アインファーマシーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社アインファーマシーズ
Ain Pharmaciez Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
003-0005
北海道札幌市白石区東札幌5条2丁目4−30
設立 2015年平成27年)6月24日
(アイン分割準備株式会社)
業種 小売業
法人番号 7430001069398
事業内容 ドラッグストア
代表者 代表取締役社長 大石美也
資本金 1億円
(2015年11月1日現在)
決算期 4月末
主要株主 株式会社アインホールディングス 100%
テンプレートを表示

株式会社アインファーマシーズ: Ain Pharmaciez Inc.)は、札幌市白石区に本社を置き、調剤薬局ドラッグストアなどのチェーン店を運営する企業。調剤薬局業界第一位。

本項では、持株会社化以前の株式会社アインファーマシーズ(現商号 株式会社アインホールディングス)および持株会社化に際し新設された事業会社である株式会社アインファーマシーズについて記す。

沿革[編集]

1969年(昭和44年)
  • 8月2日 - 受託臨床検査を行う株式会社第一臨床検査センターとして設立。
1988年(昭和63年)
  • 3月 - 株式会社旭川第一臨床検査センターを吸収合併
1989年(平成元年)
  • 5月 - 株式会社オータニを吸収合併
1994年(平成6年)
1997年(平成9年)
1998年(平成10年)
  • 10月 - 株式会社第一臨床検査センター札幌ラボラトリー臨床検査部門をビー・エム・エルへ営業譲渡
  • 11月 - 商号を、株式会社第一臨床検査センターから株式会社アインファーマシーズ(初代)に変更
1999年(平成11年)
2002年(平成14年)
  • 6月 - ナイスドラッグ株式会社(現・株式会社アイン東海)と業務提携
  • 11月 - 今川薬品株式会社を吸収合併
2004年(平成16年)
  • 5月 - 株式取得により、ナイスドラッグ株式会社を子会社
  • 12月 - 丸紅株式会社からの株式取得により、持分法適用関連会社の株式会社アインメディカルシステムズを子会社化。
2005年(平成17年)
  • 4月1日 - 株式会社エスアールエルからの株式取得(87%)により、株式会社リジョイス(東京都中央区日本橋浜町)・株式会社リジョイス薬局(京都市)を子会社化。
2006年(平成18年)
  • 4月 - ジェネリック医薬品卸業をする株式会社ホールセールスターズを完全子会社として設立。
  • 4月28日 - 旧経営者らからの株式取得により、株式会社ダムファールマ(山形市)・メディカルハートランド株式会社(山形県川西町)を完全子会社化。
2007年(平成19年)
  • 1月31日 - 旧経営者らからの株式取得により、株式会社ダイチク(新潟市)を完全子会社化。
  • 2月28日 - 株式会社ハイレンと資本提携し、株式の15%を取得。
  • 4月 - 子会社の株式会社ダムファールマとメディカルハートランド株式会社を合併させて、株式会社メディカルハートランドに商号変更。
  • 6月15日 - 旧経営者からの株式取得により、株式会社あさひ調剤(さいたま市)を子会社化。
  • 10月5日 - 株式会社CFSコーポレーションと、株式移転によって共同持株会社「株式会社CFSアインホールディングス」(仮称)を設立し、経営統合することで基本合意。
  • 11月 - エムワイ株式会社等からの株式取得により、サンウッド株式会社(富山市)を子会社化。
  • 12月26日 - 三井物産株式会社からの株式取得(13%)により、株式会社リジョイス(東京都新宿区)を完全子会社化。
2008年(平成20年)
  • 1月22日 - 株式会社CFSコーポレーションの臨時株主総会で、同社筆頭株主のイオン株式会社などが42.87%の反対票を投じて統合議案を否決したため、経営統合は白紙化。
  • 6月1日 - 簡易株式交換により、子会社の株式会社アインメディカルシステムズを完全子会社化。
  • 8月5日 - 株式会社セブン&アイ・ホールディングスと資本・業務提携。
  • 4月9日 - セブン&アイグループ3社との間で、共同出店等を行うための合弁会社の設立で基本合意。
2009年(平成21年)
  • 4月2日 - 東京証券取引所二部上場。
  • 5月18日 - ジャスダック上場廃止。
  • 8月 - 子会社の株式会社アインメディカルシステムズ(存続会社)が、同じく子会社の株式会社リジョイスを吸収合併。
  • 10月1日 - 子会社の株式会社アイン東海(存続会社)が、同じく子会社の株式会社リジョイス薬局を吸収合併し、同時に株式会社アインメディオに商号を変更。
2010年(平成22年)
  • 4月1日 - 子会社の株式会社アインメディオ(存続会社)が、同じく子会社のサンウッド株式会社を吸収合併。
  • 4月2日 - 東京証券取引所一部銘柄に指定される。
  • 5月24日 - 札幌証券取引所に上場。
2011年(平成23年)
  • 4月1日 - 子会社の株式会社メディカルハートランドを吸収合併。
2012年(平成24年)
  • 4月1日 - 子会社の株式会社アインメディオのドラッグストア事業を会社分割により継承。
  • 8月1日 - 子会社の株式会社アインメディカルシステムズを吸収合併。
2013年(平成25年)
  • 11月11日 -本社ビルを東区東苗穂より、白石区東札幌に移転。
2014年(平成26年)
  • 10月1日 - 子会社の株式会社メディクスおよび有限会社パルアクティブを吸収合併[1]
2015年(平成27年)
  • 2月27日 - 株式会社メディオ薬局(沼津市)を完全子会社化[2]
  • 6月24日 - アイン分割準備株式会社(現・株式会社アインファーマシーズ)を設立。
  • 9月 - 株式会社資生堂からの株式取得により、株式会社アユーララボラトリーズ(東京都港区)を完全子会社化[3]
  • 9月12日 - 札幌・大通に総合ビューティー複合ビル「Le trois(ル・トロワ)」をオープン[4]
  • 11月1日 - 持株会社体制に移行。グループの経営管理以外の事業をアイン分割準備株式会社に吸収分割。株式会社アインファーマシーズ(初代)は株式会社アインホールディングスに商号変更。アイン分割準備株式会社は株式会社アインファーマシーズ(2代)に商号変更[5]

