加藤司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 司(かとう つかさ、1954年 - )は、日本の経済学者山形県出身。大阪商業大学経営学部教授[1]

略歴[編集]

研究テーマ[編集]

  • 日本的流通構造の変化
  • 商店街・小売市場の活性化

主な著書[編集]

[1]

単著[編集]

  • 『日本的流通システムの動態』千倉書房、2006年

共著[編集]

  • 『商業・まちづくりネットワーク』ミネルヴァ書房、2005年
  • 『産業の再生と大都市』ミネルヴァ書房、2005年
  • 『地域商業の競争構造』中央経済社、2008年
  • 『いのちを守る都市づくり 課題編 (東日本大震災から見えてきたもの)』大阪市立大学都市防災研究グループ 編、大阪公立大学共同出版会、2012年
  • 『商業施設賃料の理論と実務 : 転換期の不動産鑑定評価』大野喜久之輔、加藤司 編著、中央経済社、2015年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 加藤 司 - 商学科 - 大阪商業大学” (日本語). ouc.daishodai.ac.jp. 2018年11月6日閲覧。

外部リンク[編集]