ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社
United Super Market Holdings Inc.
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報
東証1部 3222
2015年3月2日[1]上場
略称 U.S.Mホールディングス
U.S.M.H
本社所在地 日本の旗 日本
101-0029
東京都千代田区神田相生町1番地
設立 2015年(平成27年)3月2日[1]
業種 小売業
法人番号 8010001166286
事業内容 スーパーマーケット事業の管理及び運営
代表者 上田真代表取締役会長
藤田元宏(代表取締役社長
手塚大輔(代表取締役)
資本金 100億円
発行済株式総数 1億3,168万1,356株
売上高 連結:6,775億57百万円
単体:29億3百万円
(2018年2月期)
営業利益 連結:140億68百万円
単体:22億4百万円
(2018年2月期)
経常利益 連結:141億88百万円
単体:21億89百万円
(2018年2月期)
純利益 連結:74億52百万円
単体:21億87百万円
(2018年2月期)
純資産 連結:1,395億39百万円
単体:1,259億88百万円
(2018年2月末日現在)
総資産 連結:2,620億47百万円
単体:1,295億91百万円
(2018年2月末日現在)
従業員数 連結:7,108人
単体:20人
(2018年2月末日現在)
決算期 2月末日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
主要株主 イオン株式会社 53.7%
(2018年2月末日現在)
主要子会社 株式会社マルエツ[1] 100%
株式会社カスミ[1] 100%
マックスバリュ関東株式会社[1] 100%
関係する人物 小濵裕正(初代会長)
外部リンク https://www.usmh.co.jp/
テンプレートを表示

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社United Super Market Holdings Inc.、略称:U.S.M.H)は、2015年(平成27年)3月2日マルエツカスミマックスバリュ関東が共同で設立した持株会社[1]

概要[編集]

この共同持株会社は「首都圏におけるスーパーマーケット連合」と位置づけられていて、マルエツの上田真社長は「志を同じくする首都圏のスーパーマーケット企業の参画を歓迎する[注釈 1]。」と述べている[3]

2014年の統合時点で、3社は1都6県で479店舗を展開しており、売上高は合わせて6439億円となっている。2020年には売上高1兆円、1000店舗体制に拡大する計画になっている[3][4]が、3社の成長だけでは達成困難な規模で、首都圏を拠点にしている他のスーパーの参画によって果たすことになっている[5]。2017年現在、新たに傘下入りするスーパーマーケットの計画はない。

3社は自主自立経営を前提に、各社の店舗名もそのまま残すが、「商品開発や物流、システム、店舗開発、本部機能の集約」について、今後、具体的な策を詰め、経営の効率を引き上げることにしている[3][5]

沿革[編集]

  • 2014年
  • 2015年3月2日 - 株式移転および東証一部上場[1]。親会社の「イオンマーケットインベストメント株式会社」の株式は、イオン株式会社が71.8%、丸紅株式会社が28.2%をそれぞれ保有しており、イオン株式会社も親会社、丸紅株式会社はその他の関係会社になる[10]
  • 2016年11月15日 - 一部商品券の利用可能店舗がグループ内に拡大され、マルエツ商品券とカスミ商品券のマルエツ(魚悦を除く)・カスミ(ファミリーマートプラス店舗を除く)両店舗での相互利用並びに、マックスバリュ関東(一部店舗を除く)でのマルエツ商品券・カスミ商品券の利用が可能となる[11]
  • 2017年10月6日 - ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス独自のプライベートブランドとして「eatime(イータイム)」を立ち上げ、マルエツ・カスミ・マックスバリュ関東の各店舗で発売開始[12]

関連項目[編集]

  • USMH外で関東圏に基盤を置くイオン傘下(持分法適用関連会社)の食品スーパーマーケット(設立時にUSMH傘下入りをイオンが模索していた[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ これはUSMH社の経営理念の一つであり、同社の公式HPにもビジョンの一つとして記載されている[2]
  2. ^ 株式移転により共同持株会社を設立し、3社はその傘下となり、イオン株式会社丸紅株式会社特定目的会社を設立し、共同持株会社の発行済み株式総数の過半数を保有する計画と発表された[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “U.S.M.H、東証1部上場 首都圏最大のSM誕生”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2015年3月4日)
  2. ^ ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス経営理念 - 2016年3月30日閲覧
  3. ^ a b c “イオン系スーパー3社が来年3月に持ち株会社、新規参画も歓迎”. ロイター. (2014年10月31日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0IK0WY20141031 2014年11月7日閲覧。 
  4. ^ “マルエツ・カスミなど3社が統合 イオンと丸紅が株保有”. 日本経済新聞. (2014年10月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL31HCU_R31C14A0000000/ 2014年11月7日閲覧。 
  5. ^ a b “イオン系関東スーパー3社の持ち株会社が来年3月設立へ マルエツ、カスミ、MV関東”. 産経ニュース. (2014年10月31日). http://www.sankei.com/economy/news/141031/ecn1410310060-n1.html 2014年11月7日閲覧。 
  6. ^ 神崎修一 (2014年5月20日). “イオン:食品スーパー再編、首都圏強化 丸紅提携、マルエツ・カスミ統合”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  7. ^ a b “イオン3スーパー再編 マルエツなど統合”. 東京新聞 (中日新聞社). (2014年5月19日)
  8. ^ a b 株式会社マルエツ、株式会社カスミ、マックスバリュ関東株式会社(以下「事業会社3社」)及びイオン株式会社と丸紅株式会社による共同持株会社(株式移転)に関する経営統合契約書の締結並びに事業会社3社による株式移転計画書作成について (PDF) - イオン・丸紅・マックスバリュ関東・カスミ・マルエツ5社共同発表(配信元:イオン株式会社)、2014年10月31日発表。
  9. ^ 株式会社マルエツ、株式会社カスミ、マックスバリュ関東株式会社、イオン株式会社及び丸紅株式会社による共同持株会社設立(株式移転)に係る、イオン株式会社及び丸紅株式会社による合弁会社の運営、株式会社マルエツ(証券コード:8178)に対する公開買付け、並びにイオン株式会社による共同持株会社の子会社化について (PDF) - イオン・丸紅共同発表(配信元:イオン株式会社)、2014年10月31日発表。
  10. ^ ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社 第1期第1四半期報告書
  11. ^ “「マルエツ商品券」と「カスミ商品券」のU.S.M.Holdingsグループ各店でのご利用拡大のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社, (2016年11月8日), https://www.usmh.co.jp/files/20161108090/US_20161108_090.pdf 2018年8月20日閲覧。 
  12. ^ “新ブランドの誕生です! U.S.M.Holdings PB商品、10月6日デビュー!” (PDF) (プレスリリース), ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社, (2017年9月29日), https://www.usmh.co.jp/files/20170929103/US_20170929_103.pdf 2018年8月20日閲覧。 
  13. ^ イオン系スーパー3社が来年3月に持ち株会社、新規参画も歓迎 | Reuters

外部リンク[編集]