Apple Cinema Display

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apple Studio Display(初代Apple Cinema Displayの4:3仕様)

Apple Cinema Display(アップルシネマディスプレイ)はアップルにより作られたフラットパネルモニターである。

概要[編集]

DVI端子を備えたモデルは、USBIEEE 1394を個別に接続してハブとして使用が出来、一般PCでも使用が可能。

独自のADC端子を備えたモデルは、ADC端子を備えたMacのみで使用が可能だった。ポリカーボネートモデルはイーゼルスタイルのスタンドがついていた。

2008年10月14日、24インチモデルが発売[1]。LEDバックライトを採用し、アルミニウムフレーム・スタンドに前面ガラスパネルを備え、iMac (Mid 2007) と同様なデザインとなった。

2010年7月27日、27インチモデルが発売[2]LG DisplayのLEDバックライトでIPSパネルを採用。

2011年7月20日Thunderboltを採用したApple Thunderbolt Displayが発売された[3]。Apple LED Cinema Display 27インチと併売されている。

モデル[編集]

年度 インチ ピクセル dpi フレーム プラグ 名前
1999-2000 22 1600x1024 86.35 ポリカーボネート DVI-D Apple Cinema Display
2000-2002 22 1600x1024 86.35 ポリカーボネート ADC Apple Cinema Display
2002-2004 23 1920x1200 98.44 ポリカーボネート ADC Apple Cinema Display HD
2003-2004 20 1680x1050 99.06 ポリカーボネート ADC Apple Cinema Display
2004-2008 20 1680x1050 99.06 アルミニウム DVI-D Apple Cinema Display
2004-2008 23 1920x1200 98.44 アルミニウム DVI-D Apple Cinema HD Display
2004-2010 30 (29.7) 2560x1600 101.65 アルミニウム Dual Link DVI-D Apple Cinema HD Display
2008-2010 24 1920×1200 94.34 アルミニウム Mini DisplayPort Apple LED Cinema Display
2010- 27 2560×1440 108.79 アルミニウム Mini DisplayPort Apple LED Cinema Display

※ アルミニウムの20,23,30インチは、2006年秋に新型LCDパネルを採用し、視野角、輝度、コントラスト比、応答速度が向上した[4]。前期型・後期型で区別されている。

前期型(2004-2006年) 後期型(2006年-2008年, 2010年)
視野角 水平方向:170°、垂直方向:170° 水平方向:178°、垂直方向:178°
輝 度 20: 250 cd/m2, 23,30: 270 cd/m2 20: 300 cd/m2, 23,30: 400 cd/m2
コントラスト比 400:1 700:1
応答速度 16 ms 14 ms

参考[編集]

  1. ^ アップル、新しいMacBookファミリー用に24インチのLED Cinema Displayを発表 Apple Press Info
  2. ^ Apple、新しい27インチのLED Cinema Displayを発表 Apple Press Info
  3. ^ Apple、世界初のThunderboltディスプレイを発表 Apple Press Info
  4. ^ Apple Cinema Display (20-inch DVI), (23-inch DVI), (30-inch DVI) Apple 技術仕様

関連項目[編集]

外部リンク[編集]