iPhone 11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Apple > iPhone > iPhone 11
iPhone 11
IPhone 11 wordmark.svg
IPhone 11 White.svg
iPhone 11の正面画像
開発者 Apple
製造者 FoxconnPegatronWistron
キャッチコピー 英語: Just the right amount of everything.
日本語: すべてがある。パーフェクトなバランスで。
世代 第13世代
販売開始日 2019年9月20日 (20か月前) (2019-09-20)
先代機 iPhone XS/XS Max
iPhone XR
後継機 iPhone 12
関連機種 iPhone 11 Pro/Pro Max
iPhone SE (第2世代)
フォームファクタ スマートフォン
サイズ 縦 150.99mm
横 75.7mm
厚さ 8.3mm
重量 194g
OS iOS 13(初期搭載)→ iOS 14.6
SoC Apple A13 Bionic
CPU 6コア
GPU Apple A13 GPU(Apple独自設計 4コア)
メインメモリ 4 GB LPDDR4X RAM
ストレージ 64、128、256 GB
メモリーカード なし
バッテリー 3110 mAh[1]
ディスプレイ 6.1インチ[2]
1792×828ピクセル 326 ppi
Liquid Retinaディスプレイ
背面カメラ デュアル12MPカメラ(超広角と広角)、F2.4(超広角)、F1.8(広角)、2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム、4K60fpsビデオ撮影(HDR対応)、1080p240fpsスローモーションビデオ撮影(HDR非対応)
前面カメラ 12MPカメラ、F2.2、True Depthカメラ、4K60fpsビデオ撮影(HDRは解像度に関係なく30fpsまで対応)、1080p120fpsスローモーションビデオ撮影(HDR非対応)、ポートレートモード
サウンド ドルビーアトモス
接続 Lightning
ウェブサイト iPhone 11 - Apple

iPhone 11(アイフォーン イレブン)は、Appleが開発・販売しているスマートフォンである。

概要[編集]

iPhone 11は、2019年9月10日(現地時間)、アメリカカリフォルニア州クパティーノApple ParkにあるSteve Jobs TheaterにてフラグシップモデルであるiPhone 11 Pro/11 Pro Maxと同時に発表された、iPhone XRに続く13代目のiPhoneである。

iPhone XRから引き続きLiquid Retina HDディスプレイを搭載し、耐水防塵IP68等級を有している[3]。(規格60529にもとづくIP68等級 最大水深2メートルで最大30分間)これは前代のiPhone XRより高い耐水・防塵性能である。

カラーはホワイトブラックグリーンイエローパープル、(PRODUCT)REDの全6色[3] であり、グリーンとパープルはiPhone11で新しく追加されたカラーである。

SoCにはTSMC製造のApple A13 Bionicを採用している。またiPhone XR同様、eSIM対応デュアルSIMや触覚タッチに対応している[3]

2019年9月10日に9月13日から予約を受付けると発表され、同年9月20日に発売された[4]

カメラ[編集]

従来の広角レンズに加え、新たに超広角レンズを搭載している。

暗い場所で撮影するためのNight modeをサポートしている。

iOS 13.2以降では、2つのカメラで合計9枚の写真を一度に撮影し、1つの写真に合成するDeep Fusion機能が使える[5]

バッテリー[編集]

iPhone11はiPhone XRよりも最大で1時間長いバッテリー駆動時間がある。

通信規格[編集]

無線LANは、Wi-Fi6(IEEE802.11ax)2x2 MIMOとなっており最高1200Mbpsの速度に対応している[6]Bluetooth 5.0対応。

携帯ネットワークは2x2 MIMO、4GVoLTEHD+[7] 及び、LAA対応ギガビット級LTE(日本では最大968Mbps)に対応している[3][8]

ディスプレイ[編集]

iPhone 11はディスプレイにiPhone XRと同じく液晶パネルLiquid Retina HDディスプレイが使われている。[9]

急速充電(PD充電)の仕様[編集]

iPhone 11は、オプションのApple USB-C - Lightningケーブルと18WのApple USB-C電源アダプタでの急速充電に対応している[3]。急速充電を行うと30分で50%まで充電できるが、18Wを超えるApple USB-C電源アダプタを使用しても18W電源アダプタと同じ出力になる。iMacMacBook ProのUSB-Cポートでは15Wでの急速充電が出来る[10] 他、MacのUSB Type-AポートでもUSB-PDより遅い10Wで急速充電ができる。

iPhoneのモデルのタイムライン[編集]

iPhone 8iPhone SE (1st generation)iPhone 12iPhone 12iPhone SE (2nd generation)iPhone 11iPhone XRiPhone 12 ProiPhone 12 ProiPhone 11 ProiPhone XSiPhone XiPhone 7iPhone 6SiPhone 6iPhone 5SiPhone 5CiPhone 5iPhone 4SiPhone 4SiPhone 4iPhone 3GSiPhone 3GiPhone (1st generation)
出典: Apple Newsroom Archive[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Humphries, Matthew (2019年9月18日). “iPhone 11 Battery Sizes Confirmed”. PC Magazine. 2019年9月18日閲覧。
  2. ^ 新型iPhone触ってみた カメラ進化、ゲームさくさく” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年10月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e iPhone 11 - 仕様” (日本語). Apple(日本). 2020年4月19日閲覧。
  4. ^ Apple、デュアルカメラ搭載のiPhone 11を発表” (日本語). Apple Newsroom. 2019年9月26日閲覧。
  5. ^ 細かいところが確かに違う、iPhone 11シリーズのDeep Fusionをオン/オフして撮り比べよう” (日本語). マイナビニュース (2020年1月6日). 2020年4月19日閲覧。
  6. ^ 株式会社インプレス (2019年9月11日). “Wi-Fi 6に対応した「iPhone 11/Pro/Pro Max」 最安で7万4800円から、iPhone 11はデュアル、iPhone 11 Pro/Pro Maxはトリプルカメラ搭載” (日本語). INTERNET Watch. 2020年4月19日閲覧。
  7. ^ 対応機種 : VoLTE(HD+) | VoLTE/VoLTE(HD+) | サービス・機能 | NTTドコモ”. www.nttdocomo.co.jp. 2020年4月19日閲覧。
  8. ^ 株式会社インプレス (2019年9月18日). “iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max、キャリアごとの最高速度はどう違う?” (日本語). ケータイ Watch. 2020年4月19日閲覧。
  9. ^ iPhone 11 - 技術仕様”. 2020年10月27日閲覧。
  10. ^ 各ポートに接続したデバイスの電力供給について” (日本語). act2 サポート. 2020年4月19日閲覧。
  11. ^ Apple Inc. (2007-2020). iPhone News - Newsroom Archive. Retrieved january 28, 2021.

外部リンク[編集]

先代:
iPhone XSXS Max
iPhone XR
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone SE (第2世代)

第13世代
次代:
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max