マツモトキヨシグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マツモトキヨシグループとは、株式会社マツモトキヨシホールディングスの子会社である株式会社マツモトキヨシを中心としたナショナルドラッグチェーンである。マツモトキヨシ連合と呼ばれることもある。

加盟会社[編集]

括弧内は、本社の所在地を示す。

マツモトキヨシホールディングス子会社[編集]

業務提携会社[編集]

フランチャイズ契約会社[編集]

過去の構成企業[編集]

  • パワーズドラッグ (北海道) - 2003年8月業務提携、2004年6月解消。(富士薬品グループ入りの後、モリキに吸収合併されて消滅)
  • 藤越福島県) - 2004年8月6日業務提携、2008年2月20日解消(2007年11月ヨークベニマルと業務・資本提携の後、スーパー事業に集中する為)[13]
  • ナチュラル (福岡県) - 2001年10月業務提携、2005年7月解消。
  • ドラッグイレブン (福岡県) - 2004年2月10日業務提携、2008年3月14日解消[14]。同年10月にセガミメディクス(現・ココカラファインヘルスケア)と業務提携し、WINグループに加盟。なお、2007年5月からJR九州の傘下となっており、2012年7月にJR九州ドラッグイレブンに商号変更している。
  • 高田薬局静岡県) - 2001年5月業務提携(初めてマツモトキヨシグループとなった企業)、2008年4月11日解消(ハピコム系列のウエルシア関東との経営統合を発表した際、マツモトキヨシへの事前説明なしの発表だった為)[15]。同社は予定通り同年9月にウエルシア関東と経営統合し、ハピコムへ加入。2014年9月にグループ内の再編によりウエルシア関東へ吸収合併され、ウエルシア薬局となった。
  • シミズ薬品京都府) - 2002年2月業務提携、2008年9月30日解消[16]。同年8月に加盟したハピコムへ完全移行。2015年3月にウエルシアホールディングスの完全子会社となった。
  • オージョイフル (大阪府) - 2005年9月業務提携、2009年2月28日解消(3月1日付でダイキと合併し、解散することになった為)[17]
  • ドラッグフジイ富山県)- 2001年6月業務提携、2009年7月31日解消[18]。2010年12月21日にウエルシア関東(現・ウエルシア薬局)と資本・業務提携を締結したのち、2012年9月1日にウエルシアホールディングスの完全子会社化と同時にウエルシア関東(現・ウエルシア薬局)に吸収合併されて消滅。
  • 横浜ファーマシー青森県)- 2014年1月にカワチ薬品に完全子会社化される。

ポイントカードのグループ共通利用化について[編集]

従来からマツモトキヨシが展開しているポイントカードをグループ企業でも利用できるように、各社独自のポイントシステムからマツモトキヨシのポイントシステムへの統合が進められており、「マツモトキヨシ(マツモトキヨシホールディングスのグループ会社が運営する店舗及びフランチャイズ店舗を含む)」に加え、マツモトキヨシ九州販売が運営する「ミドリ薬品」、マツモトキヨシ甲信越販売が運営する「ファミリードラッグ」・「ドラッグマックス」・「ドラッグナカジマ/中島ファミリー薬局」・「イタヤマメディコ」、「トウブドラッグ」、マツモトキヨシ東日本販売が運営する「ダルマ」、杉浦薬品が運営する「ヘルスバンク」、示野薬局が運営する「シメノドラッグ」、ぱぱすが運営する「どらっぐぱぱす」、マツモトキヨシ中四国販売が運営する「くすりのラブ」でも利用可能である(ダルマ・ヘルスバンクは2013年4月より、シメノドラッグは2014年10月より、どらっぐぱぱすは同年11月より、くすりのラブは2015年2月より、イタヤマメディコは同年9月より順次利用開始)。

「現金ポイントカード」のカードデザインは基本的に同一だが、グループ企業が発行する分についてはカード表面の「Point Card(マツモトキヨシ九州販売(旧・ミドリ薬品)発行分は"ポイントカード"とカタカナ表記になる)」と「マツモトキヨシ」ロゴの間にグループ企業が展開する店舗名(マツモトキヨシ甲信越販売発行分は「ファミリードラッグ」、杉浦薬品発行分は「ヘルスバンク」)が記され、表面右上の「Matsumoto KiYoshi」の部分は「マツモトキヨシチェーン(杉浦薬品発行分は「マツモトキヨシホールディングスグループ」)」に変更されている。また、旧・ダルマ薬局(現在のマツモトキヨシ東日本販売)発行分は「Point Card」の上にマツモトキヨシホールディングスのコーポレートシンボルと「マツモトキヨシホールディングスグループ」が明記される。なお、クレジット機能付の「メンバーズクレジットカード」は基本的にカードデザインはほぼ同一で、発行元により細かなデザインの違いがある程度である。なお、この「メンバーズクレジットカード」は「現金ポイントカード」の設定がない旧・イタヤマメディコ(現在のマツモトキヨシ甲信越販売)発行元のものが存在していた。

