iOS 6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
iOS > IOS 6
iOS 6
Apple iOS.svg
開発者 Apple
OSの系統 iOS
ソースモデル オープンソースのコンポーネントを使用したクローズドソース
初版 2012年9月19日 (10年前) (2012-09-19)
最新安定版 6.1.6 (10B500) / 2014年2月21日 (8年前) (2014-02-21)
プラットフォーム
カーネル種別 ハイブリッド(XNU
ライセンス プロプライエタリソフトウェア
先行品 iOS 5
後続品 iOS 7
ウェブサイト Apple - iOS 6ウェイバックマシンによるアーカイブ)
サポート状況
終了
テンプレートを表示

iOS 6(アイオーエス シックス)は、Appleが開発しているモバイルオペレーティングシステムiOSの6番目のメジャーリリースである。2012年9月19日にリリースされた[1]

概要[編集]

2012年6月12日WWDC2012で発表された。約200以上の新機能が搭載され[2]、今回のアップデートではアプリの追加よりも既存のアプリの改良や新機能が中心となり、GUIにも変更が見られる[3][4]。このバージョンで、iPad (第1世代)iPod touch (第3世代)がサポートされなくなった[5]。発表当日、開発者にはベータ版をリリース、2012年9月12日に関係者向けに開催されたイベントで9月19日に正式版をリリースすると発表された[1]

iOS 6では、Google マップに代わってApple マップAppが追加されたほか、ポッドキャストを集中管理できるPodcast App、各種チケットや搭乗券、クーポン、ポイントカードなどを管理できるPassbook App(現Apple Wallet)などが追加された[6][7]App Storeのビジュアルが一新され、カードベースのAppレイアウトが採用されたほか、検索アルゴリズムの調整が行われた[4]。FacebookはOSレベルで連携され、ステータスメッセージ、いいね!ボタン、連絡先やイベントの同期などがAppleの純正Appに組み込まれた[6]。新しいプライバシー管理機能により、Appの許可をより細かく設定できるようになり、ターゲット広告を防止するオプションも追加された[8][9]Siriは、より多くの端末に追加され、レストランの予約、Appの起動、映画のレビューやスポーツの統計情報の取得、通知センターの読み取りなどの機能が追加された[6]

iOS 6の評判は上々だった。批評家は、iOS 6が大幅な速度向上や大規模なデザイン変更をもたらすものではなく、改良に重点を置いたものであることを指摘した[4]。 iOS 6は「端末の使い方を完全に変える」ものではなかったが、「それぞれの微調整(省略)は、スマートフォンの日常的な操作の多くを全体的に容易にする」ものであり、「すでに非常にうまく機能しているもの」を改良することは「他の企業が見習うべきこと」であると指摘した[10]

しかし、Apple マップのリリース時には、データが不正確であったり、不完全であったりしたため、大きな批判を受けた。この問題を受け、Appleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クックは公開謝罪文を発表した。創業以来、iOSの開発を指揮してきたスコット・フォーストールの解任の一因ともなった[11]

新機能・変更点[編集]

システム[編集]

Siri[編集]

AppleのバーチャルアシスタントであるSiriは、iPhone 4Sの発売と同時にiOS 5で導入され、レストランの予約、アプリケーションの起動、通知センターの読み取り、FacebookTwitterの新規投稿入力、映画のレビューやスポーツの詳細な統計情報の取得などの機能が追加された[6]

Siriはイタリア語韓国語広東語に対応し、iPhone 5iPod touch (第5世代)iPad (第3世代)に対応した[12]

Facebookの統合[編集]

iOS 6では、Appleの一部の純正AppにFacebookの機能が組み込まれた。カレンダーAppでFacebookのイベントを同期、連絡先AppでFacebookの友だち情報の表示、App StoreGame CenterにFacebookの「いいね!ボタン」の搭載などの機能が追加された。通知センターウィジェットから、Facebookに直接投稿することも可能になった[6][13]

設定[編集]

iOS 6では、設定Appに複数の変更が加えられた。Appアイコンが、AppleのコンピュータOSであるOS X(現macOS)の「システム環境設定」のアイコンと同じになったほか、電話の音を鳴らさないようにする「おやすみモード」が追加された。また、「おやすみモード」では、特定の連絡先からの電話を許可したり、何度も電話がかかってくる場合に2回目の電話で音を鳴らすなどの設定が可能である。なお、「おやすみモード」が有効な場合は、ステータスバーに三日月のアイコンが表示される[10]

iOS 6には新たなプライバシー設定が追加された。位置情報サービスに加え、連絡先、カレンダー、リマインダー、写真などの各種プライバシー設定が追加され、Appごとにプライバシー許可をより細かく制御できるようになった。また、Appが各カテゴリーの情報へのアクセスを希望する際には新たな通知が表示されるよう仕様になった[9]

