iPhone 13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 13 ブルー
開発者 Apple
製造者 FOXCONN, Pegatron
世代 第15世代
販売開始日 2021年9月24日 (2年前) (2021-09-24)
先代機 iPhone 12
iPhone 12 Pro/12 Pro Max
後継機 iPhone 14/14 Plus
iPhone 14 Pro/14 Pro Max
関連機種 iPhone 13 Pro/13 Pro Max
iPhone SE (第3世代)
重量 13:174g
13 mini:141g
OS iOS 15.0(初期搭載)iOS 17.2
SoC A15 Bionic(3.22GHz)
メインメモリ 4 GB [1] LPDDR4
ストレージ 128GB, 256GB, 512 GB
ディスプレイ 13: 6.1インチ
13 mini: 5.4インチ
背面カメラ 1200万画素
サウンド ステレオスピーカー
接続 Lightning
ウェブサイト www.apple.com/iphone-13/

iPhone 13[2](アイフォーン サーティーン)とiPhone 13 mini(アイフォーン サーティーン ミニ)は、Appleによって製造、販売されているスマートフォンである。これらは、iPhone 12に続く第15世代のiPhoneである。

2021年9月14日に、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノApple Parkで開催されたApple Eventで、ハイエンドのiPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Maxとともに発表された[3][4]

デザイン[編集]

iPhone 13は、iPhone 12と基本的なデザインはほぼ同じだが、リアカメラが対角線上に配置されて大型化していることや、Face IDのTrueDepthセンサーが前モデルに比べて20%小型化している等の仕様の変更がある。

カラーは、ミッドナイト、スターライト、ブルー、ピンク、(PRODUCT)RED、グリーンの6種となる。このうち、グリーンは2022年3月9日3時のAppleイベントで発表された新色で、同年3月18日に発売された。

Color Name
ミッドナイト
スターライト
ブルー
ピンク
(PRODUCT)RED
グリーン

仕様[編集]

ハードウェア[編集]

iPhone 13およびiPhone 13 miniはAppleが設計したA15 Bionic チップが搭載されている[5]。iPhone 13および13 miniは6コアCPU、4コアGPUまた16コアNeural Engineを備えており、iPhone 13 Proおよび13 Pro Maxは5コアGPUを備えている。[6]

ディスプレイ[編集]

iPhone 13は、OLED(有機EL)の6.1インチ Super Retina XDRディスプレイで、解像度は2532×1170ピクセル、ピクセル密度は約460ppi、リフレッシュレートは60hz、一方iPhone 13 miniは、13と同様のディスプレイを搭載した5.4インチのディスプレイで、解像度は2340×1080ピクセル、ピクセル密度は約476ppiとなっている。[7]

カメラ[編集]

iPhone 13と13 miniは、3台のカメラが搭載されており、1台の前面カメラと2台の背面カメラ(広角カメラと超広角カメラ)がある。背面カメラには両方とも、センサーシフト光学式手ぶれ補正が内蔵されているため、より多くの光を集めるシステムにより大きなセンサーが含まれている。背面カメラには大きなセンサーが内蔵されているため、縦ではなく斜めにカメラが配置されている。

カメラは、スマートHDR 4と呼ばれるAppleの最新の計算エンジンを使用している。ユーザで、豊かなコントラスト、鮮やかな、暖かい、涼しいなど、キャプチャ中にさまざまな写真スタイルから選択することもできる。 Appleは、これがフィルタとは異なることを明確にしている。これは、キャプチャ中に画像処理アルゴリズムとインテリジェントに連携して、画像にローカル調整を適用するためである。[7]

カメラアプリには、シネマティックモードと呼ばれる新しいモードが追加された。これにより、ユーザは、ソフトウェアアルゴリズムを使用して、被写体間で焦点を合わせ、浅い被写界深度を作成できる。 1080p、30fpsのワイドカメラと前面カメラでサポートされている。[7]

電源[編集]

電源端子はLightning端子である。USB-PDで20W以上のアダプタ使用して急速充電を行った場合、30分で50%充電することが可能である(公式値)。

無線充電には、Qiで7.5W給電に対応する他、MagSafeおよびQi2(iOS 17.2以降)による最大15W給電にも対応している[8]

ソフトウェア[編集]

iPhone 13およびiPhone 13 miniの初期搭載OSはiOS 15.0であった。

修理[編集]

iPhone 13シリーズのディスプレイは、小さなマイクロコントローラーを介して本体と同期をし、非正規パーツに交換できない設計である。AppleおよびApple正規サービスプロバイダのみ、修理後の本体とディスプレイを紐付けるための専用ソフトウェアが利用できる。またディスプレイの非正規修理を行うとFace IDなどの一部機能が制限される[9]

iPhoneのモデルのタイムライン[編集]

iPhone 15 ProiPhone 15 ProiPhone 15iPhone 15iPhone 14 ProiPhone 14 ProiPhone 14iPhone 14iPhone 13 ProiPhone 13 ProiPhone 13iPhone 13iPhone SE (第3世代)iPhone 12 ProiPhone 12 ProiPhone 12 MiniiPhone 12iPhone 11 ProiPhone 11 ProiPhone SE (第2世代)iPhone XSiPhone XSiPhone XiPhone 11iPhone XRiPhone 8iPhone 8iPhone SE (第1世代)iPhone 7iPhone 7iPhone 6SiPhone 6SiPhone 6iPhone 6iPhone 5CiPhone 5iPhone 5SiPhone 4SiPhone 4iPhone 3GSiPhone 3GiPhone (初代)
出典: Apple Newsroom Archive[10]

脚注[編集]

  1. ^ iPhone 13 Models Have the Same Amount of RAM as iPhone 12 Models”. MacRumors.com (2021年9月20日). 2021年9月28日閲覧。
  2. ^ Apple: iPhone 13 Release Date, Price, Features, Specs & News” (英語). MashRadar (2021年9月16日). 2021年9月16日閲覧。
  3. ^ Apple launched the new iPhone 13 and iPhone 13 Mini | Programming Nation” (英語). 2021年9月16日閲覧。
  4. ^ iPhone 13 and iPhone 13 mini” (英語). Apple.com. 2021年9月14日閲覧。
  5. ^ アップル、iPhone13など発表 最新チップ搭載、カメラも進化:朝日新聞デジタル”. www.asahi.com. 2022年6月21日閲覧。
  6. ^ iPhone 13とiPhone 13 mini - 仕様”. Apple(日本). 2023年4月3日閲覧。
  7. ^ a b c iPhone 13とiPhone 13 mini - 仕様”. Apple(日本). 2023年2月21日閲覧。
  8. ^ iPhone 13 - 仕様”. Apple(日本). 2023年12月18日閲覧。
  9. ^ iPhone13の画面を非正規に修理するとFace IDが使えなくなる理由”. iPhone Mania. 2023年4月3日閲覧。
  10. ^ Apple Inc. (2007-2020). iPhone News - Newsroom Archive. Retrieved january 28, 2021.

外部リンク[編集]

先代
iPhone 1212 mini
iPhone 12 Pro12 Pro Max
iPhone 13/13 mini
iPhone 13 Pro13 Pro Max
iPhone SE (第3世代)

第15世代
次代
iPhone 1414 Plus
iPhone 14 Pro14 Pro Max