マツモトキヨシ九州販売(旧・ミドリ薬品)発行分には、黄色の「現金ポイントカード」に加え、青緑色の「ゴールド会員カード」が存在する。こちらは「現金ポイントカード」の機能に加え、システム統合前から展開している「ミドリ薬品」のみで受けられる独自サービス機能(一部製品の常時割引など)を付加したものである。「ゴールド会員カード」を取得するには入会金が必要だが、既に旧仕様の「ゴールド会員カード」を所持している方は新カードへの切換が無料となっている。

マツモトキヨシ中四国販売発行分には、右下に緑の四角に白字で「シニア会員」と書かれた「シニアポイントカード」が存在する。これは、かつて同社子会社であったラブドラッグスが発行していた「くすりのラブ現金ポイントカード」に用意されている60歳以上の方を対象とした「シニアポイントカード(こちらは右下に青の四角に白文字で「シニア会員」が明記される)」の「マツモトキヨシ」ロゴ仕様で、1回の支払ごとに通常ポイントに加えて特典ポイントとして10ポイント(毎月15日は「特別デー」として倍の20ポイント)が付与される。なお、本サービスはマツモトキヨシ中四国販売独自のサービスであるため、マツモトキヨシ中四国販売以外のグループ会社が運営する「マツモトキヨシ」では通常ポイントのみの付与となるので注意が必要である。

グループ会社のコーポレートサイト統合[編集]

2015年7月1日に、日本のドラッグストアチェーンでは初の試みとなるオムニチャネル化に向けた「マツモトキヨシ」公式サイトの全面刷新[19]に合わせて、グループ会社の情報(会社概要・店舗情報など)も「マツモトキヨシ」公式サイトで閲覧できるようになった。このため、一部のグループ会社はコーポレートサイトを「マツモトキヨシ」公式サイトに統合されており、「マツモトキヨシ」公式サイトへの統合案内とマイページ機能・ポイント統合の案内などが明記されている。

出典[編集]

  1. ^ 子会社による「株式会社スーパーバリュー」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ
  2. ^ 子会社による「株式会社保健堂」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ
  3. ^ 子会社による「株式会社ヤスイ」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ (PDF) - 株式会社マツモトキヨシホールディングス ニュースリリース 2011年2月16日(2015年7月26日閲覧)
  4. ^ 子会社による「株式会社遠鉄ストア」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ (PDF) - 株式会社マツモトキヨシホールディングス ニュースリリース 2013年7月30日(2015年7月26日閲覧)
  5. ^ 子会社による「株式会社フード三国」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ (PDF) - 株式会社マツモトキヨシホールディングス ニュースリリース 2008年4月1日(2015年7月26日閲覧)
  6. ^ 子会社による「株式会社イシヰ」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ
  7. ^ 子会社による「株式会社明治堂薬品」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ (PDF) - 株式会社マツモトキヨシホールディングス ニュースリリース 2008年4月1日(2015年7月26日閲覧)
  8. ^ 子会社による「株式会社オークワ」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ (PDF) - 株式会社マツモトキヨシホールディングス ニュースリリース 2012年9月6日(2015年7月26日閲覧)
  9. ^ 子会社による「JAいずも」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ
  10. ^ 子会社による「株式会社キョーエイ」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ
  11. ^ 子会社による「株式会社いない」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ (PDF) - 株式会社マツモトキヨシホールディングス ニュースリリース 2014年8月6日(2015年7月26日閲覧)
  12. ^ 子会社による「株式会社スーパー大栄」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ (PDF) - 株式会社マツモトキヨシホールディングス ニュースリリース 2014年8月6日(2015年7月26日閲覧)
  13. ^ 業務提携解消に関するお知らせ
  14. ^ 業務提携解消に関するお知らせ
  15. ^ 業務提携解消に関するお知らせ
  16. ^ 業務提携解消に関するお知らせ
  17. ^ 業務提携解消に関するお知らせ
  18. ^ 業務提携契約解消のお知らせ
  19. ^ マツモトキヨシグループのオムニチャネル化が加速 店舗とオンラインストアとの連携を強化し、お客様との接点を拡充 (PDF) - マツモトキヨシホールディングス 2015年7月2日(2015年7月26日閲覧)

外部リンク[編集]