また、iOS 6には、ターゲット広告を防止する「広告トラッキングの制限」の設定が搭載されていた。Appleの「Advertising Identifier」は、「広告ネットワークが使用する非永続的で個人を特定しないデバイスの識別子で、広告主がトラッキング手法を使用することを利用者がよりコントロールできるようにするものであり、広告のトラッキングを制限することを選択した場合、Advertising Identifierを使用する広告ネットワークは利用者にターゲット広告を提供するための情報を収集しなくなる」としている[8]

iOS 6.1では、広告会社が使用する識別子をユーザーがリセットできる「広告識別子のリセット」設定が追加された[14]

その他[編集]

iOS 6では、通知センターにTwitterのウィジェットが追加され、直接ツイートできるようになった[15]

共有メニューのインターフェースが更新され、コンテンツを共有できるさまざまなアプリケーションのリストではなく、アイコンのグリッドが表示されるようになった[16]

アプリケーション[編集]

マップ[編集]

Google マップに代わって、新しいApple マップAppがOS上のデフォルトの地図Appとして採用された。Appleのベクターベースのエンジンを使用しており、よりスムーズな拡大・縮小が可能になった。また、音声ガイド付きのターンバイターンナビゲーションや、一部の地域での3D表示、一部の主要都市を回る「Flyover」機能、交通状況などが新たに搭載された[6]

配信当初、ターンバイターンナビゲーションはiPhone 4S以降およびセルラーモデルのiPad 2以降でのみ利用可能で、FlyoverはiPhone 4S以降およびiPod touch (第5世代)、iPad 2以降でのみ利用可能だった[12]

Passbook[編集]

搭乗券や入場券、クーポンやポイントカードなどを1か所にまとめるPassbook App(現Apple Wallet)を新たに追加した[6][17][18]

Passbookを搭載したiOS端末をスキャンすることで、物理的なカードに代わって、対象店舗でのモバイル決済を処理することが可能になった。特定の店舗の付近を通ると関連するクーポンを通知する機能や、空港にいるときに搭乗券を自動的に表示し、ゲートの変更を通知する機能など、状況に応じた機能が搭載されている[6]

写真とカメラ[編集]

カメラAppは、240度のパノラマ写真が撮れるパノラマモードが追加された[19][20]

写真Appのフォトストリーム機能がアップデートされ、画像を削除したり、独自のフォトストリームを他人と共有したりできるようになった[6][10]

App Store[編集]

iOS 6のApp Storeでは、ユーザーインターフェースが一新され、「カテゴリー」タブが削除され、Appleの検索・推薦エンジンである「Genius」が追加された。各Appの表示は、リスト表示ではなくカード表示に変更された。また、App Storeの検索アルゴリズムにも手が加えられ、「新しい会社を優遇する傾向」が見られるようになり、開発者からは懸念と称賛の声が上がっている[21][4]

電話[編集]

iOS 6では、着信時にロック画面を上にスワイプすると、「メッセージで返信」や「あとで通知」のメニューが表示されるようになった。「メッセージで返信」機能では、あらかじめ設定されたいくつかのメッセージが表示され、独自のメッセージを選択することもできる。「あとで通知」機能では、1時間後、帰宅時、現在地を離れる時など、いくつかのオプションが用意されており、リマインダーを有効にすることができる[22]

Podcasts[編集]

iOS 6では、ポッドキャスト機能がiTunes Appから切り離され、独自のPodcast Appが提供された[23][7]

Safari[編集]

ウェブブラウザのSafariは、iPhoneおよびiPod touchの横向きのフルスクリーン表示が可能になった[24]

iOS 5から搭載された「リーディングリスト」は、保存された記事のテキストや画像、レイアウトなどが保存されるオフライン機能に対応した[25]

FaceTime[編集]

FaceTimeのビデオ通話は、Wi-Fiだけでなく、携帯電話回線でも利用できるようになった[26]