2017年(平成29年)

  • 7月24日 - 新聞報道により、LGBTに対する取り組みを実施していると一般公表[6]。社員の行動指針に差別しないことなどを明記。

運営店舗[編集]

アイン薬局 南相馬店(2009年7月18日)
  • 調剤薬局
    • 処方箋調剤 アイン薬局
    • 処方箋調剤 今川薬局
  • ドラッグストア
    • アインズ(ainz)
    • アインズ&トルペ(ainz&tulpe) - 都市型店舗
  • コスメティック専門店
    • トルペ(tulpe)
  • その他
    • 「Le trois(ル・トロワ)」 - 総合ビューティー複合ビル
    • 「LIPS and HIPS Style Store(リップスアンドヒップススタイルストア)」

他社との統合・提携[編集]

2008年(平成20年)4月に、株式会社CFSコーポレーション(現ウエルシア薬局株式会社)と共同持株会社を設立し経営統合する予定であったが、CFSコーポレーションの筆頭株主であるイオン株式会社の反対により、2008年(平成20年)1月22日のCFSコーポレーションの臨時株主総会で議案が否決され、経営統合は白紙となった。

2008年(平成20年)8月5日に、株式会社セブン&アイ・ホールディングスと資本・業務提携し、出店、医薬品販売、PB商品開発で提携することになった。8月26日に実施する第三者割当増資により、セブン&アイ・ホールディングスが7.8%の株式を取得した。

脚注[編集]

  1. ^ 連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ”. 株式会社アインファーマシーズ (2014年8月19日). 2014年8月19日閲覧。
  2. ^ 株式会社メディオ薬局の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ”. 株式会社アインファーマシーズ (2015年1月20日). 2015年11月4日閲覧。
  3. ^ 株式会社アユーララボラトリーズの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ”. 株式会社アインファーマシーズ (2015年6月30日). 2015年11月4日閲覧。
  4. ^ アインファーマシーズ/札幌に美の複合店「ル・トロワ」、9月12日オープン 流通ニュース2015年07月24日 http://ryutsuu.biz/topix/h072421.html
  5. ^ 持株会社体制への移行、吸収分割契約の締結、定款及び商号変更並びに子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ”. 株式会社アインファーマシーズ (2015年6月24日). 2015年11月4日閲覧。
  6. ^ "道内企業LGBTへの取り組み 同性パートナーも家族 制度改定や研修" 北海道新聞2017年7月24日 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/121179
[ヘルプ]

外部リンク[編集]