コンテンツにスキップ

dポイントクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
dポイントカード

dポイントクラブ(ディーポイントクラブ、d Point Club)は、NTTドコモが提供している入会金・年会費無料のポイントプログラム[1]。法人向けの同様のサービスでドコモビジネスプレミアクラブがある。以前の名称はドコモプレミアクラブdocomo Premier Club)だった。

概要[編集]

1998年11月にスタートした「Club DoCoMo」(クラブドコモ)が前身。当初は入会条件は無く、ポイントサービスもClub DoCoMo会員のみであった。会員証提示により提携店舗で割引等のサービスが受けられた。2001年4月より同社の携帯電話の契約者全てを対象とした「ドコモポイントサービス」の開始にあたり、「1回線当たり直近2ヶ月の利用額が月額8,000円以上」もしくは「一括請求もしくはファミリー割引を利用していて、5回線以上契約している」という入会条件ができた。差別化のため、ドコモポイントサービスでは「500ポイントで1,000円割引」だったのに対し、Club DoCoMoでは「500ポイントで2,000円割引」とした(ポイント付与条件はどちらも利用額100円毎に1ポイント)。2004年4月1日より入会条件を撤廃の上、ドコモプレミアクラブとしてリニューアル。Club DoCoMo会員は原則としてドコモプレミアクラブ会員へと移行させた。ドコモのPC上のユーザーサイトである、My docomoサイトから入会の申込や、ポイントの確認ができる。

FOMAXiワイドスターパケット通信の個人利用者が対象で、ポイント優遇や入会者限定サービスの提供を行っている。入会金・年会費は無料で、入会条件はない。入会は任意であるが、特に申し出がない限り、新規契約と同時に入会となっている場合が大半である。法人向けサービスに「ビジネスプレミアクラブ」というものもある。

2015年12月1日に、ドコモポイントからdポイントへの改称に伴い、本サービスもdポイントクラブへ名称が変更。インコ(オウムという説もある[2])の兄弟キャラクター「ポインコ兄弟」(声はロッチの2人)のみ、もしくは中条あやみ、もしくはドコモの事を取材している記者役としてCM出演している人の内の誰かと共に出演する、dポイント・dカードのテレビCMシリーズも始まった[3][4]

2016年6月10日に、本サービスで使用されるポイントカードがおサイフケータイに対応し、対応機器を設置した加盟店においては、スマートフォン等をかざすことでポイントの取得や利用が可能となった。おサイフケータイでポイントを取得した際には、「ピポ」というポイント取得音が鳴動する[5]

2019年7月29日から、訪日外国人や海外在住者にも登録対象を拡大した(後述の通り、既に一部の提携海外ポイント事業者との間では、ポイント相互交換を行っていた)。

2012年10月31日、登録者を対象に「全国世論調査 衆議院選挙」のアンケート調査を行った。

dポイント[編集]

旧称ドコモポイント。1ポイント1円(消費税込)で換算し、100ポイント(108円)単位で携帯電話機や付属品の購入等に充当できる。会員は、各種商品(トラベルコース、エンターテイメントコース、グルメコース、リビンググッズコース、ドコモオリジナルコース)との交換もできる。

会員は前年の利用実績に応じてステージポイント (SP) が付与され、年間累計SPで4月から翌年3月までのステージが決められ、利用額100円毎の付与率が決まる。2008年4月より、継続利用期間もステージ決定条件に加わった。2011年4月付与分からは、未入会及びプレミアステージ+αを除くすべてのステージのポイント数が変更になった[6]

2015年12月1日より、dポイントへと改称し、ドコモ以外の加盟店でも使える共通ポイントサービスへ衣替えした。dポイントクラブのステージは以下の通り[7]

ステージ ドコモ回線継続利用期間 dポイント獲得数(6か月間累計)
プラチナ 15年以上 10,000dポイント以上
4th 10年以上15年未満 3,000dポイント以上10,000dポイント未満
3rd 8年以上10年未満 1,800dポイント以上3,000dポイント未満
2nd 4年以上8年未満 600dポイント以上1,800dポイント未満
1st 4年未満 600dポイント未満