時計[編集]

iPhoneiPod touchで搭載されていた時計Appが、iPadでも利用できるようになった[27]。時計のデザインがスイス鉄道時計に似ていたことから、Appleはスイス連邦鉄道と契約を結び、デザインを自社で使用することにした[28]

廃止機能[編集]

Appleが開発したiOSの純正AppだったYouTube Appが削除された[29][30]。AppleはThe Vergeに対し、削除の理由はライセンスの有効期限が切れたためであると説明しており、YouTubeはウェブブラウザのSafariで動画を見ることができるとしている。また、YouTubeを所有するGoogleが独自のAppを開発しており、App Storeでのリリースを予定していることも確認している[31]。Appleが開発したYouTube Appは、iOS 5以前には残っていた[32]

2017年6月、YouTubeの元社員であるハンター・ウォークのツイートによると、AppleがYouTubeに連絡を取り、初代iPhoneのデフォルトAppにすることで、動画共有サービスのモバイル市場への導入を確実にしたが、開発作業を自分たちで処理する必要があったという。2012年にYouTubeは、自分たちで開発することで「自分たちのAppのコントロールを取り戻す」ために、ライセンスを打ち切るという「度胸のある行動」をとったという[33][34]

バージョン[編集]

iOS 6は、2012年6月11日に開催されたApple Worldwide Developers Conferenceで発表された[2]

iOS 6は、2012年9月19日に正式にリリースされた[1]

