博士(経営学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

博士(経営学)(はくし けいえいがく)は、博士学位であり、経営学に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。

1991年以前の日本では、経営学博士(けいえいがくはくし)という博士の学位が授与されており、経営学博士は、現在の「博士(経営学)」とほぼ同じものである。

経営学博士は、1920年(大正9年)の学位令改正により追加された。それ以前は、法学博士の中に経営学の研究に関するものが含まれていた。日本で初めて経営学博士を授与されたのは、平井泰太郎(1951年。授与機関は神戸大学)である。また、2018年には経営学博士および博士(経営学)の名称を長らく使用してこなかった[1]東京大学において、初めて博士(経営学)の授与が1名に対しておこなわれた[2]

概要[編集]

英語においては、各国による学位制度に違いがあるものの、Doctor of Philosophy (Ph.D.) の一部と、D.B.A (Doctor of Business Administration) が、経営学博士に相当する。

日本で授与された博士(経営学)の英語での表記方法としては、Doctor of Philosophy in Business Administration、あるいは、Doctor of Philosophy in Managementといった表記が一般的である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山本安次郎 (1977年4月). 日本経営学五十年―回顧と展望. 東洋経済新報社. 
  2. ^ 東京大学統計情報「大学院修了者数」”. 東京大学. 2019年3月31日閲覧。

関連項目[編集]