マツモトキヨシ九州販売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社マツモトキヨシ九州販売
Matsumotokiyoshi kyusyuhanbai Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2718
2004年12月 - 2010年3月29日
略称 MK九州、マツキヨ九州
本社所在地 812-0018
福岡県福岡市博多区住吉2丁目2-1
スクエア博多イースト9F
設立 1984年8月13日
業種 小売業
法人番号 5340001004192
事業内容 ドラッグストア
代表者 渡邉孝男(代表取締役社長)
資本金 3億5,221万円
売上高 連結246億3,426万円
(2009年2月期)
純資産 連結17億4,027万円
(2009年2月)
総資産 連結133億8,263
(2009年2月)
従業員数 908名
決算期 2月末
主要株主 マツモトキヨシホールディングス 100%
関係する人物 百﨑栄一(前取締役会長)
外部リンク www.matsukiyo.co.jp/map/mk-kyushu/
特記事項:
鹿児島営業所(鹿児島県鹿児島市東開町8-8)
テンプレートを表示

株式会社マツモトキヨシ九州販売(マツモトキヨシきゅうしゅうはんばい)は、鹿児島県を中心として九州地区・沖縄県山口県ドラッグストアのチェーン店を運営する企業で、マツモトキヨシホールディングスの完全子会社である。

2012年4月にマツモトキヨシから沖縄県を除く九州地区と山口県の店舗を継承するとともに、ミドリ薬品から商号変更した。商号変更後は「マツモトキヨシ」の屋号で新規出店が行われており、これまで「ミドリ薬品」として営業していた店舗の一部を改装に伴って「マツモトキヨシ」に屋号変更した店舗も見られるようになったことで、「ミドリ薬品」の店舗数は縮小傾向となっている。

沿革[編集]

  • 1977年(昭和52年)3月 - 有限会社東洋産業として設立。資本金は1,000千円。本社は鹿児島県鹿児島市船津町5-28。
  • 1982年(昭和57年)3月 - 社名を「有限会社ミドリ薬品」に変更。
  • 1984年(昭和59年)8月 - 株式会社に組織改編し、「株式会社ミドリ薬品」となる。資本金は8,000千円。本社は鹿児島県鹿児島市宇宿3丁目15-5。
  • 2001年(平成13年)10月 - 日本証券業協会へ店頭登録。
  • 2004年(平成16年)12月 - 日本証券業協会への店頭登録を取消。ジャスダックに株式上場。
  • 2006年(平成18年)2月2日 - 株式会社マツモトキヨシと業務・資本提携を締結。
  • 2007年(平成19年)
    • 2月21日 - 全店舗に電子マネーEdy(現・楽天Edy)を導入。
    • 9月20日 - 株式会社マツモトキヨシとの間で、マツモトキヨシのフランチャイズ・パッケージによるドラッグストア事業を行うフランチャイズ契約を締結。
    • 11月2日 - 当社初の「マツモトキヨシ」フランチャイズ店舗である「薬マツモトキヨシ 天文館店(鹿児島県鹿児島市)」をオープン[1]
    • 11月8日 - FC2号店「薬マツモトキヨシ オプシアミスミ店(鹿児島県鹿児島市)」をオープン。
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)11月13日 - 株式会社マツモトキヨシホールディングスが、TOB株式交換によってミドリ薬品の全株を取得し完全子会社とする予定であると発表。
  • 2010年(平成22年)
    • 3月29日 - 上場廃止。
    • 4月1日 - 株式会社マツモトキヨシホールディングスの完全子会社となる。
    • 6月25日 - 福岡県内では初となる「マツモトキヨシ」のフランチャイズ店舗(FC5号店)である「薬マツモトキヨシ フレスタ千早店(福岡県福岡市東区)」をオープン[3]
    • 8月2日 - 独自に展開していたポイントカードシステムをマツモトキヨシグループ共通のポイントカードシステムに移行。これにより、グループ会社のマツモトキヨシ(マツモトキヨシ東日本販売が運営する店舗及び当社運営のFC店を含む)・マツモトキヨシ甲信越販売(ドラッグマックス・ファミリードラッグ・中島ファミリー薬局)・トウブドラッグの各店舗でも利用可能となる(なお、従来のミドリ薬品ポイントカードを所持している方はカードの切替が必要。貯まっていたポイントは新カードへ自動移行され、今までどおり使用することができる)[4]
    • 10月30日 - 宮崎県内では初となる「マツモトキヨシ」のフランチャイズ店舗(FC6号店)である「薬マツモトキヨシ 宮交シティ店(宮崎県宮崎市)」をオープン。
    • 12月24日 - FC7号店「薬マツモトキヨシ 和田店(鹿児島県鹿児島市)」をオープン。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月29日 - FC8号店「ドラッグストアマツモトキヨシ 上の原店(福岡県北九州市八幡西区)」をオープン。
    • 5月14日 - FC9号店「薬マツモトキヨシ フレスタ吉塚駅前店(福岡県福岡市博多区)」をオープン[5]
    • 5月28日 - 熊本県内では初となる「マツモトキヨシ」のフランチャイズ店舗(FC10号店)である「ドラッグストアマツモトキヨシ 玉名店(熊本県玉名市)」をオープン。
    • 6月11日 - FC11号店「ドラッグストアマツモトキヨシ コスモタウン種子島店(鹿児島県西之表市)」をオープン。
    • 7月16日 - 長崎県内では初となる「マツモトキヨシ」のフランチャイズ店舗(FC12号店)である「ドラッグストアマツモトキヨシ 四ヶ町店(長崎県佐世保市)」をオープン[6]
  • 2012年(平成24年)
    • 4月1日 - マツモトキヨシ直営店舗のうち、沖縄県を除く九州地区及び山口県の店舗を吸収分割で承継した上で「株式会社マツモトキヨシ九州販売」に商号変更[7]
    • 10月1日 - 本社を福岡県福岡市博多区住吉2丁目2-1 スクエア博多イースト9Fへ移転。旧本社は鹿児島営業所に変更。