新機能・変更点(6.x)
バージョン ビルド番号 配布開始日 内容 出典
6.0 10A403
10A405
10A406
10A407
2012年9月19日
  • マップアプリのデータ元変更
    • これまで地図情報にGoogle Mapsを使っていたのを自社開発に変更、ベクター形式で表画され動作も高速化した。ターン・バイ・ターン方式によるナビゲーション機能も音声による案内を導入、リアルタイムでの交通情報取得やFlyoverによる俯瞰視点での表示機能・3Dによる町並み表示機能を使えるようになる。Siriによる音声入力の目的地検索や口コミサイト「Yelp」を使用した飲食店情報も提供される。しかし、この時点では地図の表記に多数の誤りがあるなど地図の精度が非常に低く、問題となった(#問題を参照)。
  • Siriの機能拡充
    • iPad(第3世代)にも対応し、スペイン語、イタリア語、韓国語、標準中国語および広東語をサポートする。iPad 2ではサポートされない。プロスポーツの結果、映画の上映情報、Yelpによる飲食店情報やレストランの予約機能を利用可能となる。音声入力でのFacebookやTwitterへの投稿、音声でのアプリ起動もできるようになった。また、自動車メーカーの協力を得て「Eyes Freeモード」を追加、対応する自動車のハンドルに付けられた「ボイスコマンドボタン」を押すことで、ハンズフリーでSiriを使用することが可能となる。
  • Facebookの統合
    • 通知センター、カメラ、写真、マップ、Safariといった対応アプリからFacebookへ直接投稿が可能になるほか、友達の情報とアドレス帳の連携、イベント情報のカレンダーへの反映、楽曲やアプリに対して「いいね!」を付けられるなどの機能連携が施されている。
  • iCloudの強化
    • フォトストリームを複数人で共有できる機能を追加、共有された写真はApple TVやウェブ上でも閲覧可能となる。また、Safariには「iCloudタブ」を追加し、他のデバイスで閲覧していたページをそのまま見られるようにできる。
  • Passbook
    • チケットやクーポンなどの管理アプリ。位置情報にあわせてチケットやポイントカードの表示、搭乗券ではフライト案内のリアルタイム反映などが行われる。
  • Guided Access
    • アクセシビリティ機能として追加され、ハードウェアボタンの機能を停止し1つのアプリケーションだけにロックできるほか、タッチ入力をスクリーンの特定の場所だけに限定する機能なども使える。
  • Safariの機能強化
    • iCloudタブのほか、オフラインリーディングリスト、写真アップロード、フルスクリーンビューに対応。
  • 携帯電話ネットワーク経由でFaceTimeが利用可能に
  • メールアプリで重要な人物のメールを抽出する「VIP」ボックスの追加
  • 電話機能の改良
    • すぐ出られない場合に自動的に相手にテキストメッセージを返信、またはかけ直すよう自分自身にリマインダーで通知することが可能となった。また、指定した時間のみ特定の人からの電話を受け付ける「Do Not Disturb」機能も追加された。
  • 中国向けの機能改良
    • 文字入力を改善したほか、Baidu、Sina Weibo、Youku、Tudouといった中国での主要サービスにも対応。
  • ストアアプリのリニューアル
    • 手軽な操作ですぐにコンテンツにアクセスできるようになったほか、チェック履歴がiCloudを通じて複数端末で共有可能となる。
  • 「iPhoneを探す」の強化
    • 拾った人が持ち主へ電話連絡することが可能となった。また、友人や家族との間で位置情報も共有できるようになる。
  • YouTubeアプリの廃止
    • Googleとのライセンス契約が終了したことに伴う物で、AppleによればSafari上からWeb版を使用することが可能であるほか、Googleも独自にYouTubeアプリを9月11日に提供した(iPhoneとiPod touchのみ、後のバージョンでiPadに対応)[35]
[36][37]
6.0.1 10A523
10A525
10A8426
2012年11月1日
  • iPhone 5とiPod touch(第5世代)で、ソフトウェアをワイヤレス(OTA)でインストールできない場合がある不具合を修正
    • この2機種をアップデートする場合、専用のアップデータをインストールする必要がある。
  • キーボード上に横線が表示される問題を修正
  • カメラフラッシュが消えなくなる問題を修正
  • 暗号化されたWPA2 Wi-Fiネットワークに接続しているときの、iPhone 5とiPod touch(第5世代)の信頼性を向上させた
  • iPhoneでモバイルデータ通信ネットワークを使用できなくなる問題を修正
  • iTunes Match用に「モバイルデータ通信」スイッチを統合
  • パスコードロックを設定しているにもかかわらず、ロック画面からPassbookパスの詳細にアクセスできてしまう問題を修正。
  • Exchange会議に影響する問題を修正
  • セキュリティアップデート
[38]
6.0.2 10A550
10A551
10A8500
2012年12月19日
  • Wi-Fiに影響を与える問題を修正
[39]
6.1 10B141
10B142
10B143
10B144
2013年1月29日
  • LTE対応キャリアの追加
  • iTunes Matchの登録ユーザーがiCloudから個別に曲をダウンロードできるようにした
  • 「Advertising Identifier」(広告識別子)をリセットするオプションを追加
  • アメリカでSiriを使用して映画上映時間を調べた後に映画チケットを購入できる機能を追加
  • Passbookに搭乗券に関する新機能を追加
  • Safariに対する微調整を実施
  • ロック画面での音楽再生コントロールを改良
  • マップアプリに対するバックエンドの変更
  • セキュリティアップデート
[40]
6.1.1 10B145 2013年2月12日
  • ヨーロッパの一部キャリアにおいてiPhone 4Sで通話やSMSの送受信ができなくなるなどの3G通信に対する問題を修正
[41]
6.1.2 10B146
10B147
2013年2月20日
  • Microsoft Exchangeアカウントを用いたカレンダーにおける過剰な通信やバッテリー寿命の短縮につながる可能性のある不具合を修正
[42]
6.1.3 10B329 2013年3月20日
  • ロック画面でパスコード入力を迂回できる不具合を修正
  • 日本におけるマップアプリの性能を改善
[43]
6.1.4 10B350 2013年5月3日
  • スピーカーフォン用のオーディオプロファイルを更新
[44]
6.1.5 10B400 2013年11月14日
  • 一部のユーザがFaceTime通話できない問題の解決(iOS 7対応端末はiOS 7.0.4で修正)
[45]
6.1.6 10B500 2014年2月21日
  • SSLの接続に関する問題を修正(iOS 7対応端末はiOS 7.0.6で修正)

対応機種[編集]

iOS 6は、iPhone 3GiPod touch (第3世代)iPad (第1世代)のサポートを終了した[5]

評価[編集]

iOS 6の評判は上々だった。The Vergeのダン・セイファートは、「iOS 6は、iOS 5とほとんど同じに見える。あちこちで微妙な調整が行われているが、iOSの細部の見た目に小さな変化があるたびに、変わらない部分が10個ある」と評価した。同氏は、iPhone 4Sが「キビキビとしたパフォーマンス」であることを評価する一方で、「スピードに関して言えば、iOS 6はiOS 5とひどく異なるとは感じられない」と指摘している[3]

TechRadarのクレイグ・グラネルは、「iOS 6は、iPhone 5OS X Mountain Lionのように、すでに非常によく機能しているものをさらに洗練させたものだ。Appleは、いたずらに何かを変えるのではなく、主にiOSエクスペリエンスを徐々に向上させている。このこと自体、他の企業が見習うべきことだと思う」と述べた[10]

