iPhone 11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アップル > iPhone > iPhone 11
iPhone 11
IPhone 11 wordmark.svg
IPhone 11 White.svg
iPhone 11の正面画像
開発者 アップル
製造者 Foxconn, Pegatron, Wistron
キャッチコピー 英語: Just the right amount of everything.
日本語: すべてがある。パーフェクトなバランスで。
世代 第13世代
販売開始日 2019年9月20日(14か月前) (2019-09-20
先代機 iPhone XS/XS Max
iPhone XR
後継機 iPhone 12
関連機種 iPhone 11 Pro/Pro Max
iPhone SE (第2世代)
フォームファクタ スマートフォン
寸法 縦 150.99mm
横 75.7mm
厚さ 8.3mm
重量 194g
OS iOS 13(初期搭載)→iOS 14.2
SoC Apple A13 Bionic
CPU 6コア
GPU Apple A13 GPU(アップル独自設計 4コア)
メインメモリ 4 GB LPDDR4X RAM
ストレージ 64, 128, 256 GB
メモリーカード なし
電池 3110 mAh[1]
ディスプレイ 6.1インチ[2]
1792×828ピクセル 326 ppi
Liquid Retinaディスプレイ
背面カメラ デュアル12MPカメラ(超広角と広角), F2.4(超広角), F1.8(広角), 2倍の光学ズームアウト, 最大5倍のデジタルズーム, 4K60fpsビデオ撮影(HDR対応), 1080p240fpsスローモーションビデオ撮影(HDR非対応)
前面カメラ 12MPカメラ, F2.2, True Depthカメラ, 4K60fpsビデオ撮影(HDRは解像度に関係なく30fpsまで対応), 1080p120fpsスローモーションビデオ撮影(HDR非対応), ポートレートモード
サウンド ドルビーアトモス
接続 Lightning
ウェブサイト iPhone 11 - Apple

iPhone 11(アイフォーン イレブン)は、アップルが開発・販売しているスマートフォンである。

概要[編集]

iPhone 11は、2019年9月10日(現地時間)、アメリカカリフォルニア州クパティーノApple ParkにあるSteve Jobs TheaterにてフラグシップモデルであるiPhone 11 Pro/11 Pro Maxと同時に発表された、iPhone XRに続く13代目のiPhoneである。

iPhone XRから引き続きLiquid Retina HDディスプレイを搭載し、耐水防塵IP68等級を有している[3]。(規格60529にもとづくIP68等級 最大水深2メートルで最大30分間)これは前代のiPhone XRより高い耐水・防塵性能である。

カラーはホワイトブラックグリーンイエローパープル、(PRODUCT)REDの全6色[3] であり、グリーンとパープルはiPhone11で新しく追加されたカラーである。

SoCにはTSMC製造のApple A13 Bionicを採用している。またiPhone XR同様、eSIM対応デュアルSIMや触覚タッチに対応している[3]

2019年9月10日に9月13日から予約を受付けると発表され、同年9月20日に発売された[4]

カメラ[編集]

従来の広角レンズに加え、新たに超広角レンズを搭載している。

暗い場所で撮影するためのNight modeをサポートしている。

iOS 13.2以降では、2つのカメラで合計9枚の写真を一度に撮影し、1つの写真に合成するDeep Fusion機能が使える[5]

バッテリー[編集]

iPhone11はiPhone XRよりも最大で1時間長いバッテリー駆動時間がある。

通信規格[編集]

無線LANは、Wi-Fi6(IEEE802.11ax)2x2 MIMOとなっており最高1200Mbpsの速度に対応している[6]Bluetooth 5.0対応。

携帯ネットワークは2x2 MIMO、4GVoLTE (HD+)[7] 及び、LAA対応ギガビット級LTE(日本では最大968Mbps)に対応している[3][8]


ディスプレイ[編集]

iPhone 11はディスプレイにiPhone XRと同じく液晶パネルLiquid Retina HDディスプレイが使われている。[9]

急速充電(PD充電)の仕様[編集]

iPhone 11は、オプションのApple USB-C - Lightningケーブルと18WのApple USB-C電源アダプタでの急速充電に対応している[3]。急速充電を行うと30分で50%まで充電できるが、18Wを超えるApple USB-C電源アダプタを使用しても18W電源アダプタと同じ出力になる。iMacMacBook ProのUSB-Cポートでは15Wでの急速充電が出来る[10] 他、MacのUSB Type-AポートでもUSB-PDより遅い10Wで急速充電ができる。

iPhoneのモデルのタイムライン[編集]

iPhone SE (第2世代)iPhone 11 ProiPhone 11iPhone XRiPhone XSiPhone XiPhone 8iPhone 7iPhone 6SiPhone 6iPhone SE (第1世代)iPhone 5SiPhone 5CiPhone 5iPhone 4SiPhone 4iPhone 3GSiPhone 3GiPhone (初代)
出典: Apple Newsroom Archive[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Humphries, Matthew (2019年9月18日). “iPhone 11 Battery Sizes Confirmed”. PC Magazine. 2019年9月18日閲覧。
  2. ^ 新型iPhone触ってみた カメラ進化、ゲームさくさく” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年10月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e iPhone 11 - 仕様” (日本語). Apple(日本). 2020年4月19日閲覧。
  4. ^ Apple、デュアルカメラ搭載のiPhone 11を発表” (日本語). Apple Newsroom. 2019年9月26日閲覧。
  5. ^ 細かいところが確かに違う、iPhone 11シリーズのDeep Fusionをオン/オフして撮り比べよう” (日本語). マイナビニュース (2020年1月6日). 2020年4月19日閲覧。
  6. ^ 株式会社インプレス (2019年9月11日). “Wi-Fi 6に対応した「iPhone 11/Pro/Pro Max」 最安で7万4800円から、iPhone 11はデュアル、iPhone 11 Pro/Pro Maxはトリプルカメラ搭載” (日本語). INTERNET Watch. 2020年4月19日閲覧。
  7. ^ 対応機種 : VoLTE(HD+) | VoLTE/VoLTE(HD+) | サービス・機能 | NTTドコモ”. www.nttdocomo.co.jp. 2020年4月19日閲覧。
  8. ^ 株式会社インプレス (2019年9月18日). “iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max、キャリアごとの最高速度はどう違う?” (日本語). ケータイ Watch. 2020年4月19日閲覧。
  9. ^ iPhone 11 - 技術仕様”. 2020年10月27日閲覧。
  10. ^ 各ポートに接続したデバイスの電力供給について” (日本語). act2 サポート. 2020年4月19日閲覧。
  11. ^ Apple Inc. (2007-2018). iPhone News - Newsroom Archive. Retrieved September 28, 2018.
先代:
iPhone XSXS Max
iPhone XR
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone SE (第2世代)

第13世代
次代:
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max

外部リンク[編集]