神戸大学大学院経営学研究科・経営学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神戸大学 > 神戸大学大学院経営学研究科・経営学部

神戸大学大学院経営学研究科(こうべだいがくだいがくいんけいえいがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Business Administration)は、神戸大学に設置される大学院研究科の一つである。また、神戸大学経営学部(こうべだいがくけいえいがくぶ、英称:Faculty of Business Administration)は、神戸大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

東京高等商業学校に次ぐ2つ目の官立高等商業学校として1902年に設立された神戸高等商業学校を前身とし、1929年に大学に昇格して成立した神戸商業大学は、東京商科大学大阪商科大学とともに、帝国大学に伍する天下の三商大としてその名をとどろかせた[1]

1949年神戸商業大学の商学を受け継ぐ日本初の経営学部として神戸大学経営学部が発足する。爾来、商学、経営学会計学における日本トップの研究・教育機関として君臨する[1]。2002年には大学院経営学研究科に専門大学院の現代経営学専攻を開設[2]

沿革[編集]

  • 1902年 - 神戸高等商業学校設立。初代校長水島銕也[2]
  • 1914年 - 調査課を設置[2]
  • 1919年 - 調査課を改組し商業研究所を設置[2][3]
  • 1920年 - 商業研究所の研究施設として兼松記念館を竣工[4]
  • 1929年 - 神戸高等商業学校が神戸商業大学に昇格。初代学長田崎慎治[2]
  • 1941年 - 経営計算研究室を設置[2]
  • 1944年 - 神戸商業大学を神戸経済大学と改称、経営学科設置[5]。経営計算研究室を経営機械化研究所と改称。商業研究所を大東亜研究所と改称[2]
  • 1945年 - 日本の降伏後大東亜研究所を経済研究所と改称[2]
  • 1949年 - 神戸大学経営学部が発足[2]。経済研究所と経営機械化研究所を統合し神戸大学経済経営研究所が発足[6]
  • 1953年 - 大学院経営学研究科修士課程・博士課程を設置[2]
  • 2002年 - 大学院経営学研究科に専門大学院の現代経営学専攻を開設[2]

学科[編集]

  • 経営学科[7]
    • 入学定員260人[7]

著名な出身者[編集]

政治[編集]

行政[編集]

経済[編集]

マスコミ[編集]

研究[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「沿革」神戸大学大学院経営学研究科 神戸大学経営学部
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「沿革年表」神戸大学
  3. ^ 「法・経済・経営学部及び経済経営研究所の前身」神戸大学
  4. ^ 「【施設探検隊】vol.6 《兼松記念館ってナニ?》」神戸大学
  5. ^ 『神戸大学百年史』 通史Ⅰ 前身校史、250-253頁
  6. ^ 「沿革」神戸大学経済経営研究所
  7. ^ a b 「入試の種類と入学定員 (募集人員)」神戸大学

関連項目[編集]

外部リンク[編集]