CNETのジェイソン・パーカーは、「iOS 6は、あらゆるiOSユーザーにとって歓迎すべきアップグレードだが、デバイスの使用方法を完全に変えるものではない。むしろ、今回の調整の一つ一つが、日々のスマートフォンの多くの動作を全体的に容易にし、特定の機能(メールからの画像送信や通話コントロールなど)を待っている人には救いとなるだろう」と述べている[46]

問題[編集]

マップ[編集]

iOS 6では、OSのデフォルトの地図サービスとして、Google マップに代わって独自のApple マップが採用されたが、川の中に美術館があったり、町が欠けていたり、衛星画像が雲で隠れていたり、場所が欠けていたりと、不正確なデータや不完全なデータがあったため、すぐに批判にさらされた[47][48][49]

Appleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クックは、AppleのウェブサイトでマップAppによって引き起こされた「迷惑」を謝罪する文書を発表し、App Storeから代替のマップアプリケーションをダウンロードすることを推奨した[50][51]2012年10月、当時iOSソフトウェアエンジニアリング担当副社長だったスコット・フォーストールは、「Appleの新しい地図サービスの欠点を謝罪する手紙に署名することを拒否した」ことにより、Appleでの職務を強制的に解かれた[11]

広告識別子プライバシー懐疑論[編集]

2012年9月、ソフトウェア会社Abineの「プライバシー専門家」であるサラ・ダウニーは、新しい「広告識別子」にもかかわらず、Appleがその識別子が実際に何に基づいているのか詳細を開示していないことに懸念を表明した。「識別できない理由を教えてほしい。なぜなら、他の多くの『識別できない』データで見てきたように、あなたを簡単に識別できるからだ」と述べ、「オプトアウトを使用している場合、(Appleは)ターゲット広告を提供するための情報を収集しなくなる可能性がある。つまり、ターゲット広告を提供する以外の目的で利用者の情報を収集する可能性があるということである。例えば、お客様にマーケティング情報を提供するために利用者に関するデータベースを構築したり、第三者に販売したりすることが考えられる」と述べている[8]

データ使用量[編集]

iOS 6にアップグレードした後、利用者が通常よりも高いデータ使用量を報告しており、一部ではデータプランを大幅に超えるデータ使用量を請求されていた。ハフィントンポストのスティーブ・ローゼンバウムは、「このバグは、携帯電話がWiFi信号に接続されているときはいつでも携帯電話データネットワークに接続するというiOS 6の問題の結果である」と述べ、Appleがパッチをリリースしたことも明かしている[52][53]

FaceTime証明書の期限切れ[編集]

