大谷一二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大谷 一二 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オオタニ イチジ
ラテン文字 OTANI Ichiji
基本情報
生年月日 1912年8月31日[1]
出身地 兵庫県
没年月日 2007年11月23日(満95歳没)
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1934-1937 神戸商業大学
代表歴
1934 日本の旗 日本 3 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大谷 一二(おおたに いちじ、1912年8月31日 - 2007年11月23日)は、兵庫県出身の元日本代表サッカー選手、東洋紡績元会長・名誉顧問。サッカー記者の大谷四郎は実弟。

来歴[編集]

兵庫県立第一神戸中学校では右近徳太郎とコンビを組み全国制覇を達成。兵庫県立神戸高等商業学校を卒業後に鐘紡に入社するが1年で退社して、1934年に神戸商業大学に入学。同大学ではサッカー部を創設して、関西学生リーグで優勝を果たした。

在学中の1934年5月に開催された第10回極東選手権競技大会サッカー日本代表に選出され、フィリピン代表戦など3試合に出場して1得点を上げた[2]

川本泰三と並ぶ当時日本最高のFWであったにもかかわらずベルリン五輪の日本代表に選ばれなかったのは、東西の蹴球協会の確執によるものと言われている。

1937年3月に大学を卒業し、同年4月に東洋紡績に入社した。1964年12月に同社取締役、1968年6月に同社常務取締役、1972年12月に同社専務取締役、1974年2月に取締役副社長を歴任。1974年6月に同社の社長に就任した。1978年7月に社長を退任して会長に退いた[1][3]

1983年7月に東洋紡績の相談役、1992年に同社の名誉顧問に就任した。また、日本紡績協会の会長なども務めた。

2007年11月23日老衰のため死去した[3]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 1得点(1934)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1934 3 1 0 0 3 1
通算 3 1 0 0 3 1

出典[編集]

  1. ^ a b 東洋紡績 有価証券報告書(1979年3月期)、2016年8月20日閲覧
  2. ^ 第10回極東選手権大会”. 日本サッカー協会. 2016年8月20日閲覧。
  3. ^ a b 元東洋紡社長の大谷一二さん死去”. 朝日新聞 (2007年11月26日). 2012年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]