iPad (第7世代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アップル > iPad > iPad (第7世代)

iPad(アイパッド)は、アップルが開発、販売するタブレット型コンピューターであ る。iPadシリーズの第7世代にあたる機種。                     

iPad
IPad Logo (2017).svg
製造元 アップル
種別 タブレット型メディアプレーヤー/コンピュータ
世代 第7世代
発売日 2019年9月30日(日本時間)
OS iPadOS 13(初期搭載)iPadOS 13.2
CPU Apple A10Fusion 64ビットアーキテクチャ
メモリ 3GB (LPDDR4)
ストレージ 32GBまたは128GB
ディスプレイ

10.2インチ (260 mm) 4:3 アスペクト比

画面解像度: 2,160 x 1,620 (264 ppi)
グラフィック PowerVR Series7XT Plus (6コア)
入力機器 Touch ID
デジタルカメラ

バックカメラHDビデオ撮影(1080p、最大30fps、オーディオ入り、バーストモード対応)

フロントカメラHDビデオ撮影(720p、最大30fps、オーディオ入り、バーストモード対応)
外部接続 Wi-Fi (802.11a/b/g/n/acMIMO対応),
Bluetooth 4.2,
USB 2.0/lightningコネクタ
Wi-Fi + Cellular モデルは以下も含む:LTE (Bands 1,2,3,4,5,7,8,12, 13,17,18,19,20,25,26, 28, 39, 40,41)※データのみ
電源 リチウムポリマーバッテリー
最長10時間のバッテリー駆動
サイズ 240 x 169.5 x 7.5 mm
重量 483 g (Wi-Fi) / 493 g (LTE)
前世代ハード iPad (第6世代)
関連商品 iPod touch, iPhone, iPad mini
ウェブサイト www.apple.com/jp/ipad-10.2/

概要[編集]

2019年9月10日(米国時間)に、イリノイ州シカゴのイベントで発表された。プロセッサは前世代と同じApple A10 Fusionを搭載している。しかし、メモリは前世代の2GBから3GBに増やされている[1]。Wi-Fi+CellularモデルはeSIM対応となっている。

Apple Pencil (第1世代)も第6世代同様に、本モデルでも使用可能となっている。バッテリーはこれまで同様最長で10時間持つとしている。iPad Pro 10.5インチ・iPad Air (第3世代)用のSmart Keyboardに対応し、ディスプレイサイズが10.2インチと前世代より大きくなった。高さは前世代より1cm程高くなった[2]。また、左右ベゼルが前世代より狭くなっている[3]。iPad(第7世代)は廉価なディスプレイを搭載していて、iPad Proに採用されている広色域ディスプレイ(P3)、ProMotion、True Toneテクノロジー、フルラミネーションディスプレイなど高画質技術を省かれている。Split View + Slide Overで3画面に同時表示に対応している。筐体の長さ・横幅はiPad Air (第3世代)(10.5インチ)と同じサイズになっているが、厚みはiPad Air (第3世代) よりもiPad(第7世代)の方が分厚くなっており、重量も少し重くなっており、iPad(無印)シリーズとiPad Airシリーズとを差別化している[4][5]。一番安いモデルでも、端末価格が第6世代の37,800円から34,800円と安くなっている。

出典[編集]

iPadモデルの変遷

iPad ProiPad mini 4iPad mini 3iPad mini (第2世代)iPad mini (第1世代)iPad (第5世代)iPad Air 2iPad Air (第1世代)iPad (第4世代)iPad (第3世代)iPad 2iPad (第1世代)