渡辺洪基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 渡辺洪基
  • 渡邉洪基
  • 渡邊洪基
渡辺 洪基
わたなべ ひろもと
Hiromoto Watanabe, Ex-President.jpg
生年月日 (1848-01-28) 1848年1月28日弘化4年12月23日
出生地 越前国南条郡府中善光寺町(現・福井県越前市
没年月日 (1901-05-24) 1901年5月24日(53歳没)
死没地 東京府豊多摩郡渋谷村(現・東京都渋谷区広尾
出身校 慶應義塾(現・慶應義塾大学
所属政党国民協会→)
研究会→)
立憲政友会
称号 正三位勲一等
東京帝国大学名誉教授(1901年)
配偶者 貞子(先妻)、松子(後妻・堤功長娘)
子女 信雄(養子)、貞子(長女・信雄妻)
親族 静庵(父)、蔦埜(母)、悌二郎(長弟)、忠三郎(次弟)、信四郎(三弟)

選挙区勅選議員
在任期間 1897年12月23日 - 1901年5月24日

選挙区 東京府第2区
当選回数 1回
在任期間 1892年2月15日 - 1893年12月30日

在任期間 1882年5月24日 - 1884年7月19日

在任期間 1885年6月13日 - 1886年3月9日

選挙区 芝区
在任期間 1889年6月 - 1890年7月4日

その他の職歴
芝区会議長[2]
1895年 - 1901年)
芝区会議員[3]
(1889年11月 - 1901年5月)
テンプレートを表示
渡辺洪基

渡辺 洪基[4](わたなべ ひろもと / こうき、1848年1月28日弘化4年12月23日) - 1901年明治34年)5月24日)は明治時代の日本官僚政治家幼名・孝一郎、は浩堂、旦堂。

学習院次長、元老院議官工部少輔、東京府知事帝国大学東京大学の前身)初代総長、文官試験局長官、駐オーストリア公使衆議院議員貴族院議員を歴任し、東京統計協会(日本統計協会の前身の一つ)、国家学会日本建築学会、工業化学会(日本化学会の前身の一つ)など多数の学会会長を務めたほか、工手学校(工学院大学の前身)、大倉商業学校東京経済大学の前身)の設立に関わった。

経歴[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
(新設)
日本の旗 文官試験局長官
1887年 - 1890年
次代:
文官高等試験委員長
加藤弘之
先代:
芳川顕正
(→欠員)
日本の旗 工部少輔
1884年 - 1885年
次代:
(欠員→廃止)
学職
先代:
花房義質
有島武
(新設)
東京統計協会会長
1897年 - 1901年
1882年 - 1890年
1880年 - 1881年
次代:
阪谷芳郎
花房義質
有島武
先代:
加藤弘之
(新設)
国家学会評議員長
1893年 - 1901年
1887年 - 1890年
次代:
田尻稲次郎
加藤弘之
先代:
榎本武揚
工業化学会会長
1899年 - 1900年
次代:
榎本武揚
先代:
東京大学法政学部長心得
穂積陳重
日本の旗 帝国大学法科大学
1886年 - 1890年
次代:
加藤弘之
先代:
学長
古市公威
日本の旗 帝国大学工科大学長事務取扱
1888年 - 1889年
次代:
学長
古市公威
その他の役職
先代:
(新設)
大倉商業学校督長
1898年 - 1901年
次代:
石黒忠悳
先代:
(新設)
工手学校管理長
1887年 - 1901年
次代:
古市公威
先代:
久原庄三郎
北浜銀行頭取
1898年 - 1901年
次代:
原敬
先代:
渡辺嘉一
参宮鉄道社長
1897年 - 1900年
次代:
片岡直温
先代:
西脇国三郎
両毛鉄道社長
1892年 - 1897年
次代:
(解散)
先代:
(新設)
明治美術会会頭
1889年 - 1890年
次代:
田中不二麿