出店地域[編集]

2015年(平成27年)7月現在、九州地区及び山口県に155店舗(マツモトキヨシ100店舗、ミドリ薬品55店舗)を展開している。

  • 山口県 - 1店舗(マツモトキヨシのみ)
  • 福岡県 - 34店舗(マツモトキヨシ31店舗、ミドリ薬品3店舗)
  • 佐賀県 - 1店舗(ミドリ薬品のみ)
  • 長崎県 - 22店舗(マツモトキヨシ15店舗、ミドリ薬品7店舗)
  • 熊本県 - 8店舗(マツモトキヨシ7店舗、ミドリ薬品1店舗)
  • 大分県 - 8店舗(マツモトキヨシ5店舗、ミドリ薬品3店舗)
  • 宮崎県 - 27店舗(マツモトキヨシ17店舗、ミドリ薬品10店舗)
  • 鹿児島県 - 51店舗(マツモトキヨシ24店舗、ミドリ薬品27店舗)
  • 沖縄県 - 3店舗(ミドリ薬品のみ)

なお、九州・沖縄地区での「マツモトキヨシ」のうち、沖縄県及びベスト電器内店舗(福岡本店・久留米本店・熊本下通店)はフランチャイズによる運営のため、当社の店舗には含まれない(前者は地元食品スーパーのサンエーが、後者はベスト電器がそれぞれ運営する)。

所在地等の詳細はマツモトキヨシ公式サイトの店舗リスト(マツモトキヨシ店舗リストミドリ薬品店舗リスト)を参照。

その他[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年9月頃に閉店。
  2. ^ 後に閉店し、現在は貸店舗。
  3. ^ 旧・ミドリ薬品 フレスタ千早駅店を改装。入居施設名の改称に伴い、現在は「薬マツモトキヨシ えきマチ1丁目千早駅店」となっている。
  4. ^ 現在はダルマ薬局(ダルマ)、杉浦薬品(ヘルスバンク)、示野薬局(シメノドラッグ)、ぱぱす(どらっぐぱぱす)、ラブドラッグス(クスリのラブ)の店舗でも利用可能
  5. ^ 入居施設名称の改称に伴い、現在は「薬マツモトキヨシ えきマチ1丁目吉塚駅店」となっている。
  6. ^ 旧・ミドリ薬品 四ヶ町店を改装。
  7. ^ 九州エリアの統轄に向けた当社連結子会社間での商号変更についてのお知らせ (PDF) - (株)マツモトキヨシホールディングス 2011年11月14日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]