1973年から1977年まで第20代東京大学総長を務めた。4年間にわたり学園紛争収拾と東京大学の立て直しに尽力した。

1983年6月、参院選の比例区に自民党公認(名簿2位)で出馬し、初当選した(ただし、自民党籍はなく、党友の扱いを受ける自由国民会議の所属であった。このため、当選後の自民党の参議院内会派名は「自由民主党・自由国民会議」とされた)。1989年7月の参院選には出馬せず、1期限りで政界を引退した。その後、日本育英会会長、国際交流基金理事長などを務めた。

近代ドイツ史の専門家としてドイツの外交史やドイツ革命史の研究で業績をあげたが、その他に論壇での幅広い言論活動でも知られる。高校教科書ベストセラーとなった『高校の世界史』を共著した著者の一人でもある。

2004年8月10日午後1時50分、心不全のため、東京都の自宅で死去した[1]。91歳。

受賞・栄典[編集]

思想[編集]

  • 保守派の論客であると評価される一方で、大東亜戦争については、以下の様な意見を表明していた。
    • 1930年代以降の日本の行為は、国際連盟規約パリ不戦条約民族自決主義など当時既に確立していた国際法、国際倫理に反し、侵略と呼ぶほかはない。
    • 大東亜戦争は日本の他国支配の維持・拡大のための戦争であり、侵略行為の過程で他国との武力衝突を引き起こしたのであり、これを自衛とは言わない。先に自ら殴っておいて、殴り返されたことを以って「自衛行為」とは言えないのと同様である。
    • アジア解放を掲げながら、日本は中国・韓国を解放しなかった。
これらの見解のもと、1996年から1998年にかけて、獨協大学教授(当時)中村粲と、月刊誌『正論』上で論争を展開した[6][7][8][9][10][11][12]

家族・親族[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 独逸近世史研究 近藤書店 1943
  • 歴史学の方法 白日書院 1948
  • 歴史の流れ 西洋文明小史 若狭書房 1948 のち新潮文庫
  • 人間と思想の歴史 国立書院 1948
  • 世界の歩み 岩波新書 青版(上下) 1949-52 のち改版
  • 近代ドイツの政治と社会 プロイセン改革に関する一研究 弘文堂 1952
  • 史学概論 有斐閣 1953、新装版1968、1982
  • 近代史の諸相 河出書房 1953
  • 明日への歴史 人間が歴史をつくる 新潮社 1954 のち新潮文庫
  • 歴史と人間像 河出新書 1956
  • 流れをとらえる 新潮社 1957
  • 現代社会主義の再検討 中央公論社 1958
  • 個性の尊重 新潮社 1958
  • 移りゆくものの影 インテリの歩み 文藝春秋新社 1960
  • 歴史と現実 新潮社 1962
  • ワイマル共和国 ヒトラーを出現させたもの 中公新書 1963
  • 世界史と日本 新潮社 1965
  • 歴史と政治 有信堂 1965
  • 共産国東と西 新潮社 1967
  • 二つの大戦の谷間 (大世界史22)文藝春秋 1969
  • 歴史と体験 (人と思想)文藝春秋 1972
  • ドイツ史論集 中央公論社 1976
  • 赤門うちそと 読売新聞社 1976
  • プロイセン・ドイツ史研究 東京大学出版会 1977
  • 歴史の精神 実業之日本社 1978
  • 今井登志喜 諏訪史談会 1984
  • 外圧に揺らぐ日本史 教科書問題を考える 光文社カッパ・ホームス 1987
  • ドイツ革命史 1848・49 山川出版社 1990
  • 昭和史と私 文藝春秋 1992、文春文庫 2002、文春学藝ライブラリー(文庫) 2018
  • 歴史からの警告-戦後五十年の日本と世界 中央公論社 1995、中公文庫 1999
  • わが師 わが旅 KTC中央出版 1996
  • 戦後五十年の反省-国際化時代と日本の将来 原書房 1996
  • バイエルン革命史 1918-19年 山川出版社 1997

著作集[編集]

  • 『林健太郎著作集』全4巻 山川出版社 1993
    第1巻 歴史学と歴史理論(関連論考、ランケ伝、訳「ランケ自伝」を併録)
    第2巻 ドイツ史論文集
    第3巻 ドイツの歴史と文化
    第4巻 第一次世界大戦後のドイツと世界(ワイマル共和国、両大戦間の世界)

共編著[編集]

翻訳[編集]

G・M・トレヴェリアン、山川出版社 1949-50、監修のみ[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 坂井榮八郎「追悼 林健太郎先生」『史学雑誌』第113巻第11号、史学会、2004年、 1919-1921頁、 NAID 110002365992
  2. ^ 戸高一成監修『日本海軍士官総覧 【復刻版】財団法人海軍義済会編 海軍義済会会員名簿(昭和十七年七月一日調)』柏書房、2003年、ISBN 4-7601-2340-7、137頁。
  3. ^ 林健太郎『昭和史と私』文藝春秋、1992年、ISBN 4-16-346930-3、16~17、54~55、176~177頁。
  4. ^ 前掲『昭和史と私』176~177頁。
  5. ^ 東京帝国大学卒業生氏名録』東京帝国大学、1939年、349頁。 
  6. ^ 中村粲「林健太郎氏の批判に応える―大東亜戦争肯定の思想と論拠」『正論』1996年8月号、106-115ページ。”. 2022年2月13日閲覧。
  7. ^ 中村粲「林健太郎氏の戦争史観を論評す―「大東亜戦争肯定論者」と再批判されて」『正論』1997年6月号、62-75ページ。”. 2022年2月13日閲覧。
  8. ^ 林健太郎「中村粲氏の批判に答える」『正論』1997年9月号、82-92ページ。”. 2022年2月13日閲覧。
  9. ^ 中村粲「再び林健太郎氏の歴史認識を問う」『正論』1997年11月号、282-295ページ。”. 2022年2月13日閲覧。
  10. ^ 林健太郎「中村粲氏の問いに答える」『正論』1998年6月号、246-259ページ。”. 2022年2月13日閲覧。
  11. ^ 中村粲「なぜ語らぬアジアの歴史責任―林健太郎史観への疑問」『正論』1998年8月号、88-102ページ。”. 2022年2月13日閲覧。
  12. ^ 『別冊正論(extra.04)』(扶桑社、2006年10月)に所収。
  13. ^ 貝裕珍. “「新しい歴史教科書をつくる会」のExit, Voice, Loyalty (PDF)”. 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部. 2022年6月13日閲覧。
  14. ^ 斉加尚代 『教育と愛国―誰が教室を窒息させるのか』岩波書店、2019年5月30日、22-23頁。 
  15. ^ 「同会賛同者名簿(一九九七年六月六日現在)」 『西尾幹二全集 第17巻』国書刊行会、2018年12月25日。
  16. ^ 完訳は「イギリス社会史」 みすず書房(1・2)
議会
先代:
松尾官平
日本の旗 参議院環境特別委員長 次代:
大森昭