付与対象は基本料金・付加サービス利用料金・無料通話超過分で、消費税iモード情報料・各種手数料・支払延滞利息等は含まない。

dポイントクラブサイトでアンケート(モバイルリサーチ・アンケート)に回答するとポイントが付与される。ポイントはアンケート毎に異なる。

  • 調査サンプル対象となる会員をプレミアパネルと呼び、男女・年齢・地域などの切り口でセグメント化され、目的に合った調査が行える。
  • dポイントクラブ利用規約第5条によると、「調査・分析の実施およびその結果に基づくご案内またはご提案」と表記があり、調査結果に基づいた最適な販売促進プロモーションが可能。

各種クレジットカードやインターネットサイト等の提携企業で得たポイントを、dポイントに交換できる。交換率は提携企業により異なる。

NTTドコモや提携企業の各種キャンペーンの参加等でポイントが付与される。提携企業では割引利用できる。

新規契約年の12月までに各ステージ条件(1,000SP、1,500SP、2,500SP)に到達する毎に1,000ポイント付与される。

加盟店
(2024年6月28日時点)
加盟予定店
海外提携ポイント
  • L.POINT - 韓国内のLポイント加盟店で利用するには、dポイントクラブアプリに設定が必要。
  • HAPPY GO中国語版 - 台湾内のHAPPYGO加盟店で利用するには、dポイントクラブアプリに設定が必要。

d払い[編集]

ドコモが2018年(平成30年)4月25日から開始したQRコード決済サービスである。iDとの違いはdポイントとリンクしており、ネット利用では税込100円ごと、実店舗では税込200円ごとにポイントが付与される。決済方法には、チャージ残高からの引き去り、携帯電話料金との合算払いのほかに、クレジットカード決済がある[11]

また、ウォレット機能を備えており、チャージ残高の引き出し(銀行口座への振り込みまたはATMでの出金)や、ドコモ電話番号宛ての送金機能を有している。

詐欺事件[編集]

2024年2月5日、大阪府警察国際捜査課は、d払いの不正利用(電子計算機使用詐欺罪などの疑い)で大阪市生野区のベトナム国籍の食材販売店経営者を逮捕した[12]。不正取引は2000万円にのぼると見られる。手口は以下のとおり[13][14]

  1. 在留外国人の個人情報200件を入手
  2. 上記の個人情報を用いて、NTTドコモと600回線以上を契約
  3. 自身の経営する店舗で、電話料金合算払いの扱いでd払い (iD) の架空取引を実施

長期利用特典[編集]

ステージ決定条件に継続利用期間が標準採用されたことにより、以下のサービスが終了となった。

6年以上継続利用
  • サンクスポイントとして500ポイント付与(2006年度まで)
  • 年3回行われる懸賞「PRIME6」の応募資格が得られる(2007年度)
10年以上継続利用
  • 「PRIME6」の当選確率が2倍となる(2007年度)
  • 継続して前年度のステージが保障され、利用額低下によるステージダウンがなくなる(2007年度まで)

安心サポート[編集]

修理代金安心サポート
購入後3年間は修理代金の上限が5,250円になる(バッテリー内蔵機種の交換代金は対象外のため全額実費)。
ケータイ補償お届けサービス
端末が修理不能な状態(全損・水没等)となった場合、最大8,400円の支払いで同一・同色機種の端末を配送する。端末購入より14日以内に申込が必要で、月額294円または399円。
トラブル時購入サポート
ケータイ補償お届けサービス非加入者が修理不能となった場合、通常の販売価格より割引(NTTドコモに販売履歴がある(正規販売店で購入した)端末に限られる)。
故障修理無料サービス
自然故障は3年間無料で修理。
電池パック無料サービス
同一端末を2年以上利用すると、無料で新しい電池パックか補助充電アダプタ 01が提供される。movaは2008年12月1日より対象外となった。
FOMA電池パック500ポイント交換サービス
同一端末を1年以上2年未満利用すると、500ポイントで新しい電池パックか補助充電アダプタ 01が提供される。プレミアステージ対象者は無料。

