シミズ薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シミズ薬品株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
600-8871
京都府京都市下京区西七条北東野町113番地
設立 1938年11月
業種 小売業
法人番号 7130001017569
事業内容 ドラッグストア・調剤薬局経営
代表者 石田伸二(代表取締役社長
資本金 4800万円
売上高 119億
従業員数 190名
主要株主 ウエルシアホールディングス株式会社:100%
外部リンク http://www.dacs-shimizu.jp/index.html
特記事項:NDC加盟
テンプレートを表示

シミズ薬品株式会社(商号:シミズドラッグチェーン)は、京都府下にドラッグストア調剤薬局を展開する企業である。

概要[編集]

京都市内では最も店舗数が多い地域一番店で、市街地の至る所で「ドラッグストアダックス」の店名が見受けられる。ハピコムグループ加盟企業。尚、店名の「ダックス」とはDACSで、DRUG and COSMETICSの頭文字を採ったものである。

マスコットキャラクターの鯉は「シズチャン」といい、先代の創業者が出世魚の鯉のように、企業が興隆するようにという思いで名付けられた。このシズチャンはポイントカードの名称にもなっている。

店舗展開[編集]

京都府内に56店舗(2018年8月時点、うち、調剤受付店24店舗)を展開する。各地域ごとの店舗数は以下の通り。なお、店舗ブランドは「ダックス」が基本だが、一部店舗は「シミズドラッグ」などの別の屋号となる。

  • 京都市
    • 右京区 - 6店舗(うち、調剤受付店3店舗)
    • 北区 - 6店舗(うち、調剤受付店3店舗)
    • 上京区 - 2店舗(うち、調剤受付店1店舗)
    • 左京区 - 6店舗(うち、調剤受付店2店舗)
    • 中京区 - 3店舗(うち、調剤受付店1店舗)
    • 下京区 - 5店舗(うち、調剤受付店3店舗)
    • 山科区 - 2店舗(うち、調剤受付店1店舗)
    • 南区 - 2店舗(うち、調剤受付店1店舗)※2店舗共にイオンモール内に出店している
    • 伏見区 - 6店舗(うち、調剤受付店2店舗)
    • 西京区 - 5店舗(うち、調剤受付店1店舗)
  • 宇治市 - 5店舗(うち、調剤受付店2店舗)
  • 城陽市 - 1店舗(調剤受付店)
  • 向日市 - 1店舗(調剤受付店なし)
  • 長岡京市 - 2店舖(うち、調剤受付店1店舗)
  • 亀岡市 - 3店舗(うち、調剤受付店1店舗)
  • 南丹市 - 1店舗(調剤受付店)

沿革[編集]

  • 1938年4月 - 本店所在地である京都市下京区に「シミズ薬局」を開業。
  • 1947年11月 - 株式会社に法人化し、清水薬品株式会社を設立。
  • 1964年11月 - 本店をドラッグストアに拡張。
  • 1970年11月 - 本社ビルを新築。
  • 1978年11月 - 現社名であるシミズ薬品株式会社に商号変更。
  • 2002年4月 - 株式会社マツモトキヨシと業務提携を締結[1]
  • 2008年9月 - 株式会社マツモトキヨシとの業務提携を解消し[1]イオン株式会社と資本・業務提携[2]。同社やタキヤ株式会社等が所属する「イオン・ウエルシア・ストアーズ(現在のハピコム)」へ加盟。
  • 2013年7月 - 電子マネーWAONを導入(シミズドラッグ伏見店、シミズドラッグ大久保店は除く)。
  • 2015年
    • 3月 - タキヤとともに、簡易株式交換によりウエルシアホールディングス株式会社の完全子会社となる[3]
    • 7月 - Tポイントの取り扱い並びに「ウエルシアTカード」の発行を開始。Tポイントの取り扱い開始に伴い、「シズチャンポイントカード」は残ポイント精算(ポイントに応じて指定した製品に交換)並びにポイント券(300円お買物券)の利用を含めて同年10月31日をもって終了。
    • 9月 - 宇治神明店のリニューアルオープンにより店舗ブランドを「ウエルシアダックス」に変更(以降にリニューアルオープンした店舗も順次「ウエルシアダックス」に変更)。
    • 9月1日 -直近まで東京証券取引所第一部に上場していた CFSコーポレーションが、株式交換によりウエルシアホールディングス入りしたことに伴い、CFSコーポレーション発行の株主優待券の相互利用開始[4]
  • 2016年
    • 3月29日 - 電子マネーのうちTマネーサービスの利用開始[5]
    • 6月30日 - この日をもって、CFSコーポレーション発行の株主優待券の利用終了。

脚注[編集]

  1. ^ a b 業務提携契約解消のお知らせ”. マツモトキヨシホールディングス (2008年9月18日). 2014年10月24日閲覧。
  2. ^ イオン、京都のドラッグストアに30%資本出資”. ロイター (2008年8月8日). 2014年10月24日閲覧。
  3. ^ 簡易株式交換によるタキヤ株式会社及びシミズ薬品株式会社の完全子会社化に関する株式交換契約締結に関するお知らせ”. ウエルシアホールディングス (2014年10月22日). 2014年10月24日閲覧。
  4. ^ 株主優待制度についてのご案内株式会社CFSコーポレーション 株主優待制度についてのご案内 (2016年3月7日閲覧)
  5. ^ 3月1日より、「ハックドラッグ」でTポイントサービス開始、さらに3月29日よりウエルシアグループでTマネー導入が決定ウエルシアホールディングス、カルチュア・コンビニエンス・クラブ共同プレスリリース 2016年3月1日 (2016年3月7日閲覧)

外部リンク[編集]