経営学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

経営学研究科(けいえいがくけんきゅうか、英称The Graduate School of Business Administration)は、日本の大学院研究科のうち、経営学に関する高度な教育・研究を行う機構の1つである。具体的な研究分野については経営学部も参照。

概要[編集]

多くの大学経済学部または経営学部の上に設置されている。博士前期課程修士課程)および博士後期課程博士課程)、あるいはそれに相当する課程で構成される。 学位は、修士課程は修士(経営学)を、博士課程は博士(経営学)を修めることができ、他は、それに相当する専攻名称等に応じた学位を修める。(「経営管理修士(専門職)」も含め、日本版MBAと包含した概念で指し示されることがある。)

また隣接する学位記名として、専門職学位課程を修めた場合の「経営管理修士(専門職)」という学位記がある。これは、英米圏の専門職学位である経営学修士(英称:Master of Business Administration、略称:MBA)に相当する。こちらは、経済学的な領域からのアプローチとされる。

同じく、専門職学位課程を修めた場合に「技術経営修士(専門職)」(英称:Master of Management of Technology)という学位記名も併存しているので注意されたい。こちらは、工学的な領域からのアプローチとされる。

経営学研究科を置く大学[編集]

国立[編集]

公立[編集]

(1971年度~(前身の神戸商科大学から))

私立[編集]

経営学研究科と類似する研究科名称[編集]

公立
私立

経営学を専攻できる他の研究科名称[編集]

国立
公立
私立

大学院大学[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]