2014年4月、iOS 6を使用している利用者が、証明書の有効期限が切れたためにFaceTimeに接続できないという問題が発生した。Appleは、この問題を説明するサポートドキュメントを公開し、問題を解決するためには、iOS 7にアップグレードできる端末はアップグレードする必要があり、iOS 6で止まっている端末はiOS 6.1.6のアップデートを受けることになると付け加えた[54]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「iOS 6」、配信開始24時間でiOS端末の15%に” (日本語). 日本経済新聞 (2012年9月22日). 2021年6月1日閲覧。
  2. ^ a b Appleが「iOS 6」発表 地図アプリ刷新、Facebook統合など200以上の新機能” (日本語). ITmedia NEWS. 2021年6月1日閲覧。
  3. ^ a b Seifert, Dan (2012年9月21日). “iOS 6 review” (英語). The Verge. Vox Media. 2021年6月1日閲覧。
  4. ^ a b c d With New iOS 6 App Store, The Most Important Changes Are Under The Hood” (英語). TechCrunch. AOL. 2021年6月1日閲覧。
  5. ^ a b iOS 6 ソフトウェア・アップデート”. Appleサポート. 2021年6月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i Peckham, Matt (2012年9月12日). “Apple iOS 6 Here Next Week, iTunes Update Today, New iTunes in October” (英語). タイム. ISSN 0040-781X. https://techland.time.com/2012/09/12/apple-unveils-ios-6-icloud-enabled-itunes-but-youll-have-to-wait-a-little-longer/ 2021年6月1日閲覧。 
  7. ^ a b Panzarino, Matthew (2012年6月26日). “Apple ships new standalone Podcasts app for iOS to centralize downloading and listening” (英語). TNW | Apple. 2021年6月1日閲覧。
  8. ^ a b c Rosenblatt, Seth. “Ad tracking 'blocker' comes to iOS 6” (英語). CNET. CBSインタラクティブ. 2021年6月1日閲覧。
  9. ^ a b Sorrel, Charlie (2012年6月12日). “New iOS 6 Privacy Settings Limit Access To Photos, Contact, Calendars And More” (英語). Cult of Mac. 2021年6月1日閲覧。
  10. ^ a b c d May 2013, Craig Grannell 17. “iOS 6 review” (英語). TechRadar. Future plc. 2021年6月1日閲覧。
  11. ^ a b Lessin, Jessica E. (2012年10月30日). “An Apple Exit Over Maps” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル (ニューズ・コープ). ISSN 0099-9660. https://online.wsj.com/article/SB10001424052970204840504578087192497916304.html 2021年6月1日閲覧。 
  12. ^ a b Apple - iOS 6 - iPhone, iPad, and iPod touch get 200+ new features.”. 2012年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月1日閲覧。
  13. ^ Cipriani, Jason. “Understanding Facebook integration on iOS 6” (英語). CNET. CBSインタラクティブ. 2021年6月1日閲覧。
  14. ^ Contributor. “Apple releases iOS 6.1 update” (英語). Macworld. IDG. 2021年6月1日閲覧。
  15. ^ What happened to the quick Tweet and Facebook post buttons on Control Center in iOS 7?”. iMore (2013年9月18日). 2021年6月1日閲覧。
  16. ^ iOS 6 review”. iMore (2012年9月19日). 2021年6月1日閲覧。
  17. ^ Mills, Elinor. “Apple demos Passbook, a ticket, coupon organizer for iOS 6” (英語). CNET. CBSインタラクティブ. 2021年6月1日閲覧。
  18. ^ Cipriani, Jason. “Getting started with Passbook on iOS 6” (英語). CNET. CBSインタラクティブ. 2021年6月1日閲覧。
  19. ^ Cipriani, Jason. “How to take a panoramic photo with iOS 6” (英語). CNET. CBSインタラクティブ. 2021年6月1日閲覧。
  20. ^ Apple's new iOS 6 Camera app makes Panorama capture easy” (英語). AppleInsider. 2021年6月1日閲覧。
  21. ^ Five Big Changes In The iOS 6 App Store (And What Developers Should Do)” (英語). TechCrunch. AOL. 2021年6月1日閲覧。
  22. ^ iOS 6 Brings Useful Call Management Features to Phone App” (英語). iPhone Hacks | #1 iPhone, iPad, iOS Blog (2012年6月12日). 2021年6月1日閲覧。
  23. ^ Apple planning to launch standalone podcast app in iOS 6” (英語). AppleInsider. 2021年6月1日閲覧。
  24. ^ Cipriani, Jason. “How to use Safari's full-screen mode on iOS 6” (英語). CNET. CBSインタラクティブ. 2021年6月1日閲覧。
  25. ^ Hands on with iOS 6: Safari” (英語). Macworld. IDG. 2021年6月1日閲覧。
  26. ^ iOS 6: FaceTime over cellular” (英語). Engadget. AOL. 2021年6月1日閲覧。
  27. ^ iOS 6: The iPad Clock app” (英語). Engadget. AOL. 2021年6月1日閲覧。
  28. ^ Apple agrees to license for Swiss railway clock in iOS 6, knows what time it is” (英語). Engadget. AOL. 2021年6月1日閲覧。
  29. ^ Gurman, Mark (2012年8月6日). “War? YouTube app disappears from iOS 6 beta 4 as Apple breaks Google ties” (英語). 9to5Mac. 2021年6月1日閲覧。
