Power Mac G4 Cube

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Power Mac G4 Cube
Power Mac G4 Cube
メーカー アップルコンピュータ
種別 デスクトップ
販売終了日 2001年7月
CPU PowerPC G4, 450 - 500 MHz

Power Mac G4 Cube(パワーマック ジーフォー キューブ)は、アップルコンピュータが開発・販売していたパーソナルコンピュータ

概要[編集]

Power Mac G4iMacの中間に位置されるモデルとして2000年7月に発表[1]され、同年8月に発売された。開発コードネームは「Trinity」「Rubicon(Early 2001)」。

その名の通り、約8インチ(20cm)の立方体型の筐体が最大の特徴である。シルバーの筐体は透明のポリカーボネートで覆われており、筐体の下部分は透明のポリカーボネートのみでシルバーの立方体が宙に浮いているように見えるデザインで外部ポート群は底部に集められている。

熱は上に上がるという特性を活かし、筐体下部から中央にある垂直冷却管を通り、天板の排気口へ空気が流れることによって行われるという冷却方法を取り、冷却ファンを搭載していない。そのため非常に静粛性が高い。反面、環境によっては熱問題がつきまとう。また、光学ディスクドライブはスロットローディングタイプを採用し、筐体上部からトースターのように飛び出てくるユニークな設計となっていた。

ロジックボードはPowerMac G4のものを拡張スロットを廃止するなどして小型化したものだが、ビデオカードはオンボードではなくライザーカードでロジックボードと平行に搭載、立方体型の筐体に収めるための工夫がなされている。

メンテナンス性にも考慮しており、本体を逆さにしてハンドルを引くとロジックボードなど主要なコンポーネントへアクセスでき、メモリやAirMacなどが簡単に装着できるようになっている。

新開発されたApple Pro MouseとApple Pro Keyboard、アンプやスピーカーはハーマン・カードンとの共同開発のものが付属され、これに併せ新しいデザインのApple Studio DisplayApple Cinema Displayも販売された。

発表以来大きな注目を浴び、性能も上位モデルであるPower Mac G4と近かったが、拡張性などに乏しく、高性能を必要とする多くの顧客がPower Mac G4を選択したことが大きく、その上に筐体の亀裂や電源ボタン不良など様々な不良問題によるリワーク(改修)が実施されたことが影響し、販売は芳しくなかった。そのため2001年7月には生産が終了した。[2]

しかし、筐体デザインは高く評価され、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のデザインコレクションとしても所蔵されている。

スペック[編集]

Power Mac G4 CubeとApple Studio Display.
  • CPU - PowerPC G4 450MHz/500MHz[3]
  • システムバスクロック周波数 - 100MHz
  • 標準メインメモリ - 64MB/128MB(最大1.5GB)
  • ハードディスク - 20GB/30GB Ultra ATA/66
  • 光学式ドライブ - DVD-ROMまたはCD-R/CD-RW
  • 最大解像度/色数 - 1,920×1,200/約1,677万色
  • 外部ポート
  • 拡張 - AGP 2Xスロット
  • 付属品:205Wの電源アダプタ(28V出力)、20W USBデジタルアンプ付きステレオスピーカー
  • サイズ - 本体:幅19.5×高さ24.8×奥行19.5 cm, 電源アダプタ:厚さ5.3x幅13.8x奥行17.8cm
  • 重量 -本体:6.4kg, 電源アダプタ:1.8kg

備考[編集]

そのデザインから、世界中に熱狂的なファンが存在する。そのため販売が中止された後も、Cube専用のCPUアップグレードカードや改造キットなどが多数販売されていた。またこのパソコンに影響を受けたとされる箱型パソコンが、Cube発売以降多数販売された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アップル、革新的なG4 Cubeを発表
  2. ^ アップル、Power Mac G4 Cubeの生産を休止
  3. ^ 500MHzモデルはApple Store限定販売。