メーカーブランド安心サービス[編集]

安心サポートはBlackBerry 8707hhTc Zなどのメーカーブランドは対象外となるが、代わりに、メーカーブランド端末あんしんサービスといった端末のサポートがある。ドコモショップの店頭ではなく、サポートセンターへ電話し、センドバック方式の保守となる。

修理代金安心サポート
購入後3年間は修理代金の上限が5,250円になる。
無料故障修理サービス
自然故障は3年間無料で修理。

ドコモカード[編集]

NTTドコモがクレジットカード各社と提携したドコモカードを発行していた。「「ドコモプレミアクラブ」と「クレジット機能」がひとつになった」と案内されており、上記に加えて更なるサービスを受けることができた。

2007年9月28日をもって新規会員受付を終了。2008年9月30日以降、順次「ドコモカード」の更新を停止し、サービスを廃止した[15]

※ゴールドカード、セゾン・アメリカン・エキスプレスを除く
※ゴールドカードを除く
  • ドコモプレミアクラブのステージのワンランクアップ
※プレミアステージ資格者の場合は1,000ポイント付与
  • カード利用額に応じたドコモポイント付与
  • ドコモカードDEケータイ補償 - 故障・修理時に10,000円まで補償
※プレミアクラブ安心サポートと重複して適用できる

何れも携帯電話料金の支払いをドコモカードで登録している場合に適用となった(ドコモカードDEケータイ補償は、加えて補償超過代金をドコモカードで支払う場合に適用)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ dポイントクラブ NTTドコモ公式サイト、2015年12月4日閲覧。
  2. ^ ポインコの世界を覗いてみよう! ポインコの物語 - NTTドコモ
  3. ^ “中条あやみも笑顔 ドコモ新サービス「dポイント」スタート”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2015年12月1日). https://www.sanspo.com/article/20151201-QP6AKM5KEJLFDDEX34NIE33T7E/ 2015年12月1日閲覧。 
  4. ^ 神谷佳成監督が語るディレクター道「『1億人がドカンと沸く』 それが CMの快感」 - AdverTimes ブレーン編集部 2016.12.05掲載
  5. ^ https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/06/08_00.html
  6. ^ ドコモからのお知らせ:ドコモプレミアクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブのサービス改定について|お知らせ|NTTドコモ
  7. ^ dポイントクラブのステージとは|d POINT CLUB
  8. ^ dポイントとカメガヤポイント ダブルでお得!|お知らせ|株式会社カメガヤ”. 株式会社カメガヤ. 2022年8月14日閲覧。
  9. ^ TBSテレビ (2024年4月10日). “NTTドコモとAmazonが「ポイント決済」で連携 5000円以上の買い物で両社のポイント貯まる仕様に”. TBS NEWS DIG. 2024年4月10日閲覧。
  10. ^ 株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント (2022年12月21日). “株式会社NTTドコモとのパートナーシップ契約締結について”. 北海道日本ハムファイターズ. 2022年12月21日閲覧。
  11. ^ d払い/ドコモ払い, NTTドコモ, https://www.nttdocomo.co.jp/service/d_payment/ 
  12. ^ d払い架空決済繰り返し約1000万円詐取か ベトナム人逮捕|NHK 関西のニュース”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2024年2月5日). 2024年2月12日閲覧。
  13. ^ <独自>他人名義のd払いで1000万円以上詐取疑い 大阪府警、架空決済でベトナム人グループ逮捕 総額2千万円以上詐取か”. 産経ニュース (2024年2月5日). 2024年2月12日閲覧。
  14. ^ d払い決済1日600回「異常」通報で発覚 不正利用疑い、ベトナム食料品店の男再逮捕”. www.itmedia.co.jp/news. ITmedia NEWS (2024年2月5日). 2024年2月12日閲覧。
  15. ^ ドコモからのお知らせ:ドコモカード更新停止のお知らせ|お知らせ|NTTドコモ(停止時期はカード会社によって異なる。)

外部リンク[編集]