  30. ^ Yarow, Jay. “Apple Is Taking The YouTube App Off The iPhone” (英語). ビジネスインサイダー. Axel Springer SE. 2021年6月1日閲覧。
  31. ^ Ingraham, Nathan (2012年8月6日). “Apple: YouTube app will not be included in iOS 6, Google working on standalone version” (英語). The Verge. 2021年6月1日閲覧。
  32. ^ YouTube app removed from iOS 6 but not iOS 5 and older; Google working on a standalone version” (英語). Engadget. AOL. 2021年6月1日閲覧。
  33. ^ Leswing, Kif. “Google is the reason YouTube isn't a default app on the iPhone anymore” (英語). ビジネスインサイダー. Axel Springer SE. 2021年6月1日閲覧。
  34. ^ Removal of Built-in YouTube App in iOS 6 Was YouTube's Decision to 'Take Back Control of Our App'” (英語). MacRumors. 2021年6月1日閲覧。
  35. ^ “iPhone、iPod touch 向け YouTube 公式アプリを本日公開”. http://youtubejpblog.blogspot.jp/2012/09/iphoneipod-touch-youtube.html 
  36. ^ “Apple、一新されたマップ、Siri、Facebookの統合、フォトストリームの共有、そして新しいPassbookアプリケーションを特長とするiOS 6をプレビュー”. (2012年6月1日). http://www.apple.com/jp/pr/library/2012/06/11Apple-Previews-iOS-6-With-All-New-Maps-Siri-Features-Facebook-Integration-Shared-Photo-Streams-New-Passbook-App.html 
  37. ^ “アップルが「iOS 6」を発表、今秋提供へ”. ケータイWatch. (2012年6月12日). http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120612_539493.html 
  38. ^ “「iOS 6.0.1」提供開始――OTAでソフト更新できないiPhone 5の不具合などを解消”. ITmedia. (2012年11月2日). https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1211/02/news042.html 
  39. ^ “アップル、「iOS 6.0.2」をリリース--Wi-Fiの問題に対処”. CNET Japan. (2012年12月19日). https://japan.cnet.com/article/35025940/ 
  40. ^ “アップル、「iOS 6.1」をリリース--LTE対応キャリアの追加など”. CNET Japan. (2013年1月29日). https://japan.cnet.com/article/35027476/ 
  41. ^ “Apple、欧州の3G通信問題を受けて、iPhone 4SをiOS 6.1.1にアップデート”. TechCrunch. (2013年2月12日). http://jp.techcrunch.com/archives/20130211apple-updates-iphone-4s-to-ios-6-1-1-after-european-carriers-advise-against-updating-to-6-1/ 
  42. ^ “Apple、iOS 6.1.2を提供開始――Exchangeカレンダーの不具合を修正”. ITmedia. (2013年2月20日). https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1302/20/news045.html 
  43. ^ “アップル iOS 6.1.3 提供開始。日本向け「マップ」改善、ロック迂回バグ修正”. Engadget Japanese. (2013年3月20日). オリジナルの2013年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130322024743/http://japanese.engadget.com/2013/03/19/ios-6-1-3/ 
  44. ^ “アップル、「iOS 6.1.4」を公開--「iPhone 5」スピーカーフォン用にオーディオプロファイル更新”. CNET Japan. (2013年5月13日). https://japan.cnet.com/article/35031624/ 
  45. ^ “アップル、第4世代iPod touch向けにiOS 6.1.5を提供”. Impress Watch. (2013年11月15日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/623880.html 
  46. ^ Parker, Jason. “iOS 6: So-so Maps mar otherwise stellar upgrade” (英語). CNET. CBSインタラクティブ. 2021年6月1日閲覧。
  47. ^ “New Apple maps app under fire from users” (英語). BBC News. (2012年9月20日). https://www.bbc.com/news/technology-19659736 2021年6月1日閲覧。 
  48. ^ Patel, Nilay (2012年9月20日). “Wrong turn: Apple's buggy iOS 6 maps lead to widespread complaints” (英語). The Verge. Vox Media. 2021年6月1日閲覧。
  49. ^ The Apple iOS 6 Maps Fiasco Explained In 3 Minutes” (英語). TechCrunch. AOL. 2021年6月1日閲覧。
  50. ^ アップル - マップについてのTim Cookからのメッセージ”. Apple Japan. 2012年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月1日閲覧。
  51. ^ Tim Cook Apologizes For Apple Maps, Points To Competitive Alternatives” (英語). TechCrunch. AOL. 2021年6月1日閲覧。
  52. ^ Rosenbaum, Steven (2012年10月13日). “ATT iPhone Customers Hit With Massive Data 'Sipping' Bug” (英語). ハフポスト. AOL. 2021年6月1日閲覧。
  53. ^ iPhone 5 and iOS 6 users claim 'data use and bills rocket'” (英語). ガーディアン. ガーディアン・メディア・グループ (2012年10月18日). 2021年6月1日閲覧。
  54. ^ iOS 6 Users on Devices Able to Run iOS 7 Must Upgrade to Fix FaceTime” (英語). MacRumors. 2021年6月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]