神戸商科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神戸商科大学
Univ-of-Hyogo-KobeGakuentoshi-Campus-AdminOffice.jpg
大学設置 1948年
創立 1929年
廃止 2010年
学校種別 公立
設置者 兵庫県
本部所在地 兵庫県神戸市西区学園西町8丁目2-1
キャンパス 学園都市(神戸市)
学部 商経学部
研究科 経済学研究科
経営学研究科
テンプレートを表示

神戸商科大学(こうべしょうかだいがく、英語: Kobe University of Commerce)は、兵庫県神戸市西区学園西町8丁目2-1に本部を置いていた日本公立大学である。1948年に設置され、2010年に廃止。大学の略称は商大(しょうだい)。

設置者が同じ兵庫県であった他の2大学と統合され、新設の兵庫県立大学に継承された。

概観[編集]

大学全体[編集]

1929年兵庫県神戸市旧制兵庫県立神戸高等商業学校として創立、1944年の県立神戸経済専門学校への名称変更を経て、1948年に神戸商科大学として設立された。

2004年姫路工業大学兵庫県立看護大学と統合する形で、兵庫県立大学が新たに発足したことに伴い、学生の新規募集は停止したうえで、在学生の卒業した2010年3月まで存続した。

沿革[編集]

年表[編集]

神戸商科大学は、第二次世界大戦後における全国最初の公立新制大学として1948年に発足した。

設立経緯は、既に設置されていた旧制官立神戸高等商業学校が学部のみの旧制神戸商業大学(現・神戸大学)に昇格することが決定し、兵庫県内に官公立の高等商業学校がなくなることになった。その結果、県下の中等学校(中学校商業学校)卒業生の進学先として1929年に兵庫県によって新たに設置されたのが神戸商科大学の前身である旧制県立神戸高等商業学校である。 旧略称が神戸商業大学(神戸大学)(1929年1944年)と神戸商科大学(兵庫県立大学)(1948年2004年) ともに同じ「神戸商大」であるが、時期的に両者が重なることはなく別大学である。前身の略称「神戸高商」、すなわち官立神戸高等商業学校(神戸大学)(1902年1932年)と兵庫県立神戸高等商業学校(兵庫県立大学)(1929年1944年)についても同様である。

第二次大戦後、新制神戸商科大学は商経学部の単科大学として、経済・経営学科の2学科で発足した。その後、管理科学科、国際商学科を増設し、4学科体制となる。キャンパスは神戸市垂水区の星陵台(高丸校舎)にあったが、1990年に同市西区神戸研究学園都市に移転された。

旧・高丸校舎本館(1991年撮影、現存しない)

基礎データ[編集]

所在地[編集]

なお、1990年までのキャンパスは、神戸市垂水区兵庫県立星陵高等学校(旧制兵庫県立第一神戸商業学校。1962年に隣接地に現在の兵庫県立神戸商業高等学校の設置に伴い普通科単独校となった経緯がある)に隣接する所にあり、この位置については学内では「高丸」と称される。移転後、「商大前」バス停は「星陵高校前」に改称された。垂水駅前から星陵高校に伸びる道路の名称が「商大筋」なのは、商大が高丸にあった名残である。

ほかに、神戸市垂水区にセミナーハウスがあった。「海浜学舎」とも呼ばれていた。

教育および研究組織[編集]

下記組織は神戸商科大学のものであり、兵庫県立大学のものとは異なる。

組織[編集]

学部[編集]

  • 商経学部
    • 経済学科
    • 経営学科
    • 管理科学科
    • 国際商学科

そのほか、人文系教員の所属する部門として「一般教育科」があった(これらの教員は、2004年に兵庫県立大学に転籍する際に、経済学部あるいは経営学部のいずれかに所属するようになった)。

大学院[編集]

以下、特記していない専攻は博士前期課程博士後期課程である。

附属機関[編集]

  • 経済研究所

学生生活[編集]

商大祭[編集]

  • 学園都市キャンパスで行われていた学園祭。大学統合後も伝統を引き継ぎ、神戸商科大学の略称を冠している。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 淡水会(旧制県立神戸高商、神戸経専と合同の同窓会)

大学関係者、著名人一覧[編集]

都道府県知事・市区町村長[編集]

都道府県議会議員・市区町村議会議員[編集]

財界[編集]

研究者・学者[編集]

芸能[編集]

マスコミ[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 関係者の間では「学都(がくと)」と